Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

パワーパフォーマンスとカフェイン(カフェインの血漿濃度は摂取後約60分でピークに達するため、試合あるいは高強度トレーニングのおよそ1時間前にカフェインを摂取することが適切になる)

パフォーマンスとカフェイン

パワーパフォーマンスとカフェイン

パフォーマンスとカフェインの関係

パフォーマンス(ウィンゲートテスト中の発揮ピークパワー)に対するカフェイン摂取の影響を調査した研究では、被験者のトレーニングステータスによって説明できると思われる同様の結果が明らかとなりました。

 

例えば、カフェイン摂取がパワーパフォーマンスを改善しないことを示した研究もありますが、それらはレクリエーションレベルのアスリートを対象に行われた研究になります。

 

競泳選手を対象にカフェインの摂取(250mg)の効果を調べた研究では、100mのスプリントを反復する間のスプリントタイムが平均3%向上しました。

 

カフェインの摂取とパワーパフォーマンスに関する諸研究を総括したHoffman&Stoutは、カフェインがパフォーマンスに利益をもたらすとするなら、それはおそらく鍛錬者のアスリートに対してであると述べています。

 

カフェインがパフォーマンスに増強効果をもたらすとするなら、高度なトレーニングを積んだアスリートにおいて、最も効果が高いとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

カフェインと競技パフォーマンス

カフェインの血漿濃度は摂取後約60分でピークに達するため、試合あるいは高強度トレーニングのおよそ1時間前にカフェインを摂取することが適切になります。

 

国際スポーツ栄養学会は、用量に関して、低量から中程度(約3~6mg/㎏)を摂取した場合に、カフェインは鍛錬者のアスリートの競技パフォーマンスを増強する効果があると述べています。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引School of Physical Education and Exercise Science University of South Florida Tampa Florida

コカ・コーラ コカ・コーラ エナジー 250ml×30本

コカ・コーラ コカ・コーラ エナジー 250ml×30本