Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

回旋動作

青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる

捻りの動作

アスリートの能力により困難なエクササイズは、回旋、加速と減速の運動になります。

 

他方、これらの動きは、脊椎損傷の原因になることもあり、また大抵のスポーツでみられる特徴でもあります。

 

これらの理由から、青少年アスリートは、捻りの動作を限定的な負荷と可動域の下で、ニュートラルな姿勢を保持し、ブレーシングを使って脊椎周り引き締めて行うべきとされています。

www.nakajimabonesetter.com

スポーツ活動における運動パターンの学習

提案された漸進は青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こります。

 

さらに、安定トレーニングや不安定トレーニングは、コア(体幹)トレーニングプログラムの漸進の中に組み込むべきではなく、不安定コアエクササイズ(BOSUやスタビリティボールを使ったプランクエクササイズなど)は、安定したサーフェス上で動作を行うのに比べ、不安定性が筋神経系により大きなストレスを与え、コアの筋群の活性化をより増大させます。

 

しかし、不安定なサーフェス(BOSUなど)を含むコアエクササイズは、青少年の運動に必要な力やパワーそして関節可動域を抑制することもありえます。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

アスレティックボディ・イン・バランス

アスレティックボディ・イン・バランス

  • 作者: Gray Cook,石塚利光,菊地真也,鈴木岳,友岡和彦,山下貴士
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2011/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

10代のための新しいトレーニング ヒグトレ 背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる

10代のための新しいトレーニング ヒグトレ 背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる