Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

肘関節脱臼

f:id:megumi64:20191105132908j:plain

肘関節脱臼

肘関節脱臼は肩関節脱臼に次いで、頻度が高く、小児や高齢者では骨折を伴う場合が多いです。

 

スキー、スノーボード、高所からの転落などで発生しやすく、柔道などのスポーツでもみられます。 

www.nakajimabonesetter.com

 肘関節後方脱臼

肘関節脱臼のほとんどは後方脱臼で、肘関節伸展位・前腕回内位で手をついたことにより、肘関節の進展を強制する外力が加わり脱臼します。

症状

疼痛、腫脹が著明で、肘頭が後方に突出し自動運動不能です。

 

フォルクマン拘縮をきたすことがあるため、速やかな整復がとても重要です。

 

橈骨頭や鈎状突起の骨折、尺骨神経麻痺の合併症をきたすこともあります。

肘内障

小児の場合、肘関節脱臼よりも頻度が高く、外傷の中でも好発する疾患です。

 

手を引っ張った際、寝返りした際などに起こりやすく、転倒した際にも発症することがあり、この時は骨折との鑑別がとても重要です。

www.nakajimabonesetter.com

 

 

 

引用元:病気がみえる運動器・整形外科P341.342

 

中島恵