Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー の検索結果:

コンプレックストレーニングとは(神経系、筋系、精神運動系の特性を引き出すことによって、後に続くエクササイズの発揮パワーを増大させる)

パフォーマンスとコンプレックストレーニング 多くの競技では、最適なパフォーマンスを発揮するために筋力とパワーの両方が求められます。 しかし時間の節約により、筋力とパワーの向上を促すトレーニングと回復に十分な時間を割くことは困難な場合が多く、コンプレックストレーニング(CT)は、筋力とパワーを同一セッション内で強化できる、効率的なトレーニング方法になります。 www.nakajimabonesetter.com

サッカーのミニゲームに基づくピリオダイゼーション(ランニングインターバルトレーニングの効果が類似しており、統計的有意差は認められなかったことを報告している)

…チームスポーツであるサッカーがもつ特異的な要求に応えることで、公式戦に対する貴重な準備を提供できます。 一方、予測不可能な状況を最適なレベルで保証することもできるため、学習の多様性を高め、意思決定と創造性を発達させることもできます。 しかもミニゲームは、選手の動機づけや取り組みレベルの高さと密接に関係します。 この10年間にミニゲームに関する多くのスポーツ科学研究が行われており、それらによると、ミニゲームでは、11名で行なう通常の試合と比較しいてほぼ同程度か、むしろ高い心拍数…

サッカー選手における傷害予防(筋力の増大{および結合組織の適応に対して同時に生じる利益}、筋のアンバランスへの対処{特に大腿}、運動メカニクスの改善{ランニング、方向転換、着地}などの傷害予防策を目的としたエクササイズやドリルは非常に重要になる)

傷害予防 サッカーはコンタクトスポーツに分類され、大多数の接触はボールの支配を争っている対戦相手との間で起こり、このようなスポーツでは、負傷は避けにくく、その重症度も様々に異なります。 上級レベルの男子サッカー選手は毎年ほぼ1回、パフォーマンスが制限されるような傷害を負うことが報告され、その結果、トレーニングや試合に参加できない日数は平均24.2日に達します。 これらの避けられない傷害はトレーニング中よりむしろ試合中に起こる可能性が高いと思われます。 Arnasonらは、上級…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

…リカンフットボールとサッカーは生理学的要求が異なるため、サッカーは有酸素性運動としての特徴がより際立つ競技であり、高いレベルの疲労とコルチゾール濃度を伴います。 そのようなサッカーにとって、目標は筋力低下を最小限に抑えることといえます。 試合期のメゾサイクルの例 インシーズン(試合期) セッション1 負荷 セット数レップ数 セッション2 負荷 セット数レップ数 ラックプル 70%1RM 5×3 パワークリーン 80%1RM 5×3 1/2バックスクワット 90%1RM 3×3…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(有効なトレーニング環境にするために一般的準備期、競技特異的準備期の組み方がある)

…ニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編 (footballista) 作者:山口遼 発売日: 2020/04/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) 「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista) 作者:林舞輝 発売日: 2020/04/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) 日本人に教えたい 戦術的ピリオダイゼーション入門 作者:ティモ・ヤ…

CMJの定義(「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う)

…ボールのリバウンドやサッカーのゴール上部でのボールのブロックなど、特定の運動でよくみられる特異的な運動になります。 www.nakajimabonesetter.com CMJのメカニズム CMJがなぜSJよりはるかに大きな垂直方向の変位をもたらすことができるのか、そのメカニズムには多くの仮説があります。 筋間コーディネーションの増加説から、蓄積された弾性エネルギーのRFD増大への再利用説まで様々です。 力発揮に寄与すると思われる、CMJの運動と関連があるメカニズムのひとつは…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…リオダイゼーションはサッカー選手には必ず適しているとはいえません。 なぜならば、サッカー選手が、シーズン前のトレーニングでピークに到達したとするならば、その後、最長35週間もその状態を維持しなければならないからです。 そのため、伝統的なピリオダイゼーションは、オフシーズンやプレシーズン中には適していますが、シーズン中のチームスポーツには、非伝統的な(非線形の)ピリオダイゼーション形式がより適切であることが示唆されています。 この種のピリオダイゼーションは、同時に複数の目標を達…

サッカーにおけるプライオメトリックトレーニングの貢献(ジャンプとホップの跳躍高が増加、接地時間短縮、力の立ち上がり速度向上、方向転換能力に寄与する)

… これらの調査結果はサッカーに限定されるものではありませんが、サッカー選手に特異的な多くの競技動作に直接転移可能であると想定されます。 www.nakajimabonesetter.com トレーニングの漸進 Flanagan&Comynsは、以下の段階を経たトレーニングの漸進を推奨しています。 伸張性負荷と正確な着地のメカニクス(ドロップランディングなど)を習得する。 短いGCTを促しながら、低強度で高速のプライオメトリックトレーニング(アンクリングなど)を行う。 短いGC…

サッカー選手のパワーに与える要因(筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、SSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれる)

サッカー選手のパワーに与える要因 パワーに影響を与える要因としては、筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、さらにSSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれます。 したがって、パワーは本質的な多面的な能力であり、トレーニングには多面的なアプローチが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 爆発的レジスタンストレーニング このトレーニング様式は、例えば、スローやジャンプのように、短縮性活動の最終時点で外部抵抗を取り除く(投げ出すか解き放…

サッカー選手における筋力とパワーの重要性(跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)、30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係がある)

筋力とパワー サッカーでは、キック、スプリント、タックル、ジャンプなど、繰り返し大きなパワーを発揮する運動が行われます。 スプリント能力とジャンプの跳躍高を含むパワー発揮能力の測定値は、サッカーのパフォーマンスと明らかに相関することが知られており、跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)および30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係があります。 カウンタームーブメントジャンプ(CMJ)は主に下半身のパワーを測…

休日の急患対応

当院は、休日も急患の対応を致します。 いつでも連絡お待ちしております。 先日は、前腕の骨折の疑いの患者様から連絡があり、対応いたしました。 前腕1 前腕2 近隣で、提携しているクリニックは休日も診療しており、連絡して対応していただきました。 ケガをしたとすぐに連絡をくださった患者様、いつもお世話になっているクリニックの先生方に感謝です。 前腕3 当院では、超音波画像(エコー)検査も行っております。 超音波画像にて、患部の状態(筋損傷や骨折の疑いなど)を診ることができます。 中…

サッカーにおけるアジリティ(サッカー選手は、1秒を争う試合の重要な局面で方向転換を2~4秒に1回行い、試合中に合計1,200~1,400回も方向転換をおこなっている)

アジリティ サッカー選手は、方向転換を2~4秒に1回行い、試合中に合計1,200~1,400回も方向転換をします。 俊敏な動作は、1秒を争う試合の重要な局面で起こり、試合の結果を左右する大きな違いを生みます。 様々な幅広いスポーツから男女の上級アスリートについて調査すると、彼らは視覚的な探査能力に優れていること、そして、素早く正確に反応することが示されています。 早いペースで様々な運動を生み出す能力は、サッカーのパフォーマンスに強い影響を与えることを考えると、サッカー選手にと…

サッカーにおける加速力とスピード(平均すると17m、スプリント約96%が30m以下、持続時間は平均6秒以下、90秒に1回の割合でスプリントをおこなっている)

…ドを向上させるには サッカーに特異的なスピードを向上させるためには、知覚行為結合(perception-action coupling)を取り入れて、知覚要素や意思決定要素の発達を促すことが必要になります。 Gambleは、スピードパフォーマンスのトレーニング可能な決定因子は、神経筋のスキルとコーディネーション、姿勢の制御と安定性、筋力特性、移動運動の筋群の力学的特性と形態的特性、そしてストレッチ-ショートニングサイクル(SSC)であると特定しています。 www.nakaji…

サッカーにおける反復スプリント能力(短い回復時間{≦60秒}により分断された一連のスプリント{≦10秒}において、最高のパフォーマンスを発揮する能力と定義される)

…られます。 しかし、サッカーの場合は、この運動-休息比が、競技のポジションによって、またどのレベルで試合をするかによって非常に大きな影響を受けることを考慮する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 反復スプリントトレーニングの目的 反復スプリントトレーニングでは、ホスホクレアチン(PCr)の回復量の増大を目指す必要があることが示唆されています。 これは、一方では、枯渇したPCrの大部分を補充できる十分に長い時間でありながら、同時に、適切なトレー…

サッカーのミニゲーム(SSG:small sided game)とは(4対4の場合、相対的VO2maxの平均値は82%、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、試合よりも各選手の高強度運動の回数は多く、ボールの支配時間も長くなる)

…を意図して開発されたサッカーに特異的なトレーニングプロトコルになります。 このようなSSGは通常、複数回のインターバル形式で行われ、選手の数もピッチ位の大きさも様々に異なり、ルールも変更されます。 SSGでは、選手に相当大きな有酸素性、無酸素性の負荷がかかることが報告されています。 4対4の試合の場合、相対的VO2maxの平均値は82%で、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、実際の試合(11対11)よりも、各選手の高強度運動の回数は多くなり、またボールの支配時間も長…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…ーバルトレーニング サッカーは高強度運動を繰り返し行う間欠的なスポーツとして特徴づけられます。 そのため、トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要があります。 高強度インターバルトレーニング(HIIT:High-intensity interval training)は、同じ力学的運動と持続時間を使って連続的に行うトレーニングに比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告されています。 …

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

サッカー選手のストレングス&コンディショニング サッカーは高強度で間欠的なコンタクトチームスポーツとしての特徴をもち、その競技パフォーマンスの成功には、多数の鍛え抜かれた身体的、生理学的能力が必要になります。 必要とされる技術的また戦術的なスキルの他にも、サッカー選手は、高いレベルの有酸素性、無酸素性コンディショニングを維持し、スピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com…

若年サッカー選手における高い受傷率を引き起こすメカニズム(神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されている)

…m まとめ 若年男子サッカー選手の受傷リスクは、特に成長と発達が加速する臨界期において上昇する可能性がある。 「スキル」という用語の定義をより明確にし、競技の技術的な熟練度と、動作能力の高さを区別する必要があり、また、妥当性が実証されている方法を用いて、若年選手の動作能力を評価する必要がある。 疲労や既往歴といった交絡因子が受傷リスクを高めることを認識し、このことは、適切なスクリーニングプロトコルにより神経筋コントロールの変化を発見し、トレーニング量を管理するモニタリング法を…

低酸素と筋肥大(低酸素状態は乳酸除去率を低下させ乳酸の増加はタンパク同化ホルモンとサイトカインの上昇をもたらす)

…究を重ねた持久力鍛錬デバイス〕短時間で減量 ランニング サッカー バスケ クロスフィット TRAININGMASK (Black, M)メディア: その他 トレーニングは酸素不足との戦いである――2020東京オリンピック・パラリンピックへむけた最新のトレーニング理論作者:宮下充正発売日: 2016/12/25メディア: ムック 高地トレーニングと競技パフォーマンス (KSスポーツ医科学書)作者:Wilber,Randall L.発売日: 2008/10/02メディア: 単行本

既往歴に潜む傷害発生の危険因子(ハムストリングス、鼠径部、および膝関節を受傷した選手が、翌シーズンに同じ傷害を負う確率は2~3倍に上る)

…の既往歴を有する男性サッカー選手は、同じ部位に再受傷するリスクが高くなりました(オッズ比前者が4.6、後者が5.3)。 Ekstrand&Troppが、男性サッカー選手639名を1シーズンにわたって追跡した調査では、足関節捻挫の既往歴を有する選手の受傷リスクが2.3倍に上りました。 また若年男子サッカー選手においても、この危険因子を裏付けるデータが報告されており、既往歴を有する男女選手(年齢範囲U12~U18)が再受傷するリスクは2倍に上りました。 さらに、既往歴が2回以上の…

子供が疲労に対して示す反応(ハムストリングスの筋活動のタイミングと速度が変化すると、脛骨の安定性が低下、それにより脛骨の前方移動が増大するため、ACLが受ける機械適応力が増大する)

…されています。 欧州サッカー連盟(UEFA)に提出された報告書では、思春期前、思春期、思春期後の女子において、短時間の模擬的サッカーを用いた疲労プロトコルを実施後、下肢スティフネス、電気力学的遅延、および機能的な大腿四頭筋とハムストリングスの筋力比に違いは見られないとのデータを示しています。 これらの変化は年齢と成熟度により異なり、思春期前と思春期の女子は、前者が電気力学的遅延、後者が機能的な大腿四頭筋とハムストリングスの筋力比において最大の変化率を示したが、これらは動的な関…

漸進のモデルピリオダイゼーション(トレーニング反応に影響を及ぼすものは負荷だけではなく、量的負荷のほうが及ぼす影響はむしろ大きい可能性がある)

… NSCA.com 「戦術脳」を鍛える最先端トレーニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編 (footballista)作者:山口遼発売日: 2020/04/30メディア: 単行本(ソフトカバー) 競技力向上のトレーニング戦略作者:テューダー ボンパ発売日: 2006/07/01メディア: 単行本 アスリートは歳を取るほど強くなる: パフォーマンスのピークに関する最新科学作者:ベルコビッチ,ジェフ発売日: 2019/10/15メディア: 単行本

なぜ疲労が高まると傷害発生率があがるのか?(若年選手が疲労状態に陥ると床反力に耐える能力が低下、筋活動が低下することで、骨に加わる負荷が増大することを示唆している)

…報告されています。 サッカーにおいては、疲労が高まると傷害発生率が上昇することが、プロ成人男性選手、およびエリート若年男子選手の両方で報告されており、前者は試合前半、後者は試合後半の終わりが近づくほど傷害の発生頻度が高まります。 この時間枠において、神経筋の機能とコントロールが低下している可能性が考えられ、それを裏付ける近年の研究データは、短時間のサッカー関連の疲労プロトコルを実施後、女子選手では、電気力学的遅延が増加し、また男子選手ではフィードフォワードに基づく反射活動が低…

若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作とは(神経筋コントロールが変化した際の走動作、ひねり動作、回転動作、過度の伸張動作、着地動作があげられる)

若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作 若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作は、走動作、ひねり動作、回転動作、過度の伸張動作、および着地動作になります。 そのような動作を実行する際の神経筋コントロールが変化することが受傷機序と考えられています。 神経筋コントロールとは、関節で生じる動作と力に備えて、あるいはそれらに反応して動的制御を働かせ、機能的な関節安定性を提供すること、と定義されています。 神経筋コントロールが低下すると、受動的な靭帯構造に過度のストレスが加わり、そ…

ロコモ予防

自粛期間中、自宅で過ごすことも増えていると思います。 自宅でも、外でも出来る体幹トレーニングを少しづつ紹介していきたいと思います。 是非やってみて下さい。 体幹トレーニング ラインスクワット www.nakajimabonesetter.com 体幹トレーニング KOBAトレ コバトレ 高機能性トレーニングマット KOBAファンクショナルマット <br />木場克己 プロデュース 野球 サッカー 世界一受けたい授業 メディア: その他 中島恵

若年サッカー選手における動作スキルのレベルと傷害の関連(神経路を刺激することは、運動プログラミング、予備的な筋活動、反射的な神経筋応答の向上をもたらし、動的な関節の安定性と運動スキルが向上する)

…スケットボール選手とサッカー選手を対象にした7年分の調査において、選手のスキルレベルと前十字靭帯(ACL)損傷の発生リスクの間に関連性がなかったことを明らかにしています。 また、女子選手の場合、スキルレベルが高いことは、下肢と背部の傷害の危険因子であることが報告されています。 対照的に男子サッカー選手のスキルレベルと傷害の関連性については、下肢の傷害の発生率が低スキルで2倍に上り、得に膝関節と足関節の傷害が多いと報告されています。 www.nakajimabonesetter…

若年サッカー選手の傷害危険因子と生理学的システムの成長と発達(骨と筋腱複合体の成長速度のずれは、弛緩時に関連組織が受ける力を増大させ、骨端線の牽引損傷を引き起こす要因の一つとなる)

…発生に影響を及ぼし、サッカー選手で特に多発するのは11~14歳、さらに男子の場合には13歳以下と14歳以下の年齢層に最も多くみられます。 この骨と筋腱複合体の成長速度のずれは、弛緩時に関連組織が受ける力を増大させ(先行研究では組織への前負荷と呼ばれる)、また骨端線の牽引損傷を引き起こす要因の一つと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 筋の長さのずれとは 筋の長さにもずれがあることが報告されています。 筋横断面積の成長にも、同じくずれがあるこ…

若年サッカー選手における傷害危険因子(9歳~15歳の期間に直線的に受傷率が上昇する事、特に最大成長速度(PHV)が出現する13歳前後で躊躇な上昇を示す)

若年サッカー選手の傷害危険因子 近年の研究により女子サッカー選手の傷害を引き起こす様々な危険因子と傷害予防の重要性が明らかになっています。 若年男子サッカー選手において報告されている傷害は、主に下肢の傷害であり、非接触型傷害の発生がより高く、特に多いのは足関節と膝関節の捻挫になります。 具体的には、内側側副靱帯(MCL)と前距腓靭帯の傷害が最も報告件数が多くなっています。 www.nakajimabonesetter.com 成長と成熟 若年アスリートにおいて、競技関連の傷害…

筋肥大のメカニズム(骨格筋が過負荷の刺激にさらされると収縮タンパク質(アクチンとミオシン)のサイズと量、サルコメア(筋節)の数が同時に増加する)

…リフティング、野球、サッカーなど主要な目標になります。 被験者が非鍛錬者の場合、レジスタンストレーニングの初期段階では、筋力向上の大部分が神経系の適応に起因するために、筋肥大は事実上起こりません。 しかし、トレーニングを始めて2ヶ月も経つと、筋肥大が最も有力な要因となり、下肢より先に上肢の筋が肥大化します。 遺伝的背景、年齢、性別、その他の要因がトレーニングプロトコルに対する筋肥大反応をもたらし、除脂肪体重の増加量と増加率の双方に影響を及ぼします。 さらに、トレーニング経験を…

バイオバンディングにける アスリートの選抜における相対的な年齢バイアス(より年長な選手、より成熟した選手に対する選択バイアスが存在することが認識されている)

…トランドの多くのプロサッカークラブは、選抜試験を実施しています。 同様に、PSVアイントホーフェンのサッカーアカデミーとの共同研究によると、スカウト時に比較的年長の選手が選抜されやすいバイアスは、年齢順のシャツを着用することで軽減することが示されました。 アスリートの選抜における相対的な年齢バイアスに対処するために、これらの方策をはじめ様々な対策が試みられています。 しかし、報告でも指摘されるように、それらの方法は成熟度の違いは説明しないため、これらの方策の総合的な効果は限定…