Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

疲労の指標としての移動距離のモニタリング(総移動距離と仕事率は、試合中の各時間帯における疲労をモニタリングする上で有用なパフォーマンス指標になる)

移動距離と疲労の指標

疲労の指標としての移動距離

総移動距離と仕事率は、試合中の各時間帯における疲労をモニタリングする上で有用なパフォーマンス指標になります。

 

移動距離や仕事率の低下は、試合結果、対戦相手のランク、および選手のフォーメーションなど、状況の変化によって生じる場合も考えられますが、サッカーの交代選手をGPSを用いて分析したところ、試合途中から参加した交代選手は、試合全体に参加した選手に比べて試合の最後の12分間における仕事率が高かったことから、疲労はやはり仕事率低下の変数であることが考えられます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 疲労と障害発生の危険因子

サッカーにおいて、試合後半、特に最後の15分間の疲労は、その期間における傷害発生の潜在的危険因子として挙げられています。

 

Barbero-Alvarezらは13歳以下の選手の親善試合において、試合後半の移動距離が8%低下したと報告しています。

 

またVescoviはユースレベルの公式戦において、試合前半と比較した試合後半の総移動距離が全ポジション(ディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワード)を通じて約100〜150m(約3%)低下したことを明らかにしています。

 

試合後半の仕事率の低下は7人制ラグビーの国際、全国レベルのチームでも報告されており、全国レベルチームの平均仕事率は、試合前半の103m/minから後半は88m/minに低下した一方、国際レベルのチームの平均仕事率は126m/minから104m/minに低下しました。

 

上記のデータは低下率の値に一貫性は無いものの、競技や競技レベルの違いに関わらず仕事率が低下することを示しています。

 

試合中の疲労のモニタリングは、選手の交代方法に影響を及ぼし、疲労に関する傷害予防に役立つ可能性があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引V e s c o v i J D , F a v e r o T G . M o t i o ncharacteristics of women's college soccermatches: Female Athletes in Motion (FAiM)study. Int J Sports Physiol Perform 9: 405–414, 2014.


STATSports Viper GPS System Tutorial - Learn the basics!!