Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

SAIDの原則:Specific adaptation to imposed demands(神経筋系は課せられた刺激に対して特異的適応を起こす)

SAIDの原則

SAIDの原則:Specific adaptation to imposed demands(神経筋系は課せられた刺激に対して特異的適応を起こす)

競技特異性とは

競技特異性は、あるエクササイズが競技にどの程度転移するかを表す言葉として広く用いられています

 

すなわち、特異性とは、その競技に特異的な動作や課題の遂行能力に対して、エクササイズがもたらす向上効果の度合いを意味します。

 

www.nakajimabonesetter.com

SAIDの原則

SAIDの原則(Specific adaptation to imposed demands:課せられた刺激に対する特異的適応)とは、アスリートのトレーニング選択と、それがパフォーマンスにもたらす効果との関連性を説明する用語になります。

 

神経筋系は課せられた要求に適応するというのが、SAIDの原則の概念になります。

 

アスリートのウェイトリフティング動作の向上を図るコーチにとって、クリーンプルとスナッチプルの両バリエーションはスキル習得に役立つエクササイズになり、理由のひとつに、クリーンプルとスナッチプルはウェイトリフティング動作の実行に用いられる筋群の強化を促すことが挙げられます。

 

また、これらプルのバリエーションは、部分的な派生動作(プル-トゥ-ニーとミッドサイプル)を組み合わせ、より完全な動作に近づけたエクササイズであるため、完全なウェイトリフティング動作の習得過程にも利用できます。

 

これらのプル動作を組み込みことによって、ウェイトリフティング動作のトレーニングに短い動作から長い動作へ、可動域の一部から全体へというアプローチがもたらされます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

  • 作者:NSCA ジャパン
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名

目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名