Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

前十字靭帯損傷と筋の共収縮(大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を23%減少させた)

前十字靭帯と筋肉の共収縮

大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を23%減少させた

大腿四頭筋とハムストリングスのバランス

大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を減少させます

 

Liらは、死体膝に対して膝関節の屈曲角0°、15°、30°、60°、90°、120°で大腿四頭筋だけに負荷をかけた場合の影響に調査をし、大腿四頭筋だけに負荷をかけているとき、脛骨の前方移動は完全伸展である0°から30°で増加しましたが、その後、膝関節の屈曲角が増大するにつれて減少しました。

 

また、ACLにかかる力は、大腿四頭筋だけに負荷をときは0°から15°で増加し、その後、屈曲角が増大するにつれて減少しました。

 

www.nakajimabonesetter.com

脛骨の前方への移動

一方、大腿四頭筋とハムストリングスの両方に負荷をかけたときは、脛骨の前方への移動は0°と15°を除いたすべての屈曲角で、大腿四頭筋だけに負荷をかけた場合よりも有意に減少しました。

 

またACLにかかる力は、大腿四頭筋とハムストリングスの両方に負荷をかけている場合よりも15°、30°、60°で有意に減少しました。

 

大腿四頭筋だけに負荷をかけた場合に最も大きな力が生じた膝関節の屈曲角は15°で、大腿四頭筋とハムストリングスの両方に負荷をかけるとACLにかかる力が23%低下しました。

 

また膝関節が完全に伸展している際は、大腿四頭筋だけに負荷をかけても、大腿四頭筋とハムストリングスの両方に負荷をかけても、ACLにかかる力には有意差はみられませんでした。

 

これは、アスリートがこの姿勢を可能な限り避けるべきであることを示唆しています。

 

いずれにせよ、大腿四頭筋が力強く収縮する動作においては、ハムストリングスが同時に収縮することによって、ACLの歪みを減らすことに役立ちます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

  • 作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)