Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

オーバーハンドスローイングにおけるパワー(オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数がパワーであり、この変数は投球速度につながる)

パワーはオーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながる

パワーとは

パワーとは仕事率のことであり、力×速度、あるいはスピードと筋力の積と定義されます。

 

※パワーの同意語としてスピード筋力という言葉を用いることがあります。

 

パワーはオーバーハンドスローイングアスリートにおいてストレングスコーチが向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながります。

 

※速度とは、ある方向を有するスピードのことであり、パワーの構成要素になります。

 

オーバーハンドスローイングは、数多くの競技において個人やチームの成功に欠かせない重要な役割を果たし、特に野球、ソフトボール、フットボール(クォーターバック)、ハンドボール、クリケット、投擲、水球などの競技では、投球速度を向上させ、強化し、維持することが試合や競技の結果を左右するために、重要視されます。

 

www.nakajimabonesetter.com

オーバーハンドスローイング選手におけるストレングストレーニング

投球速度を目指すレジスタンストレーニングプログラムは、漸進的過負荷トレーニングの特異性に重点を置きます。

漸進的過負荷

オーバーハンドスローイングのアスリートのトレーニングプログラムには、パワーの構成要素である力と速度の過負荷を含める必要性があります。

トレーニングの特異性

トレーニングの特異性とは、トレーニングの一部を競技動作を模倣した運動に焦点をあてて行うことになり、例えば、野球選手にとっては、伝統的なバーベルベンチプレスによって上半身をトレーニングするよりも、通常よりも重い(オーバーウェイト)または軽い(アンダーウェイト)ボールを用いたトレーニングのほうがオーバーハンドスローイング動作に特異的であるといえます。

 

ほかにも投球速度に貢献する要素として、適切な投球動作や肩関節と肘関節の可動域(ROM)などがあります。

 

一般的レジスタンストレーニングは最大筋力の向上を目的としてデザイン、スクワット、ベンチプレス、ワンアームダンベルロウ、コアスタビリティ、パワーシュラッグなどを含んでいます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Aguinaldo AL and Chambers H. Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers. Am J Sports Med 37: 2043-2048, 2009.