Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー選手への疼痛による機能的問題への対応・慢性的な障害に対する対応

クールダウン

慢性的な障害

慢性的な障害に対しては症状と身体的特徴との因果関係を把握することで、そのストレスを引き起こすと推測され、機能的な問題への対応を行っていきます。

 

個々の選手を評価するには、練習中の動作の特徴とそこから必要とされる臨床的評価を絞り込むことで具体的な状態を把握し対応を行っていきます。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-4016

慢性的な障害例

例えば、相手の右からのインターセプト(左回り)を特異するディフェンスの選手を考えた場合、相手の右から左へ出る際には左回りの円運動が伴い(円運動の際には、前額面では遠心力が外に働くために、外側方への遠心力を抑制しなければなりません。)、この動作においては、左へ蹴りだすことによる摩擦力で右への遠心力を抑制し、かつ前方へ蹴り出すことで斜め前方への推進力を得ている動作と言えます。

 

動作のメカニズムから考えると選手は前内側方への蹴り出しを制御するストレスが加わりやすい状態と推測することができます。

※加えてバランスマット上での片脚立ちによる臨床評価において遊脚下肢が外側に優位に動いた場合は立脚に対して外側への運動の広がり、逆に遊脚下肢が内側に傾いた場合は立脚に対し内側への運動の広がりを示します。

 

上記のことを踏まえ、選手が右下肢外側への慢性的な筋緊張や疼痛を訴えていた場合、右への運動の広がりを引き出すためのさらなる評価とそこから出てきた機能的問題への対応によって慢性的な筋緊張の緩和を促します。

※運動の広がりの逆の体幹側屈筋や下肢外側あるいは下肢内側への筋ストレスが強くなり、過労による筋緊張の亢進や疼痛を引き起こす可能性は高くなります。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2125

引用・索引 スポーツ障害の理学療法