Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

 メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

グレリンメタボリックシンドローム

グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、グレリンは人が空腹感を感知する視床下部に作用し、主に胃や近位小腸で分泌されています。

 

グレリン血中濃度は絶食状態の際に最大であり、食後に低下し、同様に空腹感も低減します。

 

血中グレリン濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲するようであり、科学者はグレリンをオレキシジェニック(人間の食欲を刺激する物質)と呼び、さらにグレリンは体内における消化活動を促進する作用をもちます。

  

www.nakajimabonesetter.com

肥満外科手術

消化器科医は、肥満外科手術、特にRoux-en-Y(ルーワイ法)やスリーブバイパス術から回復したお客におけるグレリンとレプチンの血中濃度が、標準BMIの人と同等であったことを明らかにしました。

 

また、肥満外科手術を受けた糖尿病お客は、高確率で血糖値が標準範囲内に収まっており、一方で”胃緊縛型”つまり胃を適正なサイズにする手術は、体内のグレリン、レプチン、そしてインスリン血中濃度に影響を与えず、Roux-en-Yやスリーブバイパス術と同様の効果はないことがわかっています。 

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Abbenhardt,C,Effects of individual and combined dietary weight loss and exercise interveons In postmenopausal women on adiponestion and leptin levels Journal of Internal Medicine163-175.2013