Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

バイオバンディングの応用(女子体操選手における成熟の遅れは、成長板が反復的な圧力や極小外傷、また衝撃などの不都合な力学的要因に長期的にさらされる結果、慢性脊椎傷害の潜在的危険因子となることが確認されている)

バイオバンディング

バイオバンディングの応用(女子体操選手における成熟の遅れは、成長板が反復的な圧力や極小外傷、また衝撃などの不都合な力学的要因に長期的にさらされる結果、慢性脊椎傷害の潜在的危険因子となることが確認されている)

バイオバンディングの応用

女子体操選手における成熟の遅れは、成長板が反復的な圧力や極小外傷、また衝撃などの不都合な力学的要因に長期的にさらされる結果、慢性脊椎傷害の潜在的危険因子となることが確認されています。

 

バイオバンディングの応用により、若いダンサーの成熟度の個人差を受け入れて、それに応じたトレーニングや評価を調節し実施することは可能であるとされています。

 

成長スパートの過程にあるダンサーたちのためには、トレーニング負荷を調節し、量ではなく質や多様性により重点を置き、一方、晩熟なダンサーの場合は、対応する調節と評価を成長スパートの後まで延期するとよいとされます。

 

バイオバンディングはまた、思春期の成長スパート中に運動スキルの低下を経験するアスリートを適切に特定し、彼らに便宜を図るために用いることもできます。

 

www.nakajimabonesetter.com

「思春期のぎこちなさ(Adolescent Awkwardness)」

一般に「思春期のぎこちなさ(Adolescent Awkwardness)」といわれるように、思春期の成長スパートに伴う体格や体型の急激な変化と脳が身体姿勢に関する情報を処理する変化とが重なる結果、急成長期の神経筋コントロールと固有感覚の能力に影響を及ぼす可能性があることが複数のエビデンスにより示唆されています。

 

経験的エビデンスは限られており、成長スパート中の神経筋コントロールの低下は、運動パフォーマンスや機能的パフォーマンスの低下、運動スキルの再学習、傷害の潜在的リスクの増加をもたらすと主張されています。

 

同様に、思春期の第2段階と第3段階(PH)の間の身長の伸び率と骨格量蓄積の時期にずれがあるため、この期間には青少年の骨折発生率が高まる可能性があることも論じています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


Gymnast Simone Biles Aims to Make Olympic History