Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

アジリティ の検索結果:

年間トレーニング計画におけるパフォーマンステスト(パワーとスピードを正確に評価するパフォーマンステストを選択するにあたっては、その選手やチームが競技で成功するために重要なスキルを選択の基準としなければならない)

…を採用すべきであり、アジリティはいくつかの定評あるテストを用いて評価できます。 例えば、Iテスト、Tテスト、エドグレンサイドステップ、3コーン、またはコートか芝の上で行う多様なシャトルランなどです。 直線スピードは、10、20,30,40,60または100ヤードなどのスプリントを用いると最も正確に評価できます。 スプリントのスタート時のスタンスは、競技によって異なり、いずれのテストを選択するにしても、S&Cスタッフは競技の違いにかかわらず、一貫性のあるプロトコルを用いるように…

ジュニア選手の最も身長が伸びる時期PHV:Peak Height Velocityを考える(急激な骨の伸長により骨密度が一時的に停滞もしくは低下し、筋の組織形態が追いつかず張力の高い状態{柔軟性の低下}になる)

…性 可動性 可動性 アジリティ アジリティ アジリティ アジリティ スピード スピード スピード スピード パワー パワー パワー パワー 筋力 筋力 筋力 筋力 筋肥大 筋肥大 筋肥大 筋肥大 持久力&MC 持久力&MC 持久力&MC 持久力&MC トレーニング構成 非組織的 やや組織的 ある程度組織的 かなり組織的 きわめて組織的 ※FMS=基本的運動スキル(Fundamental Movement Skill)、MC=代謝のコンディショニング(Metabolic Con…

コンプレックストレーニングのペアに用いた筋力エクササイズ(経験の浅い選手向けにはトレーニングセッションを修正し、適切なテクニックが確実に遂行できるようにすることも大切になる)

…間におよぶスピード、アジリティ、コンディショニングセッションを行います。 ワークアウトは全部で3つのパートに分けられ、ウォームアップとコアエクササイズ、コンプレックスエクササイズのペア2組、そして筋力/パワー向上エクササイズの4種になります。 経験の浅い選手向けにはトレーニングセッションを修正し、適切なテクニックが確実に遂行できるようにすることも大切になります。 例えば、下級生の選手は、最初のうちはパワークリーンのかわりに、パワーシュラッグを行ない、そしてコーチと選手自身によ…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

…側、片側、多方向) アジリティ:反応ドリルとSSG 個人の修正および体幹トレーニングをセット間またはセッションの最後に行う。 BW=体重、SSG=ミニゲーム、TMT=戦術的代謝トレーニング www.nakajimabonesetter.com 移行期 競技シーズンを終えると、体系的なトレーニングを始める前の過度期があります。 この積極的休養の期間は、筋疲労や神経疲労、さらに心理的疲労など、あらゆる疲労を取り除くために使われます。 この時期は、非構造的で低強度、少量のレクリエー…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(有効なトレーニング環境にするために一般的準備期、競技特異的準備期の組み方がある)

…ンプ(両側/片側) アジリティ:方向転換のクローズドドリル各種(スピードよりも運動のメカニクスに重点を置く) ※3:1の負荷パラダイム BB=バーベル、DB=ダンベル、RDL=ルーマニアンデッドリフト、SL=シングルレッグ www.nakajimabonesetter.com 競技特異的準備期(SSPP) このブロックの継続期間は2~4週間で、高強度トレーニングを比較的少量行います。 競技特異的なトレーニング様式に重点を置き、試合への大きな転移を促進する。 シーズン前のメゾサ…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…性パワーの能力 反応アジリティ 十分な回復 サイクル2のトレーニング目標 筋力 有酸素性パワー(80~100%MHR) ランニングドリル コーディネーションと方向転換 シーズン中のミクロサイクルの例 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜 午前 休息 身体能力:8対8または11対11 身体能力:個人別の傷害予防およびSSGとRS 身体能力:筋力/パワーサッカー:技術/戦術 身体能力:個人別の傷害予防とスピード/反応力サッカー:戦術重視の試合 休息 チームの回復セッション試合…

サッカーにおけるアジリティ(サッカー選手は、1秒を争う試合の重要な局面で方向転換を2~4秒に1回行い、試合中に合計1,200~1,400回も方向転換をおこなっている)

アジリティ サッカー選手は、方向転換を2~4秒に1回行い、試合中に合計1,200~1,400回も方向転換をします。 俊敏な動作は、1秒を争う試合の重要な局面で起こり、試合の結果を左右する大きな違いを生みます。 様々な幅広いスポーツから男女の上級アスリートについて調査すると、彼らは視覚的な探査能力に優れていること、そして、素早く正確に反応することが示されています。 早いペースで様々な運動を生み出す能力は、サッカーのパフォーマンスに強い影響を与えることを考えると、サッカー選手にと…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…を維持し、スピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com 代謝コンディショニング サッカー選手においてきわめて重要な要素であり、そのレベルは試合への貢献度を決定し、制限する因子でもあります。 有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数など、サッカーのパフォーマンスにおけるパラメータと正の相関があります。 Helgerudらの報告によると、男子…

アスリートのパワー向上のカギとは(膝関節と股関節、足関節の爆発的な伸展はトリプルエクステンションと呼ばれ、パワーや爆発性{Explosiveness}の重要な要素になる)

…ますが、様々な競技でアジリティを発揮する場合のようにトリプルエクステンションは上下左右どの方向でも、片脚でも行うことができます。 www.nakajimabonesetter.com トリプルエクステンションとウェイトリフティング トリプルエクステンションを鍛える方法は様々あり、また、トレーニング法によりフォームに違いがあります。 トリプルエクステンションのトレーニングは、基本的に主な3つの下肢関節の爆発的な動作であり、両脚または片脚を使い全方向で行います。 トリプルエクステ…

7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている)

…の持久力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されています。 理想的には心拍数とGPSデータを収集し、試合中の動作と運動強度をより正確に評価すべきであり、このような情報は各選手の動作パターン(前方、後方、側方への走動作など)、各移動様式における平均速度(時速18kmを超えると高速度とみなされる)、そして動作の連続性を正確に分析することに役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.N…

アジリティの定義とトレーニング方法(アジリティを単純に定義すれば、方向転換になり、また、敏捷性はコントロールされた減速力といえる)

アジリティの定義 アジリティを単純に定義すれば、方向転換になり、また、敏捷性はコントロールされた減速力といえます。 アジリティを向上させるためには、加速力と減速力を高め、さらに方向転換の能力を向上させることが必要になります。 加速力を向上させても、減速力を向上させるための努力を怠っているトレーニングが非常に多くこれは大きな間違いとされています。 体重が重くても動きの素早いアスリートについて考えた場合、スポーツの世界では、前十字靭帯断裂や足関節の捻挫、膝関節の捻挫など、非接触性…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

スピードとアジリティ スピードとは スピードとは、単純にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)の積になります。 ストライドの距離と素早さで決まります。 スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければなりません。 そのためには、ストライド長とストライド頻度にそれぞれ特化した各種のドリルを利用したトレーニングが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 勝つためのスピードカリキュ…

矯正、施術目的のコアエクササイズ(慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げ、ハムストリングスを殿筋の代用として股関節を伸展させようとする)

… スピード、パワー、アジリティの強化 適切なコレクティブエクササイズを作成する第一段階はすべての不安定な動作および運動パターンを特定することから始まります。 最初にエクササイズを行う際は、誘発試験とみなし、推測される実用的な診断の範囲内で各エクササイズを検討し、それらのエクササイズに耐えることができれば、クライアントは次の段階に進み、耐えられない場合は、テクニックを再検討し、修正してさらに耐えられるバリエーションを試します。 www.nakajimabonesetter.co…

試合開催地への到着からウォームアップの流れ(この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高める)

…ト(10~40m)とアジリティも実施し、その後、攻撃プレーや守備プレーと組み合わせて特異的セットプレー(スクラムとラインアウト)も行います。 そして、各自が特に必要と感じる部位に対してストレッチングを行ったのちに、予定されている試合開始時間の5~10分前に選手着替室へ戻ります。 www.nakajimabonesetter.com 水分補給と栄養摂取 最初の試合の30分前に、意識覚醒、パフォーマンス増大、疲労感の減少を目的として市販の栄養ドリンク(200ml)を飲み、選手はド…

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

…には、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。 特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。 プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニングは行き過ぎ…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…ーション、スピード&アジリティ、および疲労耐性がトレーニングの必須要素になります。 その目標は、傷害に対する抵抗性を高め、青少年集団の競技パフォーマンスと運動パフォーマンスの能力を高めることになります。 青少年のためのINTでは、最初に、FMS能力を育成することによって重要な土台を形成し、次にそれらの基礎的スキルの上に、競技特異的なスキルセットを形成しなければなりません。 適切に計画されたINTプログラムの鍵となるのは、これらのすべての要素を個々のアスリートに合わせた様式に統…

SAID(Specific adaptation to imposed demands:課せられた刺激に対する特異的適応)

…すなわち、バランス、アジリティ、筋力、爆発力、およびスピード(頭文字をとってB.A.S.E.S.)の5つになります。 人間の運動や筋力は、基本的な神経学的プロセスに沿って習得され、また向上します。 5つのスキルはそれぞれ、以下に挙げる3種のトレーニング分野に分けられます。 www.nakajimabonesetter.com 競技のための神経筋/固有感覚トレーニング ステップ1:バランス=静的または等尺性の筋収縮を通じて達成される、神経筋のコーディネーション/静的な関節安定性…

クイックネスと反応スピード向上と感覚刺激(視覚は見たものを直接認識するのではなく、形の検出、適合、形の情報、動きの情報の結合など様々な処理を行ってから初めて認識される)

…スタート局面であり、アジリティ動作での切り換えの局面になります。 また、各部位の素早い動き、球技スポーツにおける投球動作、蹴動作、フェイク動作など対人スポーツにおけるパンチやキック動作もクイックネスの動きになります。 クイックネスの限定因子はパワー、可動性(各関節部位を素早くかつ効率よく動かせる能力)になります。 www.nakajimabonesetter.com 反応スピード 反応スピードの短縮もスピード系の動きの改善に関与します。 陸上のスプリント競技のように音刺激によ…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

アジリティテスト スピード、加速、アジリティのテストとは スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。 40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが10および20ヤードスプリントを用いています。 1年のどの時期に当たるか、また選手達のやる気やコーチ陣の意向にもよりますが、ときには10/20ヤードのテストを1,2回行うこともあります。 方向転換の能力を評価するものとし…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…較しても、スピードやアジリティおよび、パワーのパフォーマンスの違いはごくわずかになります。 早熟な少女はテニスや水泳などの体格や筋力が重視されるスポーツで平均以上の能力を発揮することが多く、美的特性や相対的筋力あるいは持久力など協調されるスポーツ、例えば、体操や飛び込み、長距離走、フィギュアスケート、自転車競技などでは、平均以上に優れていることは評価されにくくなります。 成熟度が進んだ少女たちは、適応的な心理特性は控え目で自尊心レベルが比較的低く、自分の身体的魅力や体力、運動…

素早い動きと爆発力を兼ね備えたアスリートになるには(基本的なダイナミックウォームアップドリルは、運動能力を高める上で基礎となる重要な要素になるものが多くなる)

アジリティトレーニング 加速と減速 次のレベルでは、フットワークのパターンに重点を置き、加速と減速の方法を習得します。 ここでは、前方および側方のストップアンドゴードリルを行います。 これは5ヤードのスプリントと停止(前方および側方移動)を繰り返すという方法になります。 フットワークのパターンを習得するため、ツーフィートインエブリホールによる前進やワンフットインエブリーホールによる側方移動、1-2-3スピンカット、1-2-3-4イン&アウトオブザラダーによる側方移動など、さら…

高強度の複合下半身動作と爆発的競技動作に伴う股関節伸展筋群の役割(ジャンプやランニングでは、負荷の増加に伴って股関節の関与の比率が高まるだけではなく、低強度での膝関節優位から高強度での股関節優位への変化も示す)

…ピードや跳躍高、側方アジリティ運動の速度の増加に伴い、はるかに大きく増加します。 したがって競技コンディショニングにおいては、股関節伸展トレーニングは優先すべきとされています。 そのため、アスリートのためのプログラムでは、股関節優位のエクササイズを用いること、複合下半身レジスタンスエクササイズを用いること、複合下半身レジスタンスエクササイズでは、アスリートが上達するにつれて重い負荷を強調すること、そして爆発的な下半身のトレーニング中に、股関節伸展モーメントを最大化する負荷を用…

パフォーマンスの為のコアエクササイズ(脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険だが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になる)

…、スピード、パワー、アジリティへの漸進が含まれます。 ここで注意が必要な項目は、脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険ですが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になります。 特に脊椎/コアの発揮する力が大きい場合は(デッドリフトなど)、脊椎の速度(筋長を変化させるための屈曲)を遅くしなければなりません。 逆に脊椎の速度が速い場合(ゴルフなど)は、(特に脊椎が適正な範囲から逸れ…

競技における加速と減速のバイオメカニクス上の差異(初期の力を吸収するメカニズムとしての役割があるため、減速においては脚の運動学がきわめて重要になる)

…化、体幹、バランス、アジリティ、プライオメトリックの要素を織り交ぜることが望ましい) www.nakajimabonesetter.com スプリントの加速局面と減速局面における接地の運動学的差異 運動学的特性 加速局面(0~10m) 減速局面(0~5m) 接地点に対するCOMの位置 前 後 ステップ長 短 短 ステップ幅 広 広 ステップ頻度 高 高 制動局面 最小化/消滅 最大化 推進局面 最大化 最小化/消滅 関節スティフネス 増加 減少 支持期 延長 延長 着地距離 …

ハムストリング損傷のリハビリテーション(股関節伸展と対側のハムストリング伸張との間に両側性の連結が確認されている為、腰椎-骨盤域における筋の神経筋制御を狙うエクササイズが再発予防に有効)

…etter.com アジリティ&体幹スタビライゼーション群とストレングス&ストレッチ群のリハビリテーションの比較 ハムストリング挫傷後に漸進的アジリティ&体幹スタビライゼーション(Progressive Agility and Trunk Stabilization:PATS)プログラムを実施した被験者と、ハムストリングのストレングス&ストレッチング(SS)プログラムを実施した被験者とが比較されました。 どちらのプログラムも週に最低5回実施され、PATS群は競技復帰後の再発率…

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

…ブリッジ 2 10 アジリティラダードリル:片足ラン、両足ラン、ラテラルラン 3ローテーション 第3週、第4週 シングルレッグバランスサーキット:90°レッグリフト、シングルレッグフィギュア8、ホップtoバランス 2 12 自重スクワット(ホイッスルに従って行う。次のホイッスルが鳴るまで5秒間姿勢を維持する) 2 20 自重スクワット 3 20 自重スプリットスクワット:両脚とも(ホイッスルに従って行う。次のホイッスルが鳴るまで5秒間姿勢を維持する) 2 10 オーバーヘッド…

青少年期におけるアジリティの発達と認知的意志決定過程(シナプス回路の強化とシナプスの剪定が、反応時間短縮と総合的認知能力向上をもたらす)

アジリティパフォーマンスと認知的意志決定過程 Sheppard&Youngらの研究 アジリティパフォーマンスに関連して成長と成熟が認知的意志決定過程に影響を及ぼす影響を見出しました。 子供がある刺激に繰り返しさらされると、既存のシナプス回路の強化とシナプスの剪定が生じ、反応時間の短縮と総合的認知能力の向上がもたらされることが研究によって示唆しています。 この見解を支持する根拠として、多様な競技活動経験における幅と深さが、青少年アスリートの専門的意志決定過程を発達させると示す研…

前十字靭帯(ACL)障害予防のためのトレーニングプログラム(不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的とする)

…させ、筋力、パワー、アジリティを向上させることに重点を置きます。 プライオメトリックトレーニングは、着地時にかかる力と膝関節の外転・内転モーメントを減少させ、ハムストリングの筋力を増加させることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com プライオメトリックトレーニングと他の様式のトレーニングとの組み合わせ プライオメトリックトレーニングと他の様式のトレーニングと組み合わせることで、傷害リスクが低下すると考えられています。 高校女子サッカー選手を対…

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

スピード&アジリティ 青少年におけるスピード&アジリティトレーニング スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。 スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。 www.nakajimabonesetter.com アジリティの多因子の概念 スピードは、状況に左右される競技場面においてアジリティはさら…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

思春期のアジリティ能力 方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12歳の少年よりも14歳の少年のほうがCODSが有意に大きいことが示されています。 またアジリティ関連の課題において、思春期直前は男女が同等の能力を示しますが、成長期開始頃に性差が生じ始めます。 男子の場合、COD…