Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

インスリン分泌刺激性糖質とタンパク質(アミノ酸)同時摂取の重要性

タンパク質

インスリンは筋肉に限らず身体タンパク質の合成を促進し分解を抑制するので、スポーツ栄養においては、高インスリン反応性糖質が重要な役割を担うことになります。

 

※犬にトレッドミルランニングをさせたときに、アミノ酸混合物+砂糖、またはアミノ酸混合物のみを運動の直後に門脈経由で注入したところ、尿中に排出されてくる尿素窒素量は、アミノ酸混合物+砂糖を注入したときに小さくなります。(アミノ酸のみ600mg/hr、アミノ酸+ブドウ糖500mg/hr)

 

上記のように、アミノ酸混合物をインスリン分泌性刺激性の糖分と同時に運動終了直後に与えると、身体タンパク質の分解が抑制されます。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2251

引用・索引 実践的スポーツ栄養学