Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

高強度ランニングおよびスプリントの分析(高強度ランニングは、試合結果に決定的な影響を及ぼし、実行量、繰り返す能力は、エリート選手と下位レベルとを分けるパフォーマンス特性であるとされている)

高強度スプリントとランニングトレーニングのGPSの活用

外的負荷の有用な指標

仕事率は外的負荷の有用な指標になりますが、試合中に実行される高速度運動の量を示すものではありません。

 

高強度ランニング(HIR)の実行は、試合結果に決定的な影響を及ぼし、HIRの実行量、HIRを繰り返す能力は、エリート選手と下位レベルとを分けるパフォーマンス特性であるとされています。

 

また、スプリントもフィールドスポーツの重要なパフォーマンス要素になります。

 

より速く、より長い距離をスプリントする能力は、上位と下位レベルの選手を分ける特性になります。

 

また、HIRの一要素として同じく試合結果に決定的な影響を及ぼします。

 

HIR及び、その閾値を超えてパフォーマンスする能力は、間欠的なフィールドスポーツにおいて重要な生理学的要素になります。

 

試合における最大スピードの平均値と最高値

 

www.nakajimabonesetter.com

 高強度スピードでの移動距離

Clarkeらは、国際レベルの7人制ラグビー選手12名を対象に、最大有酸素性ランニング能力のテスト(VO2maxテスト)を実施し、その上で、第二の換気性作業閾値におけるスピード(VT2speed)を用いて高強度ランニングを定義しました。

 

VT2speedに基づく個々の選手の閾値を試合のランニングデータに適用したところ、高強度スピードでの移動距離はHIR能力と強く相関していました。

 

この相関は、群の平均閾値である12.6km/h(3.5m/sec)を用いると低下しました。

 

しかし、Bradley&Vescoviは、個別のHIR閾値を求めるための第二の換気性作業閾値を推定する手段として、80%最大有酸素性速度を用いることを提案しています。

 

最大有酸素性速度は、5分間のタイムトライアルやモントリオール大学トラックテストなど、様々な体力テストを用いて求めることが可能です。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Mohr MA, Krustrup P, Andersson H,Kirkendal D, Bangsbo J. Match activitiesof elite women soccer players at differentperformance levels. J Strength Cond Res22: 341–349, 2008.


Football training goes high-tech using GPS tracking