Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ベアフットランニングのためのプライオメトリックスによる下肢の伸張性筋力強化(ベアフットランニングの接地では膝関節と足関節による衝撃負荷の制御がより重要になるため、下肢のプライオメトリックエクササイズをトレーニングプログラムに組み込むべきである)

ベアフットランニングのためのプライオメトリックスによる下肢の伸張性筋力強化(ベアフットランニングの接地では膝関節と足関節による衝撃負荷の制御がより重要になるため、下肢のプライオメトリックエクササイズをトレーニングプログラムに組み込むべきである)

プライオメトリックトレーニングの導入

ベアフットランニングの接地では膝関節と足関節による衝撃負荷の制御がより重要になるため、下肢にその運動の準備をさせるために、下肢のプライオメトリックエクササイズをトレーニングプログラムに組み込むべきとされています。

 

しかし、伸張性トレーニングを開始する前に、下肢遠位の安定性を与えるために近位の体幹部と股関節の筋群を十分に強化する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

ベアフットランニングへの移行を考えた場合のプライオメトリックトレーニング

推奨されているプライオメトリックエクササイズはシューズを履いて調査されていますが、ベアフットランニングの準備を考えると裸足で実施することが推奨されます。

 

最初はミニトランポリン上でエクササイズを行い、伸張-短縮サイクルによって脚の最大発揮パワーがより増大し、ジャンプトレーニング中の身体にかかる衝撃力の減少に役立ち、ひいては傷害リスクを低下させます。

 

プライオメトリックエクササイズには、ホップ、ジャンプ、水平および鉛直面におけるバウンディング、スクワットジャンプ、スプリットシザージャンプ、ダブルレッグバウンド、オルタネイトレッグバウンド、シングルレッグフォワードホップ、デプスジャンプ、ダブルレッグハードルジャンプ、シングルレッグハードルホップが含まれます。

 

これらの特異的プライオメトリックエクササイズは長距離走のパフォーマンスを改善することが判明しています。

 

これらのエクササイズは芝生上から固いサーフェスへと漸進させるとよいとされ、プライオメトリックエクササイズの一般的な漸進ガイドラインに従いつつ、筋痛と足の皮膚の損傷はモニターすべきです。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引引用・索引School of Kinesiology and Health Science York University Toronto Ontario