Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

プレシーズン期における体系的コンディショニング処方(パフォーマンスの他の側面(最大筋力とパワー)に取り組むための、生理学的および構造的基礎を固める)

体系的コンディショニング

プレシーズン期における体系的コンディショニング処方(パフォーマンスの他の側面(最大筋力とパワー)に取り組むための、生理学的および構造的基礎を固める)

プレシーズン期におけるトレーニング構成要素の統合

頻度 継続時間(分) 強度
月曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 20~30 30~45 10~20 低 高 - 高 低 -
水曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 40~45 40~50 10~20 高 低 - 低 高 -
金曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 40~50 40~50 10~20 中 中 - 中 中 -

 

上記の表はレジスタンストレーニングプログラムは、来るべきシーズンの準備をさせるべく設計した、プレシーズン期における体系的コンディショニング処方の一部になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

個々の年間トレーニング

個々のトレーニングセッションのタイミング、頻度、継続時間、強度、量を慎重に考慮して、うまく疲労を抑えつつ、トレーニングの質を保っています。

 

ここに挙げた処方は、年間トレーニングプログラムの一部であることに注意し、時期に応じてトレーニングの目標が異なります。

 

トレーニングの初期は逐次的であり、漸進的であり、試合期の準備をさせることが目的になります。

 

試合期の後は、多様な動作を利用して、総合的かつ構造的な筋力向上に重点を置くべきとされています。

 

このようにすることで、その後のトレーニングでパフォーマンスの他の側面(最大筋力とパワー)に取り組むための、生理学的および構造的基礎を固めることができます。

 

そして、試合期が近づけば、特異的な準備エクササイズを利用して、コート上のパフォーマンス成功を促す動作の向上に取り組みます。

 

したがって、実施するエクササイズ量は減少していきます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006

 


Youth Football Periodisation - Preview

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

  • 作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

ストレングストレーニング&コンディショニング―NSCA決定版

ストレングストレーニング&コンディショニング―NSCA決定版

  • 作者: Thomas R.Baechle,Roger W.Earle,石井直方,長谷川裕,岡田純一
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

  • 作者: ウイダートレーニングラボ,福永哲夫
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る