Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

最新の生体エネルギー学(高強度運動中のATP産生クレアチンリン酸(PCr)が継続的に最大18分間にわたって利用されている)

生体エネルギー学

最新の生体エネルギー学(高強度運動中のATP産生クレアチンリン酸(PCr)が継続的に最大18分間にわたって利用されている)

パワーとパフォーマンス

スポーツパフォーマンスにおけるパワーとは、時間に対して行われる仕事量のことになります

 

したがって、少ない時間での仕事が行われればパワーが大きいとみなされます。

 

www.nakajimabonesetter.com

高強度運動時の生体エネルギー機構に関する新しい知見

短時間の高強度運動時の生体エネルギー機構は3つ(クレアチンリン酸機構(ATP-CPr)、速い解糖系である乳酸性機構、遅い解糖系である有酸素性機構)に分けられます。

 

3つの機構がエネルギーを供給する時間帯は、通常、それぞれ運動開始後の0~10秒、10秒~30秒、30秒以降であるとされています。

 

しかし、高強度パワー運動時には、各エネルギー機構によるこのようなエネルギー供給時間は全く当てはまりません。

 

www.nakajimabonesetter.com

 アデノシン三リン酸

筋におけるアデノシン三リン酸(ATP)産生の最初の主要基質はクレアチンリン酸(PCr)になります。

 

PCrの利用は、運動開始後の約10秒間に限定されるとされています。

 

つまり10秒以上続く運動に関しては、速い解糖系と遅い解糖系だけがATP供給機構であるとみなされます。

 

しかし、Jonesらの研究により、高強度運動中のATP産生に、PCrが継起的に貢献し、運動開始後5分を大きく超えて最大18分間にわたってPCrが利用されてることが示されました。

 

この研究結果は、空間的動員(Spatial Recruitment)とサイズの原理によって説明できます。

 

www.nakajimabonesetter.com

サイズの原理

サイズの原理とは、低閾値の小さな運動単位ではパワー要求を満たすことができない場合に、高閾値の大きな運動単位が動員されることです。

高強度運動と低強度運動の活性化

Houshらは、継続的なパワー発揮が必要な高強度運動は、低強度運動と比較して、時間経過とともにより大きな運動単位の活性化を引き起こすと結論づけました。

 

筋線維の継続的動員は、高強度運動中に10秒を超えてもPCrが利用される理由になると思われています。

 

すなわち、初期の運動単位のプールは10秒以内にPCrを使い果たしますが、継続的なパワー発揮能力の要求を満たすために筋線維が追加で動員されます。

 

新たに動員された筋線維がPCrを分解してATPを供給するために、筋全体においては数分間にわたって細々と継続的にPCrが消耗されることになり、このような代謝の考え方は、高強度運動開始後10秒以内に筋全体がPCrを使い果たすという考え方とは一線を画するものになります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Bangsbo J,Gollnick PD,Graham TE,Juel C,Kiens B,Mizuno M,Saltin B,Anaerobicenergy Production and O2Deficit Debtlelationship during exhaustive exercise in human J Physiologic422:539-559 1990

最大酸素摂取量の科学

最大酸素摂取量の科学

  • 作者:山地 啓司
  • 出版社/メーカー: 杏林書院
  • 発売日: 2001/03/01
  • メディア: 単行本

理論と実践 スポーツ栄養学

理論と実践 スポーツ栄養学

  • 作者:鈴木 志保子
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2018/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)