Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

水分補給

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

脱水とは

脱水とは、体水分正常時の体重の2%が失われた状態と定義され、競技パフォーマンスに悪影響を及ぼします

 

脱水はパフォーマンスに多大な影響を及ぼす可能性があり、特に暑熱環境下(熱中症)においてそれが懸念されます。

 

また、脱水は、筋力や持久力、コーディネーション、知力、および体温調節過程に減退効果や悪影響をもたらすと考えられています。

 

運動中の水/水分の喪失は、多くの変数の影響を受け、発汗率は個人差が大きいために、万人に適用される水分補給の推奨基準はありません。

 

一般的には減少した体重約0.46kgにつき600mlを補給すべきとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

水分とナトリウム

長時間の運動では、水分とナトリウムの喪失が起こります。

 

人間の汗は、1l当たり、40~50mmlのナトリウムを含んでおり、通常健康な人では大抵の場合、体液を大量喪失が起こります。

 

※ナトリウムとカリウムの平均的な喪失量の比は7:1なります。

 

長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液と4,600~5,750mgのナトリウム、そして少量のカリウムを喪失します。

 

暑熱馴化したアスリートの場合、ナトリウムの再吸収が増大することでナトリウム減少が抑えられ、血漿量を維持しやすくなるという利点があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

アスリートの水分補給

軽度脱水(体重の1%の水分喪失)でも、選手のパフォーマンス能力は低下します。

 

平均的なマラソン選手は体重の最大3%の水分を失いますが、温暖な気候下のマラソンでは、喪失量が最大5%に達することがあります。

 

Maughanによると、エリートマラソン選手の場合、1時間あたり2lの割合で塩分/汗を喪失すると報告しており、この発汗率は腸管の水分吸収能力を上回っています。

 

軽度脱水および脱水(体重の1~8%の水分喪失)が競技パフォーマンスに及ぼす悪影響は、サッカー、バスケットボール、ランニング、サイクリングなどのパフォーマンスが低下したことをはっきりと証明しています。

 

さらに、水分補給の改善は食道温や心拍数、主観的運動強度の低下に関連付けられています。

 

これらの要素はいずれも、上昇するとパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

脱水と認知能力低下

軽度脱水、または脱水が及ぼす影響の中で、アスリートが懸念すべき問題として、認知能力低下の可能性があります。

 

スポーツの精神的側面は、神経筋の統合と併せて軽視できないものになります。

 

Liebermanは、軽度脱水と脱水は、疲労の増大、識別能力の低下、追跡能力の低下、短期記憶の低下、および記憶想起と注意力の低下に関連していることを明らかにしました。

 

さらに、脱水は計算能力を低下させ、周辺視覚刺激に対する反応時間にも影響を及ぼし、短期記憶も生じます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引 Armstrong LE,Ganio MS Casa DJ,Lee EC,McDermott BP,Klau JF,JimenezL,Le Bellego L,Chevillotte E,and Lieberman HR Mild dehydration affects mood in healthy young women,J Nutr142:382-388.2012


【アクエリアス】水分補給について学ぼう!

森永製菓 inタブレット塩分プラス 80g×6袋

森永製菓 inタブレット塩分プラス 80g×6袋

A&D 熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)

A&D 熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mlx24本

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mlx24本