Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

水中トレーニングの提案(適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃{着地時の衝撃と関節への応力}を軽減することが示されている)

水中でのエクササイズの利点

地上と水中での準備トレーニング

一般的な準備トレーニングには、フィールドトレーニング(スピード&アジリティドリル、競技スキル、テスト特異的トレーニングなど)、ウェイトルームでのストレングス&コンディショニング(高負荷のウェイトリフティング、サーキットトレーニングなど)、回復(マッサージ、冷水浴、理学療法など)が含まれます。

 

しかし、地上ベース(フィールドトレーニング、ウェイトルーム)のトレーニングプログラムは身体に極度の負担をかけるため、オーバートレーニングによって、重大な傷害やパフォーマンスの低下が生じかねないという欠点があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

水中トレーニングの提案 

最近では、筋力、パワー、柔軟性を安全かつ効率よく向上させる方法として、水中トレーニングプログラムが提案されています。

 

水中トレーニングは、適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃(着地時の衝撃と関節への応力)を軽減することが示されています。

 

適切に処方された水中エクササイズを実施すれば、地上ベースのプライオメトリックトレーニングと同様のパフォーマンス効果が得られ、下半身の発揮パワーが増大します。

 

水による抵抗は、スプリントトレーニングをパラシュートを用いて行なうのと同様に、プール外のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

 

すなわち、水中トレーニングは、動作への抵抗を増大させ、筋活動の増加を要求する一方で、浮力という要素を与えます。

 

これは伸張性筋活動から短縮性筋活動への素早い移行を促し、その結果、発揮パワーを増大させます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Stemm J and Jacobson B. Comparison of land- and aquatic-based plyometric training on vertical jump performance. J Strength Cond Res 21: 568–571, 2007.


Anatomy of a Swimmer - How does Olympic champion Abbey Weitzeil generate speed?

運動・からだ図解 スポーツトレーニングの基本と新理論

運動・からだ図解 スポーツトレーニングの基本と新理論

  • 作者:.
  • 発売日: 2017/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)