Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

レジスタンストレーニングと分岐鎖アミノ酸:BCAA(ロイシンは、タンパク質合成促進機能、骨格筋タンパク質の分解を抑制することも証明されている)

レジスタンストレーニングと分岐鎖アミノ酸:BCAA(ロイシンは、タンパク質合成促進機能、骨格筋タンパク質の分解を抑制することも証明されている)

BCAA補給のメリット

レジスタンストレーニングと合わせてBCAAを補給することにより、除脂肪体重や筋力が増大し、体脂肪が減少することが証明されています

 

また、BCAAは、伸張性エクササイズ後の筋痛を軽減し、さらにオーバーリーチング後のテストステロンとパワーの双方の低下を防止するとされています。

 

BCAAは(翻訳開始の制御など)タンパク質合成を活性化する主要な信号として働くことにより、主として適応を増大させると考えられています。

 

しかし、特に翻訳延長中は、タンパク質合成自体がエネルギーを必要とするタンパク質同化プロセスになります。

 

www.nakajimabonesetter.com

ロイシンのタンパク質合成

Wilsonらは、食間に(食後)BCAAのロイシンを摂取することにより筋細胞のエネルギー状態が高まり、タンパク質の合成が延長されることを明らかにしました。

 

BCAAは、翻訳開始のためのシグナル分子として働くことにより、また翻訳延長に必要なエネルギーを供給することにより、タンパク質合成を調節するとされています。

 

要約すると、筋力トレーニングを行うトレーニングアスリートは、高品質のタンパク質またはBCAAサプリメントを選択することにより、毎食十分な量のBCAA/ロイシンを摂取することを重視することが大切です。

 

ロイシンは、そのタンパク質合成促進機能が最も知られていますが、筋タンパク質の分解の最有力経路とされるユビキチン-プロテオーム系を制御することにより、骨格筋タンパク質の分解を抑制することも証明されています。

 

現在のところ、少なくとも部分的には、ロイシンの代謝産物であるHMB(βヒドロキシβメチルブチレート)を介してそれらの効果が生じると考えられています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Physical Education and Exercise Science University of South Florida Tampa Florida


When To Take BCAA Supplement?

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)