Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカーにおける1日のトレーニング計画(有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために計画する必要がある)

サッカー選手1日単位のトレーニング計画

1日単位のトレーニング計画

1日単位のトレーニングも、有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために、注意深く計画する必要があります。

 

Blagroveは、筋力およびパワートレーニングを処方するのに、有酸素性また技術/戦術トレーニングの実施量が最も少ない日を選択するように提言しています。

 

さらには、有酸素性トレーニングと筋力トレーニングの間に最も長く回復時間を挟むことが推奨されています。

 

その場合、先行研究が推奨する回復時間は6時間以上ですが、これは、プロのサッカー競技においては現実的ではない可能性があります。

 

それでも、これらのトレーニング間に最長の回復時間がとれるように計画することは有益であると考えられています。

 

したがって、午後の有酸素性トレーニング実施後、選手が休息、チーム/個人単位のミーティング、および昼食に充てる時間を挟んでから、午後に筋力トレーニングをするのが賢明です。

 

www.nakajimabonesetter.com

コンプレックストレーニング

シーズン中は、試合と技術トレーニングの量が増加するため、筋力およびパワートレーニングのセッションに大きな時間的制約が課される可能性があります。

 

コンプレックストレーニングは、負荷を用いた筋力向上エクササイズを実施した直後に、無負荷の爆発的プライオメトリックトレーニングを実施するもので、例えば、バックスクワットを1セット実施後に、続けてボックスジャンプを1セット実施します。

 

このトレーニング方法は、競技パフォーマンスの複数の要素を向上させると報告されています。

 

例えば、スクワットジャンプの跳躍高(12%)、等尺性レッグエクステンション(7.7%)、80%1RMスクワットの負荷(10%)、およびスプリントタイムの向上が挙げられます。

 

さらに、Sponetiらは、コンプレックストレーニングの実施後、%RSSAdec(反復スプリントタイムにおける疲労率)、カウンタームーブメントジャンプ、およびスクワットの1RMに改善がみられたことを報告しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Spineti J, Figueiredo T, Bastos de OliveiraV, Assis M, Fernandes de Oliveira L, MirandaH, Machado de Ribeiro Reis VM, Simao R.Comparison between traditional strengthtraining and complex contrast training onrepeated sprint ability and muscle architecturein elite soccer players. J Sports Med PhysFitness 56: 1269–1278, 2016.


How To Improve Your Weak Foot (In ONLY 1 Day) *Soccer / Football