Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

女性アスリートと月経異常と骨密度(低エネルギー供給率によって引き起こされる月経異常が青年期に発生すると、新しい骨の形成が制限され骨密度が低下し、疲労骨折のリスクが増加する)

女性アスリートと月経異常と骨密度(低エネルギー供給率によって引き起こされる月経異常が青年期に発生すると、新しい骨の形成が制限され骨密度が低下し、疲労骨折のリスクが増加する)

月経異常

エネルギー不足がある閾値に達すると、月経周期が不規則になり、過少月経(月経周期が35日以上)を引き起こしたり、完全に停止し無月経(3ヶ月以上月経がみられない)になったりすることがあります

 

健康で女性の平均的な月経周期は28±7日になり、さらに15歳までに初潮がない場合を原発性無月経といいます。

 

二次性無月経は少なくとも1回の月経周期の後に月経機能が停止した場合をさし、過少月経や無月経と診断されるには、月経異常を引き起こす他の原因(腫瘍、アナボリックステロイドの使用、妊娠、ホルモン失調など)が除外されなければなりません。

 

www.nakajimabonesetter.com

骨密度

低エネルギー供給率によって引き起こされる月経異常が青年期に発生すると、新しい骨の形成が制限されて骨密度(BMD)が低下し、その結果、疲労骨折のリスクが増加します。

 

新たな骨形成が減少してBMDが低下することにより、ピーク骨量が骨粗鬆症性など、さらに深刻な結果を招きかねません。

 

摂食異常や摂食障害がなくても、FAT(不適切な食事摂取を原因とした低エネルギー供給率)を発症する恐れがあり、適切な適切な施術が行われなければ、次第に重症化する可能性があり、早期介入が極めて重要になります。

 

FAT症候群のうち、最も重症かつ有害である骨粗鬆症性を予防することが、施術の施術の主たる目的であり、また思春期および青年期に低BMDが存在すると、成人後、骨量の減少や骨粗鬆症性を引き起こす可能性が高くなり、閉経後はそれが加速度的に増加することがあります。

 

骨粗鬆症性の家族歴、乳製品の摂取(ビタミンDとカルシウム)が不足する食事、完全菜食主義者の食事、ステロイドの長期使用は、骨折リスクを高め、骨粗鬆症性の発症リスクを高めます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Miller VN and Duckles SP Vascular Actions of estrogens Functional implications Pharmacol Rev60:210-241 2008


Gynaecology - Menstrual Cycle + Menstrual Disorders For Medical Students

女性アスリートの健康管理・指導Q&A

女性アスリートの健康管理・指導Q&A

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

女性アスリートの教科書

女性アスリートの教科書

  • 作者:須永 美歌子
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

理論と実践 スポーツ栄養学

理論と実践 スポーツ栄養学

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2018/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)