Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スポーツにおいてタンパク質摂取を考える(血中アミノ酸{特に必須アミノ酸}濃度を増加させることによりレジスタンストレーニングに対する同化反応を最大化させることができる)

スポーツにおいてタンパク質摂取の重要性(血中アミノ酸(特に必須アミノ酸)濃度を増加させることによりレジスタンストレーニングに対する同化反応を最大化させることができる)

タンパク質とアスリート

筋力と除脂肪体重の増加を最適化するにはどれほどの量のタンパク質を摂取するべきか、この議論は運動科学者やコーチたちによって、過去何度も繰り返されています

 

最近、タンパク質の摂取量そのものよりも、摂取するタンパク質の質(タンパク質の型)と摂取するタイミング(運動刺激に対していつ摂取するか)が重要であることが判明しました。

 

特に、すでに適切なエネルギー量を消費し、推奨量(RDA)を上回るタンパク質を摂取しているアスリートに関してはこれが当てはまります。

 

www.nakajimabonesetter.com

タンパク質のネットバランス

これまで、多くの研究者によって、タンパク質の摂取に関する提案が行われてきました(通常、1日あたり体重1kgにつき1.2~2.0g)。

 

最近、複数の研究により、栄養摂取とレジスタンストレーニングが筋タンパク質の蓄積に及ぼす影響が調査され、また、骨格筋における細胞内シグナル伝達に及ぼす影響も調査されました。

 

タンパクのネットバランスとは、筋タンパク質合成(Muscle Protein Synthesesis:MPS)と筋タンパク質分解(Muscle Protein Breakdown:MPB)の数字上の差になります。

 

研究によりMPSの変化の大きさはMPBの10~20倍に上回ることが示されています。

 

したがって、血中アミノ酸(特に必須アミノ酸)濃度を増加させることによって、レジスタンストレーニングに対する同化反応を最大化させることができるはずです。

 

この観点から、必須アミノ酸9種のすべてを含むような食品タンパク質は、一般に「完全である」と考えられており、理論的には、組織の増殖と修復により適している事になります。

 アミノ酸の種類

必須アミノ酸 非必須アミノ酸
ヒスチジン アラニン
イソロイシン※ アルギニン※※
ロイシン※ アスパラギン
リジン アスパラギン酸
メチオニン システイン※※
フェニルアラニン グルタミン酸
スレオニン グルタミン※※
トリプトファン グリシン※※
バリン※ プロリン※※
セリン
チロシン※※

※必須アミノ酸

※※必須アミノ酸とみなされることもある。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Physical Education and Exercise Science University of South Florida Tampa Florida pages33-48


www.youtube.com