Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

伸張性筋収縮(エキセントリック)のエネルギー代謝(糖代謝)との関連性

運動と酸素

エキセントリック収縮で優先的に使われる速筋線維は、糖を主なエネルギー源としており、エキセントリックを繰り返すようなタイプのトレーニングを行うことにより速筋線維の肥大や機能向上が起これば、血糖の吸収能も向上することが期待できます。

 

※とくに大腿四頭筋や大殿筋のような大きい筋が血糖をよく取り組むようになれば、全身的な耐糖能改善にも効果的と考えられます。

 

Shermanは高強度のエキセントリック運動を1回行った後に、全身の糖代謝がどのように変わるかを調べ、遅発性筋肉痛が起こっているような状態では耐糖能が低下すると報告されています。

 

※これは、筋線維に微小な損傷が起こっている状態では、筋線維の活動そのものが低下するために、糖の取り込み能も一時的に低下するのであると考えられています。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-9517

運動とエネルギー

上記のような研究から糖尿病や循環器疾患のためにきつい運動が出来ない人でも「階段下り」や「坂下り」のようにエネルギー的に楽な運動であれば出来る可能性があります。

 

※適度なエキセントリックな運動は利用すべきですが、やり過ぎて筋痛が治らないような状態になると、かえって逆効果となりますので注意が必要になります。

 

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-5916

引用・索引 究極のトレーニング 石井直方