Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

バックスクワット不正確動作の修正(エクササイズ指導に対する誤った理解、神経筋のコーディネーションと動員の不足、あるいは関節の硬直性など)

傷害予防プログラムの共通要素

バックスクワットの不正確動作の制限因子

バックスクワットの不正確な動作をもたらす弱点は、様々な制限要因から生じます。

 

例えば、エクササイズ指導に対する誤った理解、神経筋のコーディネーションと動員の不足、あるいは関節の硬直性などが挙げられます。

 

バックスクワットを適切に遂行できない原因となっているバイオメカニクス的な弱点や神経筋の弱点は何かを特定する際、体系的な分析法を用いることがコーチ、トレーナーにとって有益になります。

 

弱点を特定できるか、合理的に推定できる場合には、目標を定めた修正介入を行うことにより、機能的な弱点の改善に着手できます。

 

www.nakajimabonesetter.com

アスリートに対するキューイング

手がかりを与えることは、指示の理解不足を補い、不十分な神経筋のコーディネーションや動員を修正することに役立ちます。

 

アスリートに対するキューイングには、口頭での指示、身体に触れて与える指示、および/また視覚教材など様々な形があり、そのすべてが、アスリートがバックスクワット中の望ましいテクニックやメカニクスを習得する手助けとなります。

 

簡潔な言葉による指導は、アスリートが特定の姿勢における弱点や動作段階を認識、集中することに役立ち、テクニックの修正を促します。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Benjaminse A Optimization of the anterior cruciate ligament injury prevention paradigm Novel feedback techniques to enhance motor learning and reduce injury risk J Orthop Sports Phys Ther2015