Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

競技パフォーマンスと睡眠(睡眠は認知的、生理学的課題の両方に含まれる疲労誘発事象からの大きな回復に寄与する有効な対策であり、オーバートレーニングの回避においても影響因子のひとつになる)

競技パフォーマンスと睡眠

競技パフォーマンスと睡眠

アスリートの回復プロセスに対する睡眠の意味を考えると、睡眠はトレーニングの質に影響を及ぼす大きな因子になります。

 

高強度のトレーニングの場合、アスリートは睡眠パターンの乱れを取り巻く複数のリスク因子にさらされます。

 

それらは、固有の身体的負担、徹底的なトレーニングスケジュールの順守、さらに試合がもたらすプレッシャーなどが挙げられます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 睡眠の効果

アスリートのパフォーマンスを最大に高めると同時に、日々の疲労やストレスおよび回復をモニタリングする取り組みが広く行われています。

 

睡眠は認知的、生理学的課題の両方に含まれる疲労誘発事象からの大きな回復に寄与する有効な対策であり、オーバートレーニングの回避においても影響因子のひとつになります。

 

睡眠不足はパフォーマンスの悪化を招き、モチベーションと覚醒レベルを低下させ、注意力や集中力、認知力の不足をもたらします。

 

睡眠不足は生理学的プロセスに対し、糖代謝や神経内分泌機能の阻害、免疫系の混乱、心臓血管系パフォーマンスの低下などの制限をもたらします。

 

一般的には、心理学的回復(学習能力、モチベーション、記憶など)および生理学的回復(代謝と炎症)には、7~9時間の睡眠が適切であると推奨されています。

 

その上でアスリートは、傷害や高強度トレーニング期間および試合から十分に回復するために、さらに多量の睡眠が必要であると示唆されています。

 

回復はホルモンの分泌を通して促進されますが、例えば成長ホルモンと男性ホルモンはどちらも筋の修復や筋形成、骨の成長、さらに脂質の酸化を促進するために欠かせません。

 

メラトニンは神経伝達物質セロトニンから産生されますが、メラトニンは暗さが刺激となって、速やかな眠りをもたらすために、夜間、松果体から分泌されます。

 

メラトニンには、多様な抗酸化特性があり、しかも光に対する感応性とこのホルモンが回復と健康に及ぼす影響を考えると、メラトニンの分泌を促す適切な睡眠環境の促進はきわめて重要です。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Akubat I, Patel E, Barrett S, and Abt G. Methods of monitoring the training and match load and theirrelationship to change in fitness in professional youth soccer players. J Sports Sci 30: 1473–1480, 2012.


Sleep and Recovery in Elite Athletes - A Good Example for Large Interindividual.. - Dr. Nedelec

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法

 
世界最高のスリープコーチが教える 究極の睡眠術

世界最高のスリープコーチが教える 究極の睡眠術

 
トップアスリートが実践している 最強の回復法

トップアスリートが実践している 最強の回復法

  • 作者:富家 孝
  • 発売日: 2018/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)