Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

グローバル・ポジショニング・システム:GPS(主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査している)

GPS利用に関するサッカーのトレーニング

グローバル・ポジショニング・システム(GPS)

グローバル・ポジショニング・システム(GPS)を用いた研究は、主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査しています。

 

特にサッカー、ラグビーなどの間欠的ランニングを特徴とする競技において利用されています。

 

これらの競技では、タックルや方向転換が頻繁に実施され、最も多くみられる身体活動はランニングであるため、試合の分析において移動距離、最大スピード、高強度ランニングに関する特性の分析に焦点を当てています。

 

www.nakajimabonesetter.com

 移動距離

総移動距離は、試合中に身体が受ける外的負荷の包括的指標のひとつになります。

 

試合時間が規定されている場合、その試合中の移動距離はランニングパフォーマンスに関する目標値の基準となります。

 

しかし、規定時間は競技によって異なり、また交代によって個々の選手の出場時間も異なるため、総移動距離の報告値は常に比較はできません。

 

したがって、代わりに仕事率、すなわち相対距離(距離を時間で除した値:m/min)が、試合における総合的負荷を異なる競技間および選手間で比較するのに用いられています。

 

各競技の試合における仕事率と総移動距離の報告値

Vescoviは、若年サッカー選手において、U15の選手の仕事率(86±3m/min)はU16およびU17の選手(前者は100±1m/min、後者は100±3m/min)に比べて有意な差があると報告しています。

 

この年令範囲において走能力が向上する可能性を示唆しています。

 

また、GPSを用いた近年の研究では、エリート選手の仕事率を100m/min以上と報告しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Vescovi JD. Motion characteristics ofyouth women soccer matches: Femaleathletes in motion (FAiM) study. Int JSports Med 35: 110–117, 2014.


Titan 2 GPS Sensor Review