Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

思春期のトレーニングの重点(PHV:最大身長成長速度と体重の最大成長速度(PWV)のピークを向かえると性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、筋サイズの増大(筋線維サイズの増大)、さらに筋横断面積が増大して発揮筋力が向上する)

 

思春期ウェイトトレーニング

思春期のトレーニングの重点

子供がPHV(身長の最大成長速度)に近づくと、男女ともに筋および骨格組織の成長速度が不均衡になる可能性があり、注意が必要になります。

 

また、若年アスリートの運動能力向上と成長が非直線的かつ急速に起こる段階であるこの時期において、子供が身体の不快感を経験する可能性のあることに留意しなければなりません。

 

さらに、長くなった四肢の使い方を覚えることによる運動コーディネーションの乱れ「Adolescent Awkwardness」も起こりうることに留意しなければなりません。

 

ただし、ここで強調しておかなければならないことは、必要に応じて外的負荷を低減することはあっても、プログラムの重点はあくまで技術の習得に置き続けるという点になります。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-7319

思春期後期のトレーニングの重点

通常、PHVから約12~18ヶ月経つと、子供は体重の最大成長速度(PWV)に達します。

 

この発達段階は、性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、このようなホルモンの変化は、筋サイズの増大(筋線維サイズの増大)をもたらし、その結果、筋横断面積が増大して発揮筋力が向上します。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6050

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3278

 

引用・索引 Stone G Williams CA Children and fitness testing Weightlifting Abrief overview Strength Cond J28:50-56 2006