Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー選手のパワーに与える要因(筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、SSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれる)

爆発的レジスタンストレーニング

サッカー選手のパワーに与える要因

パワーに影響を与える要因としては、筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、さらにSSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれます。

 

したがって、パワーは本質的な多面的な能力であり、トレーニングには多面的なアプローチが必要になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

爆発的レジスタンストレーニング

このトレーニング様式は、例えば、スローやジャンプのように、短縮性活動の最終時点で外部抵抗を取り除く(投げ出すか解き放つ)ことが特徴になります。

 

これにより、負荷がより長時間加速され、結果的により高速が達成されます。

 

爆発的レジスタンストレーニングでは、短縮性のみの活動と伸張性-短縮性活動の両方のバリエーションを行うことができますが、素早い伸張-短縮活動を組み合わせたエクササイズはパワーの向上に必須となります。

 

仮説では、各レップは、ピークパワーまたはピーク速度の90%以上で行うべきとされます。

 

しかし、Cronin&Sleivertの報告によると、一連の負荷を用いたトレーニングであれば、どの負荷がピークパワーをもたらすかにかかわらず、実際に良い結果をもたらす可能性が高いとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

ウェイトリフティング

ウェイトリフティング(スナッチとクリーン&ジャーク)は主に短縮性筋力の発揮に適しています。

 

これらの運動は、垂直面で比較的重い負荷を爆発的な挙上方法でコントロールします。

 

したがって、爆発的なレジスタンストレーニング様式よりもはるかに大きな相対負荷を用いて、発揮パワーの最大化が図れます。

 

実際、オリンピックスタイルリフティングは、どのようなエクササイズ様式よりも大きなパワー出力をもたらすことが報告されています。

 

www.nakajimabonesetter.com

Cronin JB and Sleivert G. Challenges in understanding the influence of maximal power training on improving athletic performance. Sports Med 35: 215–234, 2005.


Strength Training For Football | Full-Body Gym Workout | You Ask, We Answer

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]
 
ストレングス&コンディショニング〈1〉理論編

ストレングス&コンディショニング〈1〉理論編

  • 発売日: 2003/04/01
  • メディア: 単行本