Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋線維サイズと筋力に対するL-アルギニンの効果(サテライト細胞の活性化を示す骨格筋マーカーの上昇と全体的なDNAの増加する)

 

高強度トレーニングとテストステロン

アルギニンと筋肥大

L-アルギニンが、、健康な人の細胞レベルで与える影響、特に筋サイズや筋力に及ぼす変化に関しては、情報は少なく、L-アルギニンは、運動に反応し骨格筋のタンパク質合成と血流を増大させる可能性があると仮定されています。

 

しかし、最近の研究によると、L-アルギニンの急性投与は、レッグエクステンション後の血流量にもタンパク質合成にも変化をもたらさなかったことが示唆されています。

 

筋原性幹細胞であるサテライト細胞は筋サイズの増大や線維に必要な核を提供するため、サテライト細胞の活性化も筋組織の成長に必須の要素になります。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-8275

L-アルギニンと一酸化窒素

現在のところサテライト細胞を活性化させる最初のステップはNO(一酸化窒素)の産生増大であるとされています。

 

Anderson&Pilipowiczらは、培養された筋線維がL-アルギニンに暴露されると、サテライト細胞の活性化が増大することを観察し、さらに、L-アルギニンが、46日間と60日間の長期試験において、豚の筋タンパク質量を増やし、脂肪を減少させたことを示し、さらにレクリエーションレベルのトレーニング経験のある被験者において、市販のNOサプリメントを使い、サテライト細胞の活性化を示す骨格筋マーカーの上昇と全体的なDNAの増加を観察し、さらに、4週間後には、被験者のベンチプレスの1RMと除脂肪体重の増大が証明されました。

 

一時的な補給という観点からは、L-アルギニン6gをエクササイズの1時間前に摂取すると、等速性ダイナモメータでのピークトルクの増加、および超最大サイクリングエクササイズ中のパワー向上をもたらしました。

 

Cambellらの研究においては、8週間にわたりL-アルギニンだけを補給したところ、筋力とパワーが有意に向上したことが明らかになりました。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-7255

引用・索引Strength & Conditioning Journal Volumes32 Number2 pages14-20