Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

サイドスロー投手

スポーツ医学の分野で、サイドスロー投法のメカニクスの浅在的な障害作用について取り上げた研究はあまり多くありません。

 

サイドスローはボールリリース(BR)の時のアームスロット(体幹側屈、肩外転、および肘伸展の組み合わせ)が変化することで、1球1球をより切れのある動作で投げられます

 

www.nakajimabonesetter.com

サイドスロー投手の肘への影響

効果的な投法ではありますが、サイドスローを用いる投手には、肘への外反ストレスによる固有の受傷リスクが存在します。

 

肘に加わる内反トルクに関連して、体幹側屈と肩外転の回帰分析が行われ、その結果、肘内反トルクを最小限に抑える上で最適なアームスロットの方向は、肩外転が100°、体幹側屈が非投球腕側(反対側)に対して10°であることが明らかになっています。

 

これに対し、サイドスローのバイオメカニクスは、一般に肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、それらは肘の内反負荷を増大させることが示されています。

 

理論上、投球側の前腕の遠心力(前腕を回旋軸から外反位に向って加速させる)は、反作用である内反モーメントを増強します。

オーバースローとサイドスロー

伝統的なオーバースロー投手と比較すると、サイドスロー投手は、踏み出し足の接地に対する体幹の回旋が速いことが知られています。

 

バイオメカニクス的研究の投球動作分析においては、運動力学評価と運動学的評価、ならびに一連の投球動作が時間で正規化されます。

 

正規化により、投球サイクルにおける踏み込み足の接地局面は時間にして0%、BRは100%とみなされます。

 

体幹が回旋するタイミングは、肘の外旋トルクと正の相関関係にあるため、体幹回旋の早期回復は遠心力を増強すると考えられます。

 

それに関連して、体幹回旋の開始が遅い投手では、肩回旋トルクが小さくなることが明らかになっています。

 

上腕骨の肩筋群から生じる近位部のトルクが減少すると、上肢遠位部のトルクが減少すると、上肢遠位部の運動エネルギー作用が減少する可能性があり、その結果、弾性エネルギーの伝達量が減ることによって、外反負荷量速度が上昇し、安定化要求が低減されます。

 

サイドスロー投手は、肘の外反ストレスがピークに達する時点(レイトコッキング期およびアクセレーション初期)において、より大きな肘屈曲角度を達成できるため、生じる遠心効果も小さくなります。

腕の遅れと肘障害

腕の遅れ(肩水平外転の増大に肘伸展が組み合わさること)は、肘の障害における重要な力学的因子と考えられています。

 

サイドスロー投法において、体幹の回旋は投球腕の加速に大きく先行します。

 

肩90°外転位での肘の伸展(肘を伸展させるサイドスロー投法)は、投球側の肘の外反モーメントを増大させると考えられています。

 

基準回旋軸すなわち体幹の回旋部分からセグメント質量を離していくと慣性(遠心効果)外反モーメント方向への加速が増大させます。

 

www.nakajimabonesetter.com

Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009.


www.youtube.com