Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

アジリティ の検索結果:

傷害予防プログラムの共通要素(ジュニア選手においては、股関節屈曲を強調し、大殿筋を使って衝撃吸収することにポイントを置いてトリプルフレクションによる着地動作をしっかりと習得させることが非常に重要)

…ク 競技特性を含めたアジリティランニング www.nakajimabonesetter.com パワーポジション習得の重要性 傷害予防においてパワーポジション、スクワット動作を習得することは基本になります。 パワーポジションにおける適切なアライメントは、前額面において3つの関節(股関節、膝関節、足関節)が一直線状であり、膝関節が足部の上に位置し、内側あるいは外側に位置するようなポジションにならないことになります。 矢状面においては、3つの関節を屈曲(トリプルフレクション)し、…

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

…ブリッジ 2 10 アジリティラダードリル:片足ラン、両足ラン、ラテラルラン 3ローテーション 第3週、第4週 シングルレッグバランスサーキット:90°レッグリフト、シングルレッグフィギュア8、ホップtoバランス 2 12 自重スクワット(ホイッスルに従って行う。次のホイッスルが鳴るまで5秒間姿勢を維持する) 2 20 自重スクワット 3 20 自重スプリットスクワット:両脚とも(ホイッスルに従って行う。次のホイッスルが鳴るまで5秒間姿勢を維持する) 2 10 オーバーヘッド…

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

若年アスリートのパワー発揮(コンタクトスポーツのエリート選手は常に60%1RM以上の負荷でこの動作を行っていると報告されていますが、高校生アスリートに同様の相対的負荷を適用することは受傷リスクを大幅に高めるおそれがある)

爆発的パワー発揮 下肢の爆発的パワーを向上させるには 下肢の爆発的パワー向上に有効でありながら、あまり十分に活用されていないもう一つの特別なエクササイズがジャンプスクワットになります。 ジャンプスクワットはウェイトリフティングやプライオメトリックスのようなレベルの高い協調を必要としません。 バックスクワットをマスターしていて基礎筋力を獲得していれば、ほとんどのアスリートは問題なくこの動作を効果的に実施できます。 ウェイトリフティングにおいて起こりがちな失敗は、関節を完全伸展さ…

青少年期におけるアジリティの発達と認知的意志決定過程(シナプス回路の強化とシナプスの剪定が、反応時間短縮と総合的認知能力向上をもたらす)

アジリティパフォーマンスと認知的意志決定過程 Sheppard&Youngらの研究 アジリティパフォーマンスに関連して成長と成熟が認知的意志決定過程に影響を及ぼす影響を見出しました。 子供がある刺激に繰り返しさらされると、既存のシナプス回路の強化とシナプスの剪定が生じ、反応時間の短縮と総合的認知能力の向上がもたらされることが研究によって示唆しています。 この見解を支持する根拠として、多様な競技活動経験における幅と深さが、青少年アスリートの専門的意志決定過程を発達させると示す研…

Tabata Protocolとは(運動後に続く酸素摂取量の高値は分泌が急増するカテコールアミン等の血中濃度が長く運動前の値に戻らないことによる心拍数の高値や、筋のナトリウム、カリウム、ATPase等が高値を取ることに関係する)

Tabata Protocol 無酸素性エネルギー代謝量 従来、無酸素性エネルギー代謝量は、酸素負債(Oxygen Deficit)により定量評価されてきました。 酸素負債とは、運動後に長く続く安静時よりも高い酸素摂取量になります。 一方、酸素借とは、最大下の同一運動強度で運動を行っている場合に、運動初期に観察される定常状態(運動開始数分後に観察される酸素摂取量が定量となる現象で、その酸素摂取量が当該運動の酸素摂取量を示しており、これが当該運動強度の酸素需要量となる)よりも低…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

心臓血管疾患とインターバルトレーニング 高強度インターバルトレーニング インターバルトレーニング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレ…

前十字靭帯(ACL)障害予防のためのトレーニングプログラム(不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的とする)

…させ、筋力、パワー、アジリティを向上させることに重点を置きます。 プライオメトリックトレーニングは、着地時にかかる力と膝関節の外転・内転モーメントを減少させ、ハムストリングの筋力を増加させることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com プライオメトリックトレーニングと他の様式のトレーニングとの組み合わせ プライオメトリックトレーニングと他の様式のトレーニングと組み合わせることで、傷害リスクが低下すると考えられています。 高校女子サッカー選手を対…

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

スピード&アジリティ 青少年におけるスピード&アジリティトレーニング スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。 スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。 www.nakajimabonesetter.com アジリティの多因子の概念 スピードは、状況に左右される競技場面においてアジリティはさら…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

思春期のアジリティ能力 方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12歳の少年よりも14歳の少年のほうがCODSが有意に大きいことが示されています。 またアジリティ関連の課題において、思春期直前は男女が同等の能力を示しますが、成長期開始頃に性差が生じ始めます。 男子の場合、COD…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

アジリティパフォーマンス 青少年とアジリティパフォーマンス アジリティはスポーツパフォーマンスに欠かせない要素として認識されています。 特にサッカー、バスケットボール等において重要性が指摘されていますが、いずれも間欠的かつ多方向への移動を伴う性質をもった競技であり、様々な刺激に反応して素早い方向転換を行うことが必要とされます。 またアジリティは、様々な競技パフォーマンスを左右する体力要素である重要な要素でもかかわらず、若年アスリートにおけるアジリティの長期育成モデルは知られて…

可動性ドリル(可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たす)

…ンプ課題、ジャンプとアジリティテスト、その他数多くのパフォーマンスの具体的な測定値を改善させること、さらに静的ストレッチングを用いた場合よりも傷害発生率を低下させることなどが示されています。 さらに、可動性ドリルは、主働筋または安定筋としては十分には貢献しないが、キーとなる筋群をも動員し「活性化」するのに役立ちます。 例えば、大殿筋の不十分な機能は腰痛の原因としてたびたび指摘されている一方、中殿筋と側方の股関節回旋筋群の不十分な筋力と運動制御は、腸脛靭帯炎や膝前部痛のリスク増…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

パワー発揮とスピード スピードとは スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。 ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。 www.nakajimabonesetter.com

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

サッカー選手の身体活動 サッカー選手の激しい身体活動 サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。 したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。 選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてス…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…を最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施するように主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素…

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

…跳び、立ち幅跳び 、アジリティドリル 物体操作系/投てきスキル UEプライオメトリックス スローイング(メディスンボールなど)、打撃(メディスンボール、ハンマーなど)、キャッチ 静的および動的バランス 同様の用語 アジリティドリル、方向転換ドリル、静的および動的バランスドリル 総体的な運動のコーディネーションと制御能力 筋内の発達 発火頻度の調節、発火頻度、運動単位の動員、伸張性/短縮性筋活動による伸張-短縮サイクル 筋間の発達 主働筋/拮抗筋の同時活性化、両手協調性運動、共…

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、サッカーにおける加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性がある)

スプリント スプリント能力と最大速度 スプリント能力は、速度の増加率(加速力)と、達成可能な最大速度によって構成されます。 Bangsboらは、サッカー選手が試合中にスプリントする距離は、1.5mからフィールド長に相当する約100mまで多様であるが、スプリント1回あたりの平均走行距離は約17mであることを見出しました。 この結果は、スプリントの96%が30m以下であり、平均持続時間は6秒以下で90秒ごとに発生し、半数近くのスプリントがm以下であるとする調査結果と一致しています…

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

アジリティテスト アジリティテストとは アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになります。 直線的スピードテストとアジリティテストの結果を比較することによって、アスリートのスピード能力を包括的にとらえることが可能になります。 スプリントテストと同様にアジリティテストの完了に要する時間が少ないほど、パフォーマンスが優れています。 プロアジリティテスト、Tテスト、ヘキサゴンテストなど、多くのフィールドアジリティテストがあります。 www.nakajimabone…

統合的神経筋トレーニング(INT:integrative neuromuscular training)

…スタンス、バランス、アジリティ、プライオメトリックスなど)を組み込んだトレーニングプログラムになります。 また、このトレーニング介入モデルは、スポーツパフォーマンスと傷害予防に対する統合的な視点を確立するために、スポーツの状況下でアスリートの知覚的、認知的な能力を開発することも意図してます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Sa…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

サッカーにおけるアジリティとは アジリティとは アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されています。 素早い動作は、選手の動作の中でわずかな割合(約11%)を占めるに過ぎませんが、平均すると、1人の選手が1試合において約50回の方向転換を行っています。 素早い動作は試合の重要局面で発生することが多く、得失点の明暗を分けます。 サッカーにおいてアジリティは非常に重要であり、様…

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

アジリティテスト サッカーに対してより特異的なアジリティテストとは サッカーに対してより特異性の高いアジリティテストが開発されており、簡単で、よく利用されるものにジグザグテストがあります。 このテストでは、1区画5m×4区画を100°の方向転換を行わせながらジグザグに走らせます。 Mirkovらは、ボールを保持せずに走るのに要する時間と、ボールをドリブルしながら走るのに要する時間の両方を測定することを提案し、そして、ボール無しの場合と有りの場合とのタイムを比較して、その比をス…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

… コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…めに、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処するトレーニング処方を開発し、監督する必要がある一方で、チームの身体能力およびスキルレベルを検討する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期に入る前の一連のテスト スタティックVSカウンタームーブメントバーティカルジャンプ:スコア間の有意差は、下肢筋力またはパワーの相…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

減速動作 競技において重要な減速動作 様々な競技において、停止時あるいは方向転換に先行して急速な減速がみられます。 このような急激な速度の変化は、多くの場合、最小限の距離と時間で発生し、相手の動作や境界線などの外的刺激への反応であることが多くなります。 多くの競技において、身体の速度を素早く落とす活動(減速)が動作の成功において非常に重要であり、減速は即座のあるいは段階的な停止や、方向転換(水平、側方、垂直)の前に身体速度を低下させることが要求される競技において行われ、減速時…

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

…フェイン 反応時間とアジリティ カフェインの摂取が最大筋力に及ぼす影響はわずかですが、カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性があります。 過去数十年間に行われた研究は、単純な手の運動を使って、カフェインが刺激に対する反応時間に及ぼす効果を調べたものに限られていますが、研究結果からは、カフェインのプラスの効果が認められました。 反応時間と関係のあるもうひとつの分野はアジリティになります。 アジリティは爆発的な減速と方向転…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

…すが、横への動作にはアジリティの要素が組み込まれています。 www.nakajimabonesetter.com 方向転換と有酸素性機構の関係性 Youngらは、方向転換の回数が増えるにつれて相関関係が低下し、一般的な分散が増加することを見出しました。 しかし、Bangsboのテストには1回の、しかも複雑ではない方向転換が含まれているだけなので、スピードテストとしては依然として妥当性があります(r=0.92、p<0.01)。 Sayerらは、国内レベルの大学生選手のFIが0.…

ジュニア競技選手の傷害予防プログラム(FIFA-11プログラムは体幹の安定化、ハムストリングのエキセントリックトレーニング、バランスエクササイズによる固有感覚受容器の向上、下肢筋群の動的安定化とプライオメトリックによる神経筋コントロールの要素を含んでいる)

…を反映させた機能的なアジリティランニングが加えられたFIFA-11+プログラムが開発されています。 ジュニアスポーツにおける傷害予防(米国では傷害予防対策のひとつとして、早期に専門化を行わず、ジュニア期には多様な種目を経験するように提言されている) www.nakajimabonesetter.com PEP(Prevent injury and Enhance Performance)プログラム PEPプログラムは女子サッカーや女子バスケットボールのチームで用いられ、それは…

青少年に推奨される統合的神経筋トレーニング(成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれる)

神経筋トレーニングプログラム 神経筋トレーニングプログラムは、多くの要因を考慮に入れるために、各アスリートに併せて個別に計画すべきです。 それらの要素には、成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれます。 青年期までの安全かつ有効で、楽しいINTへの参加を実現するには、有資格者の専門職による指導と監督が不可欠になります。 より高強度のエクササイズバリエーションや関連種目に進む前に、各アスリート…

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御 フィードフォワード制御とフィードバック制御 フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されています。 この理由から、フィードフォワードは着地や減速またカッティング時の動的な安定…

姿勢安定性の不足と傷害リスク(ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存している)

姿勢安定性 姿勢安定性とは ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存します。 現在のところ、バランスと下肢の傷害リスクとの関係は特に傷害歴のある人では、姿勢安定性の不足と傷害の発生頻度との間に有意な相関関係を見出しています。 姿勢安定性を評価するために使われる方法は、様々であり、先行研究と比べて対照的な結果となることもあります。 www.nakajimaboneset…