Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

矯正、施術目的のコアエクササイズ(慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げ、ハムストリングスを殿筋の代用として股関節を伸展させようとする)

矯正、施術目的のコアエクササイズ

矯正、施術目的のコアエクササイズ(慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げ、ハムストリングスを殿筋の代用として股関節を伸展させようとする)

エクササイズの漸進

エクササイズの漸進は、段階的なプロセスであり、利用できる情報源はいくつかありますが、それらは各段階において多くの検討すべき事項や臨床技術があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

漸進的エクササイズデザインの段階

  1. 矯正、施術目的のエクササイズ
  2. 適切かつ完全な動作や運動パターンの習慣化
  3. 全身および関節の安定性の確率(股関節などいくつかの関節の可動性および腰椎/コア部分による安定性)
  4. 持久力の向上
  5. 筋力の増強
  6. スピード、パワー、アジリティの強化

適切なコレクティブエクササイズを作成する第一段階はすべての不安定な動作および運動パターンを特定することから始まります。

 

最初にエクササイズを行う際は、誘発試験とみなし、推測される実用的な診断の範囲内で各エクササイズを検討し、それらのエクササイズに耐えることができれば、クライアントは次の段階に進み、耐えられない場合は、テクニックを再検討し、修正してさらに耐えられるバリエーションを試します。

 

www.nakajimabonesetter.com

背部痛と股関節伸展筋群の関係

慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げるため、その結果クライアントは、ハムストリングスを殿筋の代用として使い股関節を伸展させようとします。

 

それに続く背部の伸展は、脊椎伸展筋群を過度に活性化し、本来は不要な圧縮力が生じます。

 

したがって、殿筋再活性は、背部の負荷を軽くすることに役立ち、このパターンの変化は、スクワット時の脊椎への負荷を高めます。

 

コアエクササイズのバックブリッジは殿筋を収縮させハムストリングスの補助をなくすことにより、股関節伸展時の殿筋の優位な活動を確立します。

 

臨床的なヒントの1例として、トレーナーがハムストリングスを触診し、活動している場合は、クライアントに合図して膝の伸展とともに両足を押しつけて、股関節を外旋し、殿筋を確実に優位に活動させます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

  • 作者:NSCA ジャパン
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

  • 作者:板場 英行
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2016/05/30
  • メディア: 単行本