Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

タンパク質による筋線維の種類(ミオシンと遺伝的要因)

筋線維の種類

速筋線維、遅筋線維を筋線維のもつタンパク質の違いで分類する方法もあり、これは収縮タンパク質のミオシンの違いに基づきます。

ミオシンの種類

ミオシンは重鎖(Myosin Heavy Chain MHC)と軽鎖(Myosin Light Chain MLC)からできていますが、それらのいずれにも速筋型と遅筋型があり、重鎖にはMHC-Ⅰ、Ⅱa、Ⅱx、Ⅱb、の4種類があります。

※タイプⅡbはMHC-Ⅱb、タイプⅡabはMHC-Ⅱxを、タイプⅡaはMHC-ⅡaをタイプⅡcはMHC-ⅡaとⅠを、タイプⅠはMHC-Ⅰをもつと考えられています。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-8198

遺伝的要因

遅筋線維(タイプⅠ=タイプⅠ、Ⅰc)と速筋線維(タイプⅡ=タイプⅡa、Ⅱab、Ⅱb、Ⅱc、Ⅱac)の割合は遺伝的要因で決まると言われています。

 

動物実験では持久力トレーニングで遅筋線維が増え、速筋線維が減りますが、人でそのような著名には現れませんが、速筋線維の中でタイプⅡcが増えるといった遅筋化に向かうといった変化が見られます。

 

レジスタンストレーニングにおいては大容量のトレーニングを継続することにより、タイプⅡbからⅡaに向かう(ただし人ではⅡbそのものが少ないため、むしろⅡabからⅡaへ)さらにⅡcからⅡaへ、つまりオールマイティなⅡaへ収束するような変化が起こります。

※最近の研究から人の筋線維ではⅡbはほとんどなく染色法などでⅡbとされるものはⅡxということになっています。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-5889

引用・索引 究極のトレーニング 石井直方