Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード筋力とは(運動動作中に筋によって生み出される爆発力のことであり、ストライド長を増加させたい場合、下半身の発揮パワーと爆発力を増加させる必要がある)

スピード筋力とは「運動動作中に筋によって生み出される爆発力」のことであり、ストライド長を増加させたい場合、下半身の発揮パワーと爆発力を増加させる必要がある

スピードとは

スピードは、ストライド頻度×ストライド長を定義されます

 

そして、スピードパフォーマンスを向上させるには、この2つの変数のうちどちらか1つ、または両方を向上させる必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

スピードとランニング歩行周期

ランニング時の歩行周期とは、歩行分析を行う際の測定の基本単位になります。

 

歩行周期は2つの局面の支持(立脚期)とリカバリー(回復期:遊脚期)に分けられます。

 

ひとつの周期は、一方の足が接地するとき(初期接地)から始まり、同じ足が地面に戻って再び接地するときをもって終わります。

 

支持期

ランニング周期のうち足が接地している期間を指し、初期接地からつま先が地面から離れる期間を指します。

 

回復期

つま先が地面から離れてからを回復期(遊脚期)と呼び、次の初期接地が行われるまでの期間を指します。

 

ランニングスピードが向上するにつれて、支持期の時間が短くなり、したがって、どちらの足も接地していない期間が生じます。

 

www.nakajimabonesetter.com

ストライド長の増加

ストライド長の増加は、スピード筋力の向上によって達成されます。

 

スピード筋力とは、「運動動作中に筋によって生み出される爆発力」のことになり、ストライド長を増加させたい場合、下半身の発揮パワー爆発力を増加させる必要があるということになります。

 

Mann&Hagyらは、歩行中のスピードが向上すると大腿四頭筋、ハムストリング、下腿後部筋における筋活動が増加し、下肢における発揮パワーの向上と発揮筋力の向上がランニングスピードを向上させることをことを示しました。

 

スピード筋力向上のために用いられる最も伝統的な手法は牽引トレーニング(ソリやパラシュート)になり、効果的ですが、誤ったランニングメカニクスを利用する可能性もあり、注意が必要になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

アップヒルランニング

高速でのアップヒルランニングは、臀筋、大腿四頭筋、腓腹筋/ヒラメ筋、および股関節屈筋群の筋活動とパワー発揮の向上に役立つことが、筋電図によって示され、このような運動単位の活性化は、筋内コーディネーションの効率化と推進力の増大をもたらすとともに、走行中の制動力を減少させることも示されており、これは、脚にかかる鉛直方向の衝撃力をほとんど伴うことなく発生していることも判明しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

ストライド頻度

ストライド頻度を増加させるには、「同じ可動域において、接地する脚を普通よりも速く動かす」ということになり、オーバースピードトレーニングの基本になります。

 

従来のオーバースピードトレーニングは、ダウンヒルのランニング、牽引により行われていました。

オーバースピードトレーニング

初期の向上においては、大部分が神経系のものであるということが示唆されており、これは、筋の発火頻度が増加することによってランニング周期において脚を素早く動かせることになります。

 

その後、ストライド頻度向上に関しては、股関節屈筋群の効率と筋力へと移っていきます。

 

これは、主として股関節屈筋群が、ランニング周期の回復期に要する時間の短縮を左右するからになります。

 

パワーの向上に関しては、神経系の初期適応後、より永続的な筋の変化が発生します。

 

www.nakajimabonesetter.com

トレッドミルトレーニングとストライド頻度

Swanson&Caldwellらは、高角度でのトレーニングランニング中は、平地でのランニングよりも、ランニング周期の支持期に長い時間を要する傾向を見出しました。

 

オーバースピードトレーニングの効果を最も効率よく、しかも安全に獲得する方法は、アスリートに負荷を与えて速度と傾斜角をつけてランニングすること(15~20km/時かつ15~35%)であると臨床実験によって示されています。

 

回復期の脚の移動速度が通常よりも速くなり、回復期において下肢の加速を左右する筋の神経筋系の適応が促されます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Andrews J McLeod W Ward T and Howard K The cutting mechanism Am J Sports Med 5:111-121


Faster Sprint Times - How to Reach Peak Speed & Strength - Adjusting Training Volume

小・中学生のための運動会で1位になる 速くなる走り方教室

小・中学生のための運動会で1位になる 速くなる走り方教室

  • 作者:堀籠佳宏
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

基礎からわかる!  中長距離走トレーニング

基礎からわかる! 中長距離走トレーニング

  • 作者:櫛部 静二
  • 発売日: 2015/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)