Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー選手の競技パフォーマンスをうまく向上させる方法(強化する体力要素ごとに、トレーニング目的を負荷増大、維持、負荷低減のいずれかに切り替えるやり方が提案されている)

サッカーにおけるマクロサイクルのトレーニング計画

マクロサイクルのトレーニング計画

メゾサイクルは計画通りに進まないことが多く、実際には、シーズン中に筋力トレーニングが数週間にわたって実施できない期間もたびたび発生します。

 

選手が筋力トレーニングセッションを再開できるようになったら、まずは移行のためのトレーニングを1〜2週間処方し、エクササイズの%1RM負荷を下げて実施します。

 

サッカー選手の競技パフォーマンスをうまく向上させる方法として、強化する体力要素ごとに、トレーニング目的を負荷増大、維持、負荷低減のいずれかに切り替えるやり方が提案されています。

 

この切り替えには、試合のスケジュールを指針に用いるのが最善であり、試合の要求に合わせることで自然とトレーニング目的を切り替えることができます。

 

例えば、試合日程が過密な時期には、筋力トレーニングセッションを減らすことで自然と負荷低減または維持の期間となります。

 

www.nakajimabonesetter.com

現場への応用

  • 頻度:レジスタンストレーニングセッションを週に最低1回は実施する。
  • 強度:主要エクササイズについては80%1RM。
  • 量:多量のセッションは避け、代わりに高強度、少量の負荷を処方する。
  • ピリオダイゼーション方策:柔軟性を有する波状/非線形のピリオダイゼーションを採用し、スケジュールの変更に合わせて計画を調整できるようにする。
  • トレーニング計画:パワートレーニングのほうが生じる疲労レベルが低いため、筋力トレーニングよりも試合に近いタイミングで処方する。
  • 1日単位のトレーニング計画:技術/戦術トレーニングと筋力/パワートレーニングのセッション間に最大限の回復時間を設ける。筋力/パワートレーニングは技術/戦術の要求が最も低い日に処方する。
  • 伸張性負荷:可能な範囲で伸張性負荷の低減を図る。ただし、トレーニングから完全に排除しない。
  • トレーニングの焦点:個々の体力要素ごとに、負荷増大、維持、負荷低減をスケジュールに合わせて切り替える。
  • 失敗するまで行なうトレーニング:失敗するまで行なうトレーニングは避ける。
  • モニタリング:選手各自の「トレーニングの準備状態」をモニタリングし、必要に応じてトレーニングセッションを修正、計画する。

 

www.nakajimabonesetter.com

 引用・索引Turner AN, Jeffreys I. The stretch-shorteningcycle: Proposed mechanisms and methods forenhancement. Strength Cond J 32: 87–99, 2010.


Live Webinar: Soccer Training Periodization