Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニングのためのバイオバンディング(統合的な発達を重視すること、科学的エビデンスと実践現場や包括的スポーツパフォーマンスチームの専門職に基づいて行うべきである)

バイオバンディング

トレーニングのためのバイオバンディング

トレーニングのためのバイオバンディング

成熟度に基づいてアスリートを異なる集団に割当るときに、はじめに一人ひとりのアスリートレジスタンストレーニング能力や心理的成熟度(すなわち認知的および情緒的発達)を考慮することが重要になります。

 

例えば、トレーニングを目的としたアスリートのバイオバンディングを行うために、総合的な3段階の手順が提唱されています。

 

それには、アスリートを特定のトレーニンググループに割当る前に、技術的発達、心理的発達、成熟上の発達を評価することが含まれています。

 

英国の多くのプロサッカークラブはすでに、コンディショニングを目的とし、生物学的能力の評価を用いて選手をグループ分けしています。

 

またそのような取り組みは、若年アスリートのために一人ひとりに合わせた発達上適切なトレーニングプログラムを作成するためにも利用できます。

 

www.nakajimabonesetter.com

「準備状態(Readiness)」

各アスリートを技術的、心理的、また成熟的特性に基づいてランク付けすることは(例えば、胴レベル=技術的能力が不十分で、思春期前で心理的に未熟、プラチナレベル=技術的能力が高く、思春期後期で心理的に成熟している)、若年アスリートがトレーニングプログラムの次の段階へと進む「準備状態(Readiness)」の評価とモニタリングを促進するとされています。

 

段階に基づく漸進モデルは、アスリートの一部にみられる、思春期の成長スパートと関連する可能性のある技術的能力の後退を経験する場合には、コーチはアスリートに特定の段階を再度経験させ(例えばプラチナから胴)ることを推奨する場合もあり、このようなモデルでは、若年アスリートの統合的な発達を重視すること、またアスリートにレベルを上下する決定はすべて、科学的エビデンスと実践現場や包括的スポーツパフォーマンスチームの専門職に基づいて行うべきであることを強調する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


U.S. Soccer Bio-Banding Initiative