Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

身体能力テスト

有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している

身体能力テストを行う際のガイドライン

一般的には、特異性、妥当性、信頼性の高いテストを利用するべきです。

 

例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。

 

コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。

 

この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。

 

www.nakajimabonesetter.com

直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる

直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10m地点(加速力)、30m地点(最大速度は10mと30mの間のタイム)でタイムを計測するべきです。

 

簡便化のために、スピード持久力は、RSTの同じコースの最後の20mを利用して測定し、その際、有酸素性機構の関与を最小限にするため、回復時間約20秒、レップ数6とします。

 

アジリティ能力は、Balsomのサッカー特異的コースを利用して測定し、このコースでボールをドリブルするテストとしないテストを実施すれば、スキル指数が獲得できます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players

最大酸素摂取量の科学

最大酸素摂取量の科学