Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

調整能力の向上

調整能力の向上においては、発育に伴う神経系の発達と、運動を繰り返すことにより生ずる神経系内での可塑的な変化が主に関与していると考えられていますが、Strength&Conditioningの立場からは、特に後者における「運動の繰り返し」といった点には注目しなければなりません。

 

※つまり、「運動の繰り返し」を支える体力の獲得、そして「運動の繰り返し」による障害の防止です。

 

より多く練習を繰り返すことは、技術習得の機会を増やす一方で、身体への負担がその許容量を超えた場合は障害につながります。

 

www.nakajimabonesetter.com

障害を予防するアプローチ

 

  1. 許容量の拡大
  2. 効率的なリカバリー
  3. 動作の適正化

 

野球においては獲得すべき技術が多いことから、特に動作の適正化において細かく対応することは現実的には難しく、特に発育過程にある野球のジュニア選手に対しては、成長に伴い適応させていく点が多いことからも、そうした経験の機会を広げる基本的な体力の獲得を目指すことが望まれます。

 

そして、青少年の身体発達モデルでも全年齢で強調されているように、筋力の獲得が重要となりますが、これにより、例えば安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化したり、静的および動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎だけではなく、障害のリスクを軽減させることにもつながり、ジュニアの段階から、これが日々の練習の中において、単に「追加」されたものとしてではなく、技術練習に通ずる必須のものであるという認識を、教育していくことが望まれます。

適切なリカバリーと傷害予防

また、練習による身体への負担をできるだけ効率的に回復させることも重視しなければなりません。

 

適切なリカバリーは、障害や傷害へのリスクを軽減させ、継続的に競技へ取り組むことを可能とし、将来的に高いレベルで競技に携わる場合においては、そこで強い疲労を誘発する高強度のトレーニングが要求されることからも、ジュニアの段階から、自らの身体の状態に関心をもたせ、より良い状態で競技に臨む習慣を身につけることが重要になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引David J Szmanski 「Contributing Factors Increased Bat Swing Velocity」