Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー の検索結果:

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

…o IRテスト プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果 プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果は、プロサッカー選手の競技レベルの違いを反映させることが報告されています。 国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされていますが、同じようにYo-Yo IR2テストの結果も、国際レベルの選手のほうが優れています。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yo IR2テストの結果と競技レベ…

トレーニングのためのバイオバンディング(統合的な発達を重視すること、科学的エビデンスと実践現場や包括的スポーツパフォーマンスチームの専門職に基づいて行うべきである)

… 英国の多くのプロサッカークラブはすでに、コンディショニングを目的とし、生物学的能力の評価を用いて選手をグループ分けしています。 またそのような取り組みは、若年アスリートのために一人ひとりに合わせた発達上適切なトレーニングプログラムを作成するためにも利用できます。 www.nakajimabonesetter.com 「準備状態(Readiness)」 各アスリートを技術的、心理的、また成熟的特性に基づいてランク付けすることは(例えば、胴レベル=技術的能力が不十分で、思春期前…

バイオバンディングにおける成熟の個人差と発達上適切なトレーニングプログラムの提供(思春期の成長スパートは、青少年がオーバーユース傷害と成長に関連のある傷害を一層負いやすくなる期間である)

…ています。 少年サッカー選手の間でみられるオスグッド・シュラッター病やシーバー病などの骨端関節外傷のお客数の増加は、思春期の成長スパート中かその直前でそれぞれ最大となり、その発生曲線は身長の成長速度曲線に非常に似ています。 シーバー病の発症率の初期の増加は、足の成長スパートが大概、上腿部や下腿部の成長よりも6ヶ月早く起こるという事実を反映しています。 この理由付けと一致して、オランダサッカーアカデミーの選手のオーバーユース傷害は、予測されるPHV年齢とその直前で増加することが…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…、バスケットボール、サッカーなど)には、数多くの選手を特定のエリアに留めておくための明確な境界線が存在します。 そのような競技における減速は、他の選手の動作(マークする、マークを外す、衝突を回避する)に対する反応として発生したり、競技エリアに留まるために発生します。 このような条件下では、様々な距離や時間にわたって、異なる速度からの減速が要求されます。 対照的に、個人競技(テニス、スカッシュ、バドミントンなど)では、主として敵が行うショットの選択に応じて、きわめて短い距離での…

EMSトレーニングが競技パフォーマンスに及ぼす効果(最大筋力、無酸素性発揮パワー:垂直跳びとスプリント能力の有意な向上が認められた)

EMS

…10 Billot サッカー Q 5(3) I-LE;100 ↑筋力、シュート ※↑=増加、BB=上腕二頭筋、C=短縮性、CM=カーフマシン、G=殿筋、E=伸張性、I=等尺性、LD=広背筋、LE=レッグエクステンション、MT=運動閾値、OC=オープンチェーン、PC=プリーチャーカール、Q=大腿四頭筋、S=スクワット、SC=スタンディングカーフ、TS=下腿三頭筋 www.nakajimabonesetter.com EMSとプライオメトリックトレーニングなどの技術的トレーニング…

身体における成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

…ppaertsらは、サッカー選手を対象にして、ほとんどの体力・運動能力が身長と同じようにPHV年齢において最大発達を示すことを報告しています。 ただし、無酸素性能力や下肢筋パワーについてはPHV年齢以降の1~2年にわたって大きく発達することも示しています。 ここで注意が必要なのは、発育スパートを迎えるタイミングが選手によって異なり、PHV年齢には最大5歳程度の個人差があることです。 そのため、同じU-13チームにも発育スパートを早く迎えPHVを過ぎた早熟な選手と、これからPH…

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

バイオバンディング S&Cの環境 バイオバンディングは当初、試合で対戦する選手同士のつり合いを取ることを目的として提案されていますが、それはS&Cの環境でも同様の潜在的妥当性があります。 現場指導者に対してはこれまで長い間、若年アスリートのためのトレーニングプログラムを作成する際、成長と成熟の個人差に適合させることを推奨されてきました。 例えば、小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成される一方、思春期後の青少年は、筋線…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…、中学生年代におけるサッカー選手の指導においては、Yo-Yo IR2テスト以外にも、選手の有酸素性能力を身体の成熟段階の影響を受けることなく評価可能なテストが必要と考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bangsbo J F,M,Iaia,and P,Krustrup,The Yo-Yo intermittent recovery test a useful tool for evaluation of physical perfor…

才能評価のためのバイオバンディングの事例(英国サッカーではElite Player Performance Planとして、全プレミアリーグとカテゴリー1の選手要請機関は、年に3回、標準化された一連の体力テストを実施している)

…ディングの事例 英国サッカーではEPPP(Elite Player Performance Plan=エリート選手養成プラン)として、全プレミアリーグとカテゴリー1の選手要請機関は、年に3回、標準化された一連の体力テストを実施しています。 それぞれのクラブからのデータは、プレミアリーグの選手管理アプリケーションに入力され、リーグ全体に及び、また年齢や成熟度別の比較を作成するために用いられます。 同様の基準で、英国のローンテニス連盟(LTA)も、またバースラグビーフットボールク…

バイオバンディングに関する相対的年齢効果(競争選抜の年の最初の四半期(1~3月)に生まれた選手は、競技適正テストの総合指数の絶対平均値が最も高くなった)

…ラムに登録した青少年サッカー選手で、競争選抜の年の最初の四半期(1~3月)に生まれた選手は、競技適正テストの総合指数の絶対平均値が最も高くなりました。 しかし、そのスコアは、発達曲線を基準にして比較すると、当該年齢の中間値より低くなり、すなわち、最年長の選手は、同年齢のグループ内では最も優秀なパフォーマンスを示すが、発達曲線に関連づけて評価すると最も弱くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 同年の遅い月(10月~12月)に生まれた選手 反対に、同…

成人期になるまでのバイオバンディング(思春期に観察される体格や機能の成熟に関連する個人差は、成人期になると縮小することが多く、逆転することさえある)

…ェスターユナイテッドサッカーチームの元監督で「Leading」の著者。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Ski…

健康の生理学的指標にサーキットトレーニングがもたらす効果(週3日50~60%1RM強度で10週間行う事でHDL値上昇、グルコース処理能力も改善する)

健康の生理学的指標 健康の指標とのサーキットトレーニング サーキットトレーニングを週3日、50~60%1RM強度で10週間行うと、身体組成の変化によって健康が増進するだけではなく、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)の値が有意に上昇する可能性があります。 3セット、10ステーションのサーキット1回を、30:30秒の運動-休息比、および上記と同様の運動強度で行った後にも、急性HDL-C値(エクササイズの1時間後の値)に同様の上昇が認められました。 www.nakaj…

プレミアリーグにおけるバイオバンディング(選手を暦年齢ではなく生物学的成熟度に基づき、長期的なアスリートの育成に成長と成熟を応用している)

…ています。 英国サッカーの「エリートプレイヤーパフォーマンスプラン(EPPP:Elite Player Perfomancf Plan)」の一部として、同リーグは、最近、バイオバンディングによるサッカートーナメントの実施を試みました。 このトーナメントでは、選手を暦年齢ではなくむしろ生物学的成熟度に基づいてグループ分けしました。 バイオバンディングによるトーナメントに出場した選手の経験と受け止め方は、一連のフォーカスグループ調査で把握され、早熟な選手も晩熟な選手も自らの経験を…

バイオバンディングにおける晩熟な選手(競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手から外される可能性が20倍も高くなると報告されている)

…著しく高く、あるプロサッカークラブの育成選手のサンプルにおいて、競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手から外される可能性が20倍も高くなると報告されています。 生年月日も成熟のタイミングも、どちらもアスリート自身がコントロールできない特性があるという事実を考えると、この観察結果は特に憂慮されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E La…

育成年代のサッカー選手におけるYo-Yo IR2テスト(上の年齢カテゴリーほどYo-Yo IR2テストの結果は優れており、また同じカテゴリーでも春季より秋季のほうが高い傾向にある)

育成年代のサッカー選手におけるYo-Yo IR2テスト 年齢カテゴリーとYo-Yo IR2テスト 上の年齢カテゴリーほどYo-Yo IR2テストの結果は優れており、また同じカテゴリーでも春季より秋季のほうが高い傾向にあります。 このような傾向は、日本代表選手にも確認されており、U-14代表、U-16代表、U-18代表、A代表のそれぞれで、622、781、935、1,019と報告されています。 すなわち、Yo-Yo IR2テストの結果は暦年齢の強い影響下にあることがわかります。…

アンテリアおよびポステリアセラーぺ(ランニングから投球動作、バーベルを持ち上げる動作(例:デッドリフト)まで、あらゆる動作を実行する際に身体が用いる力発揮パターンを容易に追跡する手段となる)

…椅子から立ち上がる、サッカーボールを頭上に投げ上げる、垂直飛びを行う、飛び込み競技のエビ型を決める、またバーベルをデッドリフトするなど、垂直方向の動作では、APSの両方の対角線パターンが同期的に協調するため、左右の体幹および両脚が力を発揮して回旋動作は発生せず、McGillが「スーパースティフネス」と呼ぶコアの状態を作り出します。 なお、アンテリアセラーぺのすべての筋群が収縮すると、サッカーボールを投げたり、飛び込み競技でエビ型を決めたりする動作が可能になります。 反対に、ポ…

成熟に関するバイオバンディング(成熟を推定する2つの非侵襲的で実行可能な人形態学的方法として予測最終身長とMaturity Offsetがある)

….0~15.25歳のサッカー選手の観察記録になります。 サンプル数は限られていますが、身長が予測最終身長(PAH)の<85.00%および≧85.00から<90.00%の選手の大部分は、それぞれ思春期前(PH1)と思春期前記(PH2)の段階になります。 PAHの≧90.00から<95.00%および≧95.00%の選手の大多数は、それぞれ思春期中期(PH3)と思春期後期(PH4)の段階になります。 同様にPHVは最終身長の88~96%の間で起こる傾向にあり、およそ92%ピークに達…

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

生体エネルギー論 無酸素性エネルギー供給機構 最大パフォーマンスを維持するには、エネルギーを利用する身体能力を向上させることがきわめて重要になります。 エネルギー利用効率を平行して増加させなければ、最大パフォーマンスによる高エネルギー要求を持続的に満たすことは不可能であり、したがってパフォーマンスを低下させることになります。 アデノシン三リン酸(ATP)は身体の一時的エネルギー源であり、無酸素的および有酸素的代謝によって産生、補給されます。 無酸素的エネルギー供給機構には、ホ…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

… バレーボール、サッカー、および女子バスケットボールチームでは、「ビープ」テスト(20mシャトルラン)を好んで実施しており、また、サッカーチームは男女とも、今なお1マイル走や「クーパー」テストを行っています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength C…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…リカンフットボール、サッカー、ラグビー、バスケットボール、水泳など、大きな体格や筋力そしてパワーが望ましい特性とされるスポーツに魅力を感じ、また実際に選手として選抜される可能性が高くなります。 www.nakajimabonesetter.com 女子の成熟のタイミング 女子の成熟のタイミングが身体的および、心理的に及ぼす影響は、男子で観察されるほど直接的ではなく、少年らと同様、仲間より早く成熟する少女は、より背が高く、より体重が重く、そして急激な思春期の成長スパートを経験し…

Yo-Yo Intermittent Enduranceテストとは(Yo-Yo IEテストは、Yo-Yo IRテストと同様に間欠的に20m区間の往復ランニングを行なう)

…etter.com サッカー選手の”間欠的持久力(Intermittent Endurance)” Bangsboらは、Yo-Yo IEテストは、比較的、有酸素性エネルギー供給系へ負荷するテストであり、その結果はサッカーの試合における総移動距離と相関し、サッカー選手の”間欠的持久力(Intermittent Endurance)”をみるテストだと説明しています。 一方、Yo-Yo IRテストが強調する点は、高い競技レベルにおいて、より重要とされる”高強度ランニング”を繰り返す…

ハムストリング損傷と神経筋トレーニングの重要性(固有受容器および腰椎-骨盤の神経筋制御強化が障害を予防・減少させる)

…れていると主張され、サッカー選手に対しても適用されました。 そして、シングルレッグバランス、テイクオフエクササイズ、ランディングエクササイズなど、サッカー用の神経筋制御を向上させるとみなされている様々なエクササイズで構成されたプログラムが調査されました。 その結果、女子サッカー選手において非接触型のハムストリング損傷の減少が認められ、この固有受容性バランストレーニングプログラムは効果的であることが見出されました。 3年間の前向きプログラムではの終了後、非接触型のハムストリング…

サッカーにおける心拍計の活用(シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心拍数は異なるので、運動直後の回復力(乳酸クリアランス)に注目する)

サッカーにおける心拍計の活用 心拍計の活用 サッカーは試合の中で運動強度が激しく上下するため、高強度の運動を少ない回復時間で何度も繰り返す間欠的な持久力が要求されます。 乳酸クリアランスなどを向上させる体力作りがサッカーの競技場面で必要な能力の向上へと繋がります。 www.nakajimabonesetter.com コンディションにより最大心拍数が異なる 例えば、3ヶ月間、定期的にテストを行ない、心拍数の記録を取ります。 シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心…

ハムストリング損傷のリスク因子(ハムストリング挫傷はランニング中に発生し、一般に走行サイクルの遊脚末期に発生する)

…。 また、プロのサッカーチームを対象とした2年間の分析によると、全傷害の12%がハムストリング挫傷でした。 ハムストリング損傷の再発率 ハムストリング挫傷は回復にかなり時間を要することが多く、再損傷する可能性が長期間におよびます。 文献において報告されている再発率は、調査対象、利用された介入、およびフォローアップ期間に応じて異なります。 オーストラリアンフットボール選手を対象として858件のハムストリング挫傷を分析した結果、競技復帰後1週間の再発率は12.6%、競技復帰後2週…

前十字靭帯損傷(ACL)と神経筋トレーニング(着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節屈曲モーメント、外反モーメントを減少、膝関節の最大外反角を減少させる)

…にバスケットボール、サッカー)において、着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節の屈曲モーメントと外反モーメントを減少させ、さらに膝関節の最大外反角を減少させることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋系トレーニングとパフォーマンス また、神経筋トレーニングは、パフォーマンスを向上させることも示されています。 ある研究では、バスケットボール、サッカー、バレーボールの選手を対象として、プライオメトリックトレーニング、コアの強化とバランス…

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

前十字靭帯(ACL)損傷

…、バスケットボール、サッカー、スキーなどのスポーツ中に発生することが多く、ジャンプから着地、方向転換、急停止時に発生しやすいです。 コンタクトスポーツによる接触損傷や交通事故などでもACL損傷は発生します。 受傷時は、プツっという断裂音、膝の疼痛で競技を続行できないことがほとんどで、その後、膝の腫脹、可動域制限(完全伸展不能)が出現します。 関節穿刺で、関節血症がみられます。 半月板損傷やMCL損傷のほか、脛骨外側顆の裂離骨折や脛骨顆間隆起の骨折をともなうこともあります。 長…

Tabata Protocolとは(運動後に続く酸素摂取量の高値は分泌が急増するカテコールアミン等の血中濃度が長く運動前の値に戻らないことによる心拍数の高値や、筋のナトリウム、カリウム、ATPase等が高値を取ることに関係する)

Tabata Protocol 無酸素性エネルギー代謝量 従来、無酸素性エネルギー代謝量は、酸素負債(Oxygen Deficit)により定量評価されてきました。 酸素負債とは、運動後に長く続く安静時よりも高い酸素摂取量になります。 一方、酸素借とは、最大下の同一運動強度で運動を行っている場合に、運動初期に観察される定常状態(運動開始数分後に観察される酸素摂取量が定量となる現象で、その酸素摂取量が当該運動の酸素摂取量を示しており、これが当該運動強度の酸素需要量となる)よりも低…

前十字靭帯(ACL)損傷と女性選手(解剖学的因子:顆間切痕幅と膝関節の弛緩、ACL伸張強度や月経状態などの成長因子、性ホルモン因子とバイオメカニクス的因子:動作パターン、筋力不均衡、筋活動パターン)

…に発生しており、特にサッカー、バスケットボール、フットボールなど、ピボットやカッティング(切り返し)動作が頻繁に行われるスポーツに多くみられます。 そしてACL損傷の大多数は他の選手との激しい接触が原因ではなく、減速、加速、踏み込み+カッティング動作、突然の方向転換、ジャンプの着地中などの膝関節に過剰な負荷がかかる動作において発生しています。 www.nakajimabonesetter.com 女性アスリートと膝関節 一般に女子アスリートには、膝関節の外反が起こり着地中の膝…

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

…の大きさは、高校女子サッカー選手において、カッティング中の股関節の外転もしくは内反モーションの大きさを予測することが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 着地時の股関節の角度 女子バスケットボール選手とサッカー選手はまた、着地中の股関節の内転角も大きく、これが膝関節の外反モーションを招いているとも考えられています。 しかし、股関節の内転モーメント単独では、ACL損傷の危険因子にはならないとみられています。 さらに、男子と比べて女子アスリートは…