Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは

サッカーにおける最大スピードの分析

最大スピードの分析

最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。

 

加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。

 

測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大スピードを測定するのがよいとされています。

 

測定ゲートは、スタート地点にペダルスイッチを設け、選手の自然なスタート姿勢に合わせて後ろ足で踏むように設置します。

 

選手の身体の一部がスタートラインを越えたとき、あるいは選手の後ろ足がぺダルから離れたときが、テストの開始となります。

 

スプリントは3回実施し、1回ごとに最低5分間の休息をはさみ、加速力と最大速度の最高タイムを記録します。

 

www.nakajimabonesetter.com

サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる

Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になります。

 

Le Callらは、国際レベル、プロレベル、アマレベルのいずれに達しているかに応じてグループ分けされた161名の男性選手(14~16歳)を分析し、10mのスプリントの平均タイムは1.96±0.10秒~1.82±0.10秒であり、20mスプリント(ローリングスタート)の平均タイムは2.57±0.15~2.34±0.13秒になりました。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players

スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)

スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)