Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

成熟度とバイオバンディング(トレーニングや試合でアスリートを観察することも、競技特異的なスキルのパフォーマンスや傷害リスクの増加に影響を及ぼす変化の程度を見極めることに役立つ)

バイオバンディング

成熟度とバイオバンディング

成熟度とバイオバンディング

成長と成熟がスキルパフォーマンスに及ぼす影響を軽減するために、現場指導者はアスリートのスクリーニングを定期的に実施し、特に急成長期の基本的な運動スキルの著しい欠陥を確認することが必要になります。

 

トレーニングや試合でアスリートを観察することも、競技特異的なスキルのパフォーマンスや傷害リスクの増加に影響を及ぼす変化の程度を見極めることに役立ちます。

 

しかし、思春期の成長スパート中にすべてのアスリートがパフォーマンスの低下を経験するわけではないことに注意が必要になります。

 

同様にパフォーマンスの低下のすべてが成長スパートが原因だとはいえず、過剰なトレーニング負荷、利害の相反、動機付けの不足、あるいは不十分な指導などが原因の可能性もあります。

 

また、急成長段階に入ったアスリートは、スキルのパフォーマンスに対する潜在的なリスクについて教育を受けるべきであり、トレーニングプログラムもそれに応じて調節すべきです。

 

www.nakajimabonesetter.com

成長と成熟の評価

トレーニング教育と実施の両方を、成長と成熟の評価と解釈に関する訓練を受けた人、また、多分野横断的に統合されたアスリート支援プログラムの一員として活動するコーチ、スポーツ科学者、また医療スタッフが実施すべきです。

 

成長がスキルパフォーマンスに及ぼす影響を軽減する様々な方策を実施でき、その中には、ウォームアップや技術セッションに基本的な運動スキルを統合すること、運動スキルのトレーニングにより重点を置き、パフォーマンス向上を強調する機会を減らすこと(すなわち量より質)、視覚的また運動、反応、運動コーディネーションのトレーニングを行うこと、機能的能力(ランニング、リフティング、ジャンプの着地のメカニズムなど)再トレーニングを行うことなどが含まれています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


U.S. Soccer Bio-Banding Initiative