Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカーのミニゲームにおける生理学的要求(1チーム2名、3名、4名の試合は、無酸素性プログラムであり、5名、6名、7名で行なう試合では、耐乳酸性プログラムになる)

サッカーのミニゲームにおける生理学的要求(1チーム2名、3名、4名の試合は、無酸素性プログラムであり、5名、6名、7名で行なう試合では、耐乳酸性プログラムになる)

生理学的一般的推奨事項

異なるフィールドサイズと選手数を組み合わせると運動強度が変わるので、トレーニングプログラムの特性を決定します。

 

選手数が少ないミニゲームのほうが、運動強度が高く、1チーム2名、3名、4名の試合は、90%HRmax以上になります。

 

このような活動は、無酸素性プログラムやVO2maxプログラムを作成するために利用できます。

 

選手数を増やし、5名、6名、7名で行なうミニゲームでは、運動強度の範囲は80~90%HRmaxの間であり、したがって、この値は乳酸性閾値のトレーニングプログラムにうまく対応します。

 

www.nakajimabonesetter.com

 サッカーの主要な能力(無酸素性からの回復)

サッカーにおける主要な能力のひとつは、無酸素性の活動から素早く回復し、試合を通して高いパフォーマンスレベルを保持する能力になります。

 

したがって、この能力は、1分間の運動持続時間とほぼ同じ回復時間を用い、運動休息比を確実に1:1にしたミニゲームを、1チーム2名で行なうことで向上させることができます。

 

トレーニングの組み立ては、1つのグループがエクササイズを行い、ほかのグループがこの課題からの回復を図るというように、2つのグループが交互に実施できます。

 

この方法でトレーニングを進めると、乳酸濃度が徐々に上昇します。

 

セッションは4レップを1セットとして、セット間に5分の回復時間を設定するように計画が推奨されます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 ミニゲームを計画する上での方法論的提案

  試合形式 乳酸性閾値
5~8人/チーム
VO2max
3~4人/チーム
無酸素性
1~3人/チーム
強度 %HRmax 80~90 90~95 >85
RPE かなりきつい きつい 最大努力
乳酸濃度
(mmol/l)
3~6 6~12 >10
時間 総運動時間(分) 30~60 12~35 4~16
レップ数 1~8 4~8 2~8レップを
2~4セット
レップ持続時間(分) 30~60 3~6 20秒~3分
回復 <1分 運動休息比:
0.5:1
運動休息比:
1:4

引用・索引Rampinini E, Coutts AJ, Castagna C, Sassi R, Impellizzeri FM. Variation in top level football match performance. Int J Sports Med 28: 1018–1024, 2007.


Building From the Back - 5 v 4