Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

ビタミンB群の欠乏によりエネルギー生産能力の無酸素性作業閾値が低下する

 

ビタミンB群の欠乏によりエネルギー生産能力の無酸素性作業閾値が低下する

 

B群のビタミンとは下記の表のB1からB12までの8種類のことをいいます

 

[table id=2 /]

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3635

補酵素としてのビタミン

これらは補酵素である点で共通しています。

 

B群のビタミンのいくつかはエネルギー生産に関与しており、実際に欠乏状態にするとエネルギー生産能力の指標である「無酸素性作業閾値」が低下します。

 

また、この欠乏状態では、「最大酸素摂取量」も減少します。

 

身体活動が増えるとエネルギー消費量も増えるので、エネルギー生産に関わるB1、B2、ナイアシンの摂取基準はエネルギー摂取量当たりで設定されています。

https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3646

引用・索引 スポーツ・運動生理学概説