Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数{挙上重量を体重比で示す}との間には、高い相関関係が存在する)

プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数(挙上重量を体重比で示す)との間には、高い相関関係が存在する)

プッシュアップとは

プッシュアップ(腕立て伏せ)は、上半身の筋力、パワー、および局所的筋持久力を向上させる目的で広く利用されています

 

プッシュアップの負荷は個人の体重と各部位の長さによって制限されるものの、バイオメカニクス的に多様な実施方法があります。

 

例えば、手や足の位置の変更は、筋の動員パターンと関節負荷に影響を及ぼします。

 

www.nakajimabonesetter.com

プッシュアップの役割

フィットネスの分野では、プッシュアップは定番エクササイズであり、ストレングス&コンディショニングでは野球、ボクシング、格闘技などのトレーニングに利用されるとともに、米陸軍の基本トレーニングプログラムにおいて際立った役割を果たしています。

 

時間制限の有無を含め、様々なプッシュアップテストが体力評価の一環として広く実施されており、幅広い集団においてテストの妥当性が証明されています。

 

またプッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数(挙上重量を体重比で示す)との間には、高い相関関係が存在することが研究によって示されています。

 

したがって、フリーウエイトテストの安価な代替案となります。

 

また、プライオメトリックプッシュアップは、伸張-短縮サイクルによって誘発される上半身の適応を指摘化するには不可欠であると考えられています。

プッシュアップの有益性

プッシュアップの負荷は、個人の体重、各部位の長さのバイオメカニクス的なバリエーションを利用すれば、目標とする筋組織にかかる負荷の大きさを変え、筋活動を変えて実施することが可能になります。

 

バリエーションの多くは、手や足の位置の変更を伴うものであり、これにより筋の動員パターンと関節負荷に影響を及ぼすことができます。

 

他のバリエーションとしては、不安定なサーフェス、サスペンショントレーニング用具、そしてプッシュアップ専門用具など様々な器具の利用が挙げられます。

 

しかし、これらのバリエーションの意味が、クライアントの個別的ニーズや目標との関係において十分に理解することが重要になります。

標準的なプッシュアップのバイオメカニクス的データ

相対負荷 最上点での自重の69% 最下点での自重の79%
第4/5腰椎にかかる圧縮力 1,838N
最大随意収縮と比較した際の主働筋の筋活動(平均)の割合 大胸筋61% 上腕三頭筋66% 三角筋前部42%
最大随意収縮と比較した際の上半身の安定筋および共働筋の筋活動の割合 広背筋11% 上腕二頭筋4% 三角筋後部17% 僧帽筋上部45% 僧帽筋中部18% 僧帽筋下部27% 前鋸筋56%
最大随意収縮と比較した際のコアの筋活動の割合 腰筋24% 外腹斜筋29% 内腹斜筋10% 腹横筋9% 腹直筋29% 大腿直筋10% 脊柱起立筋3%

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Baumgartner T Oh S,Chung H,Hales D.Objectivity.reliability,and validity for a revised push-Up test validity protocol Meas Phys Educ Exerc Sci6:225-242:2002

アスリートのための最新栄養学(上)

アスリートのための最新栄養学(上)

  • 作者:山本義徳
  • 発売日: 2017/09/09
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)