Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

膝関節の内旋は外反モーメントを増加させる(膝の外反角度の増加は、膝蓋骨を正中線の内側に傾け、この膝蓋骨が変化した膝の状態はQアングルを大きくする)

膝関節

膝関節の内旋は外反モーメントを増加させる

膝関節外反ポジション

膝関節の内旋は外反モーメントを増加させ(膝外反ポジション)、痛みを生じます。

 

膝の外反角度の増加は、膝蓋骨を正中線の内側に傾け、この膝蓋骨が変化した膝の状態はQアングルを大きくします。

 

Qアングルは、骨盤軸および大腿と膝蓋骨のアライメント軸の交点による角度を表す不可視のラインです。

 

通常のQアングルは股関節に対して非常に小さく(男性で10~15°、女性で15~18°)、Qアングルが大きくなると、足関節(長腓骨筋および短腓骨筋)および膝関節(大腿二頭筋および外側ハムストリング)の筋群における長さ-張力関係が変化します。

 

この変化はさらに、外側ハムストリングおよび腓腹筋側部の同時収縮をもたらします。

 

これが、腓腹筋中央部と前脛骨筋の弱化へとつながり、さらにこれら下肢の機能不全が骨盤や腰椎へ負の影響を及ぼします。

 

www.nakajimabonesetter.com

骨盤前傾と足部縦アーチ

研究によれば、回内角度が増加し、足部縦アーチが落ち込むと、腰椎の前弯が高まり、腰椎骨盤複合体の前傾をもたらします。

 

過度の骨盤前傾は、腸腰筋および脊柱起立筋群における長さ-張力関係を変化させ、この変化により、腸腰筋および脊柱起立筋群の短縮適応が起こり、さらに大殿筋と中殿筋の弱化が生じます。

 

これらによって、歩行動作時の水平面および前額面における、腰椎骨盤-股関節複合体の安定性を担う下肢の神経作用を低下させます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Adan RA Mechanisms Underlying current and future antiobesity drugs Trends in Neurosciences 133-137,2013

機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法 (やってみたくなる実践法)

機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法 (やってみたくなる実践法)

膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)

膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)

  • 作者: 福林徹,金岡恒治,蒲田和芳,玉置龍也,永野康治,鈴川仁人,加賀谷善教,吉田昌弘,渡邊裕之,小林匠
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2016/09/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る