Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニング後に適切な栄養摂取を行うこと必要性(糖質-タンパク質摂取によりミオグロビンとクレアチンホスホキナーゼの血中への出現が減少する)

トレーニング後に適切な栄養摂取を行うことでミオグロビンとクレアチンホスホキナーゼ(CPK)の血中への出現が減少する

筋損傷と栄養摂取

レジスタンスエクササイズに伴う筋損傷は、筋活動の伸張性局面で筋線維に機械的ストレスが加わることで生じるほか、カタボリックホルモン(異化)環境において、運動後の筋タンパク質分解が増大することも原因になります。

 

運動後に栄養を摂取しないと、このカタボリック環境が優位となり、筋損傷が何時間も優位になることになり、さらに、損傷した筋では筋グリコーゲンの再合成が十分に行われず、グリコーゲンの回復を数日間にわたって制限することになります。

 

www.nakajimabonesetter.com

Batyらの研究

Batyらの研究によると、糖質-タンパク質のサプリメントをレジスタンスエクササイズの実施前、実施中、および実施直後に摂取した場合、運動中および運動後にみられるミオグロビンクレアチンホスホキナーゼ(CPK)の血中への出現が減少しました。

 

これらのタンパク質は骨格筋に存在し、筋損傷が起こると血液中に漏れ出します

 

上記の研究は、糖質-タンパク質の摂取が運動中および運動後数時間に生じる筋損傷を抑制する可能性を示唆しています。

Valentineらの研究

Valentineらは持久系エクササイズモデルを用いて、糖質-タンパク質を摂取した場合、糖質のみ、またはプラセボ群に比べて、筋損傷が少ないことを明らかにしています。

 

トレーニングを積んだ自転車競技選手を対象に、高強度の自転車運動を疲労困憊まで行い、運動中に、糖質および糖質-タンパク質の各サプリメントを摂取し、その後24時間の回復期間を経て、今度はレジスタンスエクササイズを行いました。

 

その結果、糖質-タンパク質を摂取した場合には、糖質のみ、またプラセボを摂取した場合と比べて、自転車運動における疲労困憊までの時間が長かったばかりではなく、24時間後に行ったレッグエクステンションの疲労困憊までのレップ数も有意に多くなりました。

 

さらに、糖質-タンパク質を摂取した群では、自転車運動後の筋損傷マーカーにも有意な低値が認められました。

 

糖質-タンパク質が筋タンパク質の分解を抑制し、さらに運動後のカタボリックなホルモン環境を緩和するインスリンの働きが大きな要因になっているとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Chimen M Kennedy A Nirantharakumar K Pang TT.Andrews R & Narendran P What are the health benefits of physical activity in type 1 Diabetes mellitus?A literature review Diabetologia 55:542-551.2012

世界一やさしい! 栄養素図鑑

世界一やさしい! 栄養素図鑑

  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: 単行本

レビューブック 管理栄養士 2021

レビューブック 管理栄養士 2021

  • 発売日: 2020/07/01
  • メディア: 単行本