Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

腰部痛を予防するには(普段から腰部と臀部の筋構造の強化に一層の注意を払い、股関節とハムストリングスの柔軟性を改善に取り組むことが重要になる)

腰部傷害と股関節とハムストリング

腰部痛と臀部の筋構造

一般的に、すべてのアスリートは、普段から腰部と臀部の筋構造の強化に一層の注意を払い、股関節とハムストリングスの柔軟性を改善に取り組むことが重要になります。

 

特に、スクワット動作にの最終局面において、適切な脊椎の前弯を保持し、骨盤を前後に極端に傾けることなく、ニュートラルな骨盤のポジションをどのように保持すべきかがポイントになります。

 

www.nakajimabonesetter.com

スクリーニング

傷害を予防する安全なプログラムを計画することもコーチの役割として非常に重要になります。

 

傷害の原因となる誤った運動パターンや筋のアンバランスに視野を入れて、傷害の原因となる欠点、またはトレーニングの「漏れ」を発見します。

 

スクリーニングに「ファンクショナルムーブメントスクリーン(FMS)」のような既存の評価手段、もしくはスクワットやランジなどのエクササイズを使うのか、どの方法にも関わらず、股関節、足関節、胸部の十分な可動性と体幹の安定性をチェックします。

 

各アスリートの状態を素早く把握できる有効なスクリーニングツールのひとつとして、ウォーミングアップの一部をスクリーニングとして利用することです。

 

例えば、ディープスクワットを行う間に、股関節、ハムストリングス、足関節の柔軟性を把握、インラインランジの左右にアンバランスがないか等をチェックできます。

 

さらに、片脚を地面から離してプッシュアップを行わせることによって、アスリートのコアの筋組織を安定的に発揮できるかが考えられます。

 

また、腰部の傷害予防には基本的に重要なコア(体幹)の強化以外にも、可動性や安定性の問題にも対処する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引McGill S. Core training: Evidencetranslating to better performance andinjury prevention. Strength Cond J 32:33–46, 2010.


Back Pain Relief Exercises & Stretches - Ask Doctor Jo