Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

女性の腱スティフネス(女性は腱スティフネスが低いことに加え、活動中のハムストリングスにおける筋腱複合体のスティフネスも男性に比べて有意に低いことが明らかになっている)

女性の腱スティフネスと前十字靭帯損傷リスク

女性の腱スティフネス

傾斜を用いた等尺性最大随意収縮を足底屈筋と膝関節伸展筋において発揮させた場合、腓腹筋内側頭の腱と腱膜、および膝蓋腱のスティフネスは、女性が男性に比べて有意に低くなりました。

 

このように女性の腱のスティフネスが低い(腱コンプライアンスが高い)ことが、先行研究において大腿四頭筋とヒラメ筋の動員が大きくなった要因の一端となっている可能性が考えられます。

 

腱コンプライアンスの高さによって生じる筋の活動増大は、SSC課題の伸張性局面における筋線維束の伸張を抑え、それによって筋腱複合体:MTU全体(ひいては関節)のスティフネスを維持するやり方は、MTUの腱部を過度に(そしておそらくは繰り返し)伸張させる可能性があるため、腱関連の障害発生リスクを高めるおそれがあります。

 

www.nakajimabonesetter.com

 MTUのスティフネス

女性は腱スティフネスが低いことに加え、活動中のハムストリングスにおけるMTUのスティフネスも男性に比べて有意に低いことが明らかになっています。

 

先に挙げた先行研究の結果から、女性にみられるハムストリングスの高いコンプライアンスが同じ筋群の活動増大によって代償されているとは考えにくく、したがって、トレーニングを積んでない女性は、SSC課題において女性が大腿四頭筋優位となる原因になっている可能性があります。

 

また、ハムストリングスをうまく利用できないことは、女性における脛骨の前方移動とACL損傷の発生リスクを高めるおそれもあります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Tsang KK and DiPasquale AA. Improving the Q: H strength ratio in women using plyometric exercises. J Strength Cond Res 25: 2740–2745, 2011


ACL Strengthening Exercises | ACL and Knee Conditioning Program | Best ACL Exercises | Phase 4 OLD