Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニングにおいて個別性の原則(性別、年齢、体力レベル、技術レベル、一人一人で異なったものであるべき)

 

トレーニングにおいて個別性の原則(性別、年齢、体力レベル、技術レベル、一人一人で異なったものであるべき)

個別性の原則とは、トレーニングの内容は全員が同じことをすれば良いというわけではなく、一人一人で異なったものであるべきという原則です

 

レーニングを行う人の性別、年齢、体力レベル、技術レベル、チーム内でのポジション、あるいはトレーニングの習熟度などによってそれぞれ異なる内容のトレーニングが行われなければなりません。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3224

集団での個別性

集団で選手が全く同じトレーニングを行う場合、ある選手にとっては適切な負荷であっても他の選手にとっては軽すぎてトレーニング効果が期待できなかったり、また別の選手にとっては重すぎてオーバートレーニングの原因になったりします。

 

細かい部分までトレーニング内容を個別にプログラミングするのは難しいですが、出来る限り各個人の特徴に合った内容を設定し、最も効果を期待できる方向でトレーニングを進めることが大切です。

ジュニア期においての個別性

個別性の原則にのっとったトレーニングを考えるときには体力テストなどを利用するト選手個人の能力を詳細に把握でき、非常に参考になります。

 

選手個人の能力に合わせたトレーニングプログラムを作成し、指導することが指導者の腕の見せ所で、特に、ジュニア選手の場合は、発育・発達状況に大きな個人差があるので個別性の原則が特に重要になります。

 

ある選手には難なくこなせるトレーニングであっても、別の選手にとっては負荷が強すぎて怪我やオーバートレーニングの原因になることがよくありますので、細心の注意が必要です。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3231

引用・索引 勝ちに行くスポーツ生理学