Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー の検索結果:

黒コショウとヨヒンビン(ヨヒンビンは、脂肪細胞のαアドレナリン受容体に対する拮抗作用をもち、健康な男性において、体重1kg当たり0.2mg{70kgの男性で14mg}を投与すると、脂肪の代謝を急激に高めることが知られている)

…。 同様に、プロサッカー選手が通常の競技トレーニングを行いながら、1日2mgのヨヒンビンの錠剤を3週間摂取したところ、脂肪量が有意に減少しましたが、筋力やパワーのパフォーマンスに対する影響は認められませんでした。 したがって、体重1kg当たり0.20mg、または1日20mgの短期または長期のヨヒンビンの補給は、脂肪の代謝に変化をもたらすと思われます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,S…

女子サッカーにおけるGPSの利用(GPS分析は、モニタリングやトレーニングに役立つ他、トレーニング目標が達成されていないことをコーチやトレーニングスタッフが知る手がかりとなる可能性がある)

…aらは、エリート女子サッカーチームのトレーニングを1シーズン全体にわたって分析したところ、プレシーズンからシーズン終盤にかけて総移動距離が低下していることから(6.646±111mから4604±110m)、仕事率は低下したと推測されています。 これは試合のスケジュールに伴いトレーニング要求が低下するとの予測に合致しますが、実際には、加速とスプリントパフォーマンスも同じくシーズンを通じて低下したことが、定期的なパフォーマンステストによるモニタリングを通じて明らかになっています。…

GPSによるポジション間の差(ミッドフィルダーとフォワードはいずれも、スプリント速度{>19km/h}での移動距離がディフェンダーを有意に上回っている)

…評価することです。 サッカーとフィールドホッケーの場合、ポジションは一般的にフォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダーに分けられ、ラグビーの場合はフォワードとバックスに大別されます。 国際レベルのサッカー選手を対象とした研究では、ミッドフィルダーの総移動距離はディフェンダーの総移動距離を有意に上回り、またミッドフィルダーの高速度での総移動距離はディフェンダーとフォワードを有意に上回ったと報告されています。 さらに、ミッドフィルダーとフォワードはいずれも、スプリント速度(>1…

高強度ランニングおよびスプリントの分析(高強度ランニングは、試合結果に決定的な影響を及ぼし、実行量、繰り返す能力は、エリート選手と下位レベルとを分けるパフォーマンス特性であるとされている)

…ULT PLAYR サッカーGPSトラッカー - GPSベストとアプリでゲームを追跡して向上 - iPhoneとAndroid用 Youth メディア: スポーツ用品 STATSports APEX アスリートシリーズ – FIFA承認サッカーGPSトラッカー – 米国サッカー公式パートナー。 Adult Medium メディア: Wireless Phone Accessory PLAYERTEK ウェアラブルGPSトラッカー サッカー用 アプリ付き ゲームの追跡と改善に …

疲労の指標としての移動距離のモニタリング(総移動距離と仕事率は、試合中の各時間帯における疲労をモニタリングする上で有用なパフォーマンス指標になる)

…合も考えられますが、サッカーの交代選手をGPSを用いて分析したところ、試合途中から参加した交代選手は、試合全体に参加した選手に比べて試合の最後の12分間における仕事率が高かったことから、疲労はやはり仕事率低下の変数であることが考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 疲労と障害発生の危険因子 サッカーにおいて、試合後半、特に最後の15分間の疲労は、その期間における傷害発生の潜在的危険因子として挙げられています。 Barbero-Alvarezらは1…

グローバル・ポジショニング・システム:GPS(主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査している)

…査しています。 特にサッカー、ラグビーなどの間欠的ランニングを特徴とする競技において利用されています。 これらの競技では、タックルや方向転換が頻繁に実施され、最も多くみられる身体活動はランニングであるため、試合の分析において移動距離、最大スピード、高強度ランニングに関する特性の分析に焦点を当てています。 www.nakajimabonesetter.com 移動距離 総移動距離は、試合中に身体が受ける外的負荷の包括的指標のひとつになります。 試合時間が規定されている場合、その…

サッカー選手の競技パフォーマンスをうまく向上させる方法(強化する体力要素ごとに、トレーニング目的を負荷増大、維持、負荷低減のいずれかに切り替えるやり方が提案されている)

…下げて実施します。 サッカー選手の競技パフォーマンスをうまく向上させる方法として、強化する体力要素ごとに、トレーニング目的を負荷増大、維持、負荷低減のいずれかに切り替えるやり方が提案されています。 この切り替えには、試合のスケジュールを指針に用いるのが最善であり、試合の要求に合わせることで自然とトレーニング目的を切り替えることができます。 例えば、試合日程が過密な時期には、筋力トレーニングセッションを減らすことで自然と負荷低減または維持の期間となります。 www.nakaji…

高速エクササイズとスピードとクイックネスを必要とするアスリート(生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっている)

スピード筋力のトレーナビリティ 高速エクササイズは、スピードとクイックネスを必要とするアスリートを対象とした筋力トレーニングの期分けプログラムに組み込むことが有意義であるとされています。 また、生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com

サッカーのピリオダイゼーションにおけるトレーニングセッションとは(一般的に筋力、パワー、傷害予防トレーニングセッションにわけられる)

トレーニングセッションの例 筋力中心のトレーニングセッションは、両側の筋力、片側の筋力、前額面の筋力、および伸張性のハムストリングストレーニングという4つのカテゴリーのエクササイズを中心に構成します。 筋力トレーニングセッション すべてのエクササイズは似た性質のパワー/プライオメトリックトレーニングと組み合わせ、コンプレックストレーニングの手法を用いて実施します。 例えば、バックスクワット4レップのすぐ後に続けてボックスジャンプを4レップ実施し、休息を挟んで次のセットを繰り返…

メゾサイクル、マクロサイクルでのトレーニング計画(重要なのは、いずれの試合頻度の期間でも、レジスタンエクササイズを試合の前に実施しないことになる)

…ニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編 (footballista) 作者:山口遼 発売日: 2020/06/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 日本人に教えたい 戦術的ピリオダイゼーション入門 作者:ティモ・ヤンコフスキ 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) ペップ・シティ スーパーチームの設計図 (footballista) 作者:ル・マルティン,ポル・バジュス 発売日: 2020/03/31 メディア…

サッカーにおける1日のトレーニング計画(有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために計画する必要がある)

…すが、これは、プロのサッカー競技においては現実的ではない可能性があります。 それでも、これらのトレーニング間に最長の回復時間がとれるように計画することは有益であると考えられています。 したがって、午後の有酸素性トレーニング実施後、選手が休息、チーム/個人単位のミーティング、および昼食に充てる時間を挟んでから、午後に筋力トレーニングをするのが賢明です。 www.nakajimabonesetter.com コンプレックストレーニング シーズン中は、試合と技術トレーニングの量が増…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(サッカーにおいては非線形のアプローチを採用しセッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが最も有益な解決策であると考えられている)

…しがちなシーズン中のサッカーチームに適用することは困難な可能性があります。 そのため、非線形のアプローチを採用し、セッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが、最も有益な解決策であると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 非線形のピリオダイゼーション 非線形のピリオダイゼーションでは、トレーニングの焦点(筋力とパワー)をセッションごとに交互に切り替え、それを一定数のサイクルにわたって継続することで、ひとつ以上のトレーニング目標の達成…

プロサッカーにおいてシーズン中は維持か向上か?(シーズン中の負荷設定によっては、疲労のレベルを高める可能性があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがある)

…。 Alvesらも、サッカー選手における週1回と週2回のトレーニングセッションを比較したところ、5mおよび15mスプリントのタイムとスクワットジャンプの向上に有意差は無かったと報告しています。 量と強度 最大限の筋力向上を得るのに必要な負荷は80%1RM以上であると報告しています。 しかし、シーズン中の負荷は注意が必要であり、その理由としてエクササイズをこれ以上続けられなくなるまで行なう処方は、疲労のレベルを高める可能性があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがあります…

サッカーにおけるシーズン中のトレーニング(サッカーのパフォーマンスにおいて、同時トレーニングとは、筋力、パワートレーニングと有酸素性コンディショニングを並行して実施することを意味する)

… 同時トレーニング サッカーのパフォーマンスにおいて、同時トレーニングとは、筋力、パワートレーニングと有酸素性コンディショニングを並行して実施することを意味します。 同時トレーニングが、筋力トレーニングの効果に干渉作用をもたらす可能性があることが示唆されています。 Leveritt&Abernethyは、高強度の間欠的運動を筋力トレーニングの直前に実施すると、筋力トレーニングを完遂する能力が低下する可能性があると示唆しています。 Sporer&Wengerは、先に有酸素性運動…

サッカーにおける傷害の発生(欧州サッカー連盟:UEFAの傷害調査によると、選手1名当たり、平均受傷回数は1シーズンに2回、うち87%が下肢の傷害となっている)

…欠になります。 欧州サッカー連盟(UEFA)の傷害調査によると、選手1名当たり、平均受傷回数は1シーズンに2回、うち87%が下肢の傷害となっています。 特に、大腿(23%)、膝(18%)、股関節/鼠径部(14%)、足関節(14%)、および下腿/アキレス腱(11%)となっています。 大腿部で多い傷害は肉離れで、内訳はハムストリングスが12%、大腿四頭筋が5%になります。 Dellalらは、試合日程が過密な時期には、試合に関連した傷害が有意に増加していたと報告しています。 傷害の…

試合期における疲労(この疲労は、選手が試合中に様々な様式で実施する移動、運動の強度や時間、移動距離によって引き起こされる)

…etter.com サッカーの試合後の疲労の指標 指標/情報源 試合後の反応(Ascensao) 試合後の反応(Anderson) スプリントスピード 72時間までパフォーマンスが低下 5時間後までパフォーマンスが低下 DOMS/主観的筋痛 72時間後まで増加 69時間後まで増加 クレアチンキナーゼ(CK) 72時間後まで増加 69時間後まで増加 ハムストリングスと大腿四頭筋のトルク 72時間後まで低下 27時間後まで膝関節伸展トルクが低下51時間まで膝関節屈曲トルクが低下 …

トレーニングプログラム作成に影響を及ぼす要素(サッカーの競技スケジュールは、本質的に不規則なこと(試合日程等)が多く、常に変動することが知られている)

…に影響を及ぼす要素 サッカーの競技スケジュールは、本質的に不規則なこと(試合日程等)が多く、常に変動することが知られています。 さらに、スケジュールはチームによっても大きく異なり、時には試合が週に複数回行われます。 試合の要求が高まると、トレーニングに使える時間が減るため、トレーニング計画を組むことが困難になります。 www.nakajimabonesetter.com 標準的な月間スケジュール 上記で強調して表示している試合前、試合後の24時間は、最終的な戦術の準備、移動、…

プロサッカー選手の筋力およびパワー(筋力とパワーは競技パフォーマンスの複数の要素を下支えし、同時に障害発生リスクを低減する特性として報告されている)

プロサッカー選手の筋力およびパワー 筋力とパワーは、優れたサッカーのパフォーマンスに不可欠な特性であることが広く知られています。 筋力とパワーは多くの場合、競技パフォーマンスの複数の要素を下支えし、同時に障害発生リスクを低減する特性として報告されています。 その要素には、加速、スプリント、ジャンプといった爆発的な動作を実施する能力が含まれます。 加えてレジスタンストレーニングは、乳酸性作業閾値と反復スプリント、およびジャンプといった爆発的な動作を実施する能力が含まれます。 上…

競技タイプと競技種目における傷害発生率の違い(個人競技の参加者はオーバーユース障害の発生率が高く{個人43%、団体32%}、より重度のオーバーユース障害を負う確率が高くなった{個人17%、団体11%})

…の61%が団体競技(サッカー、バスケットボール、野球など)の試合に出場していたことを明らかしました。 しかし、個人競技と団体競技どちらでも、傷害の発生率は男女間で差はありませんでした。 例えば、団体競技の参加者の間では、男女とも約31%が急性外傷を経験したのに対し、個人競技では、急性外傷の診断を受けたのは男子で18%、女子で16%でした。 総合的な傷害発生率はよく似ている(個人73%、団体76%)にもかかわらず、個人競技の参加者はオーバーユース障害の発生率が高く(個人43%、…

競技種目における超一流になるための複数の段階とは(若い年齢で開始すること、練習の専門性を高め量を増やすこと、そして全時間をひたむきに練習に打ち込むことが挙げられる)

競技種目の特化と成功との疫学的関係 早期に専門的なトレーニングを行なうことに利益があるかを解明するためにエビデンスに基づく若年アスリートのカウンセリングと競技種目の特化に関して、包括的レビューが行われました。 Ericssonらによる音楽家(バイオリン奏者)に関する先行研究によるとスポーツ関連の成果はおそらく練習やトレーニングの負荷と才能レベルに対して用量依存的反応があることが示唆されています。 具体的には、超一流のバイオリン奏者は1万時間の練習を積んでいたが、一流以下のバイ…

カウンセリングによる障害予防とは(オーバートレーニングの兆候を認識すること、オーバーユース障害に注意を払うこと、思春期半ばまでは、1種目の競技に特化しないことなどが必要になる)

…を6時間行なう場合、サッカーチームに参加する時間は10時間までとする)。(SORT B) ・団体競技の週ごとの合計時間(トレーニング、練習、試合など)は、子どもの年齢と同じ時間数かそれより少ない時間とする(例えば、12歳の子どもがサッカーに参加する場合のトレーニングと練習と試合をすべて合わせた時間は、通常、1週間に10時間までとし12時間を超えてはならない)。(SORT B) ・団体競技の活動時間(競技+ジム)は、週16週を超えてはならない(コンディショニング、トレーニング、…

女子アスリートの競技特化リスクとは(ひとつの競技種目に特化した練習やトレーニングは、オーバーユース障害と燃え尽き症候群のリスクを高める可能性がある)

…ていました。 高校のサッカー、バレーボール、バスケットボールの女子選手546名を調査した研究では、競技種目の特化と膝蓋大腿疼痛との間に相関が認められ、この割合を膝前部痛の他の原因(膝蓋腱炎、骨端炎など)についてみると、1種目への参加を報告した女子との差はさらに広がり、4倍にも達します。 Myerらも、膝蓋大腿疼痛の有病率が女性アスリート100名あたり16.3名であることを明らかしました。 これらの症状のあるアスリートは将来的にACLの損傷リスクが高いことを示唆するエビデンスが…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…ッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折である脊椎分離症は、器械体操や捻り動作を繰り返すバレーボール、テニス、野球のピッチャーによくみられます。 このようなオーバーユース障害は、十分な休養を設けずに、投げる、走る、跳ぶ、泳ぐなどの動作を繰り返すことが原因になります。 適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…いことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピードが36mで発生したデータを裏付けています。 さらに、Coleman&Duplerは、野球の1シーズン中の本塁から一塁への全力疾走(1シーズンにつき約1,300回)の半数が最大スプリントスピードの90%以上で行われていることを示し、27mで近最大スピードを達成する能力の存在を明示しました。 ところがこのエ…

代謝コンディショニングを測定するフィールドテストのまとめと現場への応用(信頼性の高いMRSを提示する能力、求めたい生理学的状態を測定する妥当性について、テストを比較する必要がある)

…べきです。 これは、サッカー、ハンドボール、ラグビー、バスケットボールなどのチームスポーツに適している可能性が最も高くなります。 www.nakajimabonesetter.com テスト実施の運用上の特徴 トラックで行なう走競技や最大超トレーニングの準備など、線形で最大下の持続的トレーニングを個別化するためには、有酸素性機構が優位なプロトコルをvVO2maxとの関係に基づいて選択しなければなりません。 したがって、テスト手順の実施上の制約(必要なスペースなど)に基づいて、…

間欠的テストと持続的テストとの比較(間欠的テストは、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適している)

比較 間欠的テストは持続的なテストと比較して、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適しています。 30-15IFTやYYIRTなどの最大超テストの最終MRSは、(vVO2maxを上回る)無酸素性速度予備量に対するいずれかの割合となるため、予想されるように、非常に異なる速度をもたらします。 例えば、vIFTはvVO2maxより一貫して20~25%速く、またvUMTTよりおよそ15~25%高い値になります。 また30-15IFTのテス…

30-15間欠的体力テスト(最終的な到達速度{vIFT}はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係がある)

…5間欠的体力テスト サッカー、ラグビー、ハンドボールなど、多方面に間欠的な運動を行なうチームスポーツに参加するアスリートのために、競技得意的な体力に関する信頼性の高い推定値を提供する目的で30-15間欠的体力テスト(30-15IFT)が考案されました。 最終的な到達速度(vIFT)はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係があります。 この時間に基づく間欠的プロトコルは、30秒間の運動を使って作成され、それが運動強度…

Yo-Yo間欠的回復テスト(スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成された)

Yo-Yo間欠的回復テスト Yo-Yo間欠的回復テスト(YYIRT:Yo-Yo Intermittent Recovery tests)は、スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成されました。 テストは、各アスリートの体力レベルに応じて、低い場合の「レベル1」(YYIRT1)と高い場合の「レベル2」(YYIRT2)が用意されています。 www.nakajimabonesetter.com

膝関節置換術後に機能的パフォーマンスを向上させる戦略(通常の施術を受けたクライアントと比較すると、特異的レジスタンストレーニング、またはレジスタンストレーニングとNMESの併用を処方されたクライアント群は、時限性の動作テストにおいて速度で勝り、大腿四頭筋による等尺性筋力が大きくなる)

膝関節置換術後のパフォーマンス向上に必要な事とは 膝関節置換術後の機能的パフォーマンスを最大化するために、研究者らは様々なプロトコルや方法を探求しており、Brownらは最近症例報告において、段階的両側処置を受ける予定のクライアントを評価しました。 その結果、通常の施術を受けた患側に比べて、手術前にリハビリテーションを処方された患側では、苦痛が軽減し、術肢の膝関節の伸展筋力および屈曲筋力が大きくなりました。 Toppらも被験者を2群に分けた前向き研究において、術後機能のためのプ…

最大超トレーニングのための走速度の設定(高強度での疲労困憊までの時間は、vVO2maxよりも無酸素性速度予備力とより強い相関関係がある)

…ラグビーのスクラム、サッカーのセンターミッドフィルダーなど。 B 6 9 3 8 Aに比べ、無酸素性エネルギーの貢献が高い。疲労困憊により早く達する。 C 5 10 5 9 Dより無酸素性速度予備量が小さく、疲労困憊までの時間が長い。 Dと比較すると最大努力の運動に利益をもたらす。ラグビー、サッカーのウイングなど。 D 4 10 6 9 Cに比べ無酸素性エネルギーの貢献が高い。より早く疲労困憊に達しパフォーマンスも低い。 引用・索引Weyand PG and Bundle M…