Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

バイオバンディングにおける成熟の個人差と発達上適切なトレーニングプログラムの提供(思春期の成長スパートは、青少年がオーバーユース傷害と成長に関連のある傷害を一層負いやすくなる期間である)

バイオバンディング

バイオバンディングにおける成熟の個人差

発達とトレーニング負荷

成熟の個人差と発達上適切なトレーニングプログラムの提供の考察を通して、現場指導者は、発達とトレーニング負荷に伴う傷害リスクを低減できるとされています。

 

思春期の成長スパートは、多くの場合、青少年がオーバーユース傷害と成長に関連のある傷害を一層負いやすくなる期間であることが示唆されています。

 

少年サッカー選手の間でみられるオスグッド・シュラッター病やシーバー病などの骨端関節外傷のお客数の増加は、思春期の成長スパート中かその直前でそれぞれ最大となり、その発生曲線は身長の成長速度曲線に非常に似ています。

 

シーバー病の発症率の初期の増加は、足の成長スパートが大概、上腿部や下腿部の成長よりも6ヶ月早く起こるという事実を反映しています。

 

この理由付けと一致して、オランダサッカーアカデミーの選手のオーバーユース傷害は、予測されるPHV年齢とその直前で増加することが指摘されています。

 

このような傷害の追加的な危険因子には、この性別(男子)、神経筋コントロール、オーバートレーニング、ランニングやジャンプおよび突然の方向転換を必要とするスポーツへの参加などが含まれます。

 

www.nakajimabonesetter.com

傷害の危険因子

同時に発生する危険因子に加え、成長と成熟度を定期的に評価することにより、現場指導者は傷害リスクがより高い期間と特定し、トレーニングプログラムを修正できます。

 

このような対策は、激しい成長スパートを経験するより早熟なアスリートにとっても、またトレーニングや試合の要求が一般に大きくなり、そのために傷害リスクが高まる時期に成長スパートを経験する晩熟なアスリートにとっても特に有益であるとされています。

 

この仮説と一致して、バレエの指導者たちは、トレーニングの要求がまだ低く、重要な評価や選抜が行われる段階より前の年齢で、「子供から脱皮する」という点で、ダンサーにとって早期の成熟が好ましいと論じています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


Bio-Banding Fest in Longueuil