Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

若年サッカー選手における高い受傷率を引き起こすメカニズム(神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されている)

高い受傷率を引き起こすメカニズム

高い受傷率を引き起こすメカニズム

神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されています。

 

そのような例がACL(前十字靭帯)損傷においてみられ、大腿四頭筋の最大随意収縮が受傷後に有意に低下することが明らかになっています。

 

また、受傷後に、神経筋の伝達抑制が膝関節の安定性に影響を及ぼす例も報告されており、ハムストリングスの伸張性筋力が短縮性筋力を上回る際に低下することが示唆されています。

 

ハムストリングスの着地と減速動作における主な役割は、大腿骨に対する脛骨の前方剪断力に抵抗するための制御能力を与え、伸張性筋活動を通じて関節の支持を提供することです。

 

このハムストリングスの活動パターンが変化すると、力を緩和する能力が低下するため、膝関節の受傷リスクが上昇すると予想され、またこのリスクは、神経筋コントロールの低下によってさらに増大します。

 

さらには、膝関節の安定性、距骨下関節のポジショニング、重心のコントロールを補助する重要な相乗作用をもたらす臀筋群も、足関節への受傷後に活動が抑制されることが明らかになっています。

 

www.nakajimabonesetter.com

まとめ

  1. 若年男子サッカー選手の受傷リスクは、特に成長と発達が加速する臨界期において上昇する可能性がある。
  2. 「スキル」という用語の定義をより明確にし、競技の技術的な熟練度と、動作能力の高さを区別する必要があり、また、妥当性が実証されている方法を用いて、若年選手の動作能力を評価する必要がある。
  3. 疲労や既往歴といった交絡因子が受傷リスクを高めることを認識し、このことは、適切なスクリーニングプロトコルにより神経筋コントロールの変化を発見し、トレーニング量を管理するモニタリング法を実施することの重要性を示している。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Michaud PA.Renaud A,and Narring F, Sport activities related to injuries A surver among 9-19 year olds in Switzerland,Inj Prev 7:41-45,2001.


Injury Prevention Training For Footballers | Full Gym Workout Session