Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

サッカー の検索結果:

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

… 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10m地点(加速力)、30m地点(最大速度は10mと30mの間のタイム)でタイムを計測するべきです。 簡便化のために、スピード持久力は、RSTの同じコースの最後の20mを利用して測定し、その際、有酸素性機構の関与を最小限にするため、回復時間約20秒、レップ数6とします。 アジリティ能力は、Balsomのサッカー特異的コースを利用して測定し…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

脚のリカバリーとスプリント 脚のリカバリーとスピード 遊脚期の脚のリカバリーがスピードにとって重要になります。 ストライドサイクルは2つの局面に分けられます(遊脚期と支持期)。 支持期とは足が地面に接地しているときであり、遊脚期とはつま先が地面を離れたときから対側の脚による次の支持期の開始までを指します。 支持期中に大きな水平パワーを生み出し、遊脚期中に脚を素早くリカバリーすることが重要になります。 したがって、どちらの局面も直線スプリントの最大スピードにとっては重要になりま…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…います。 特に、サッカーやバスケットボールなどの競技の場合、プレシーズン期に特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com 乳酸耐性トレーニング(LAT)無酸素耐性トレーニング(ATT) LATは、アスリートを乳酸の酸性効果に適応させるものであり、継続時間1分未満で複数レップを行う必要があります。 つまり、最大下強度に…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…けます。 また、サッカーの試合を模倣した運動を、長時間にわたって激しく間欠的に行うことを要求するため、競技への類似性と特異性が保証されます。 YYIR中に達成されるHRpeakと、多段階ラボテスト中に達成されるHRpeakには有意差がないこと(98~100%近似)ことが調査によって見いだされています。 Dupontらによると、彼らが実施したYYIRL1中のHRpeakと同じくUMTT宙に得られたHRmaxとの間に有意差は存在せず、両者の数値は有意な相関関係を示しました(r=0…

サッカーの指導現場でのYo-Yo IRテスト(Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関がある)

… IRテスト 現在のサッカーの指導現場においては、Yo-Yo IEテストよりもYo-Yo IRテストのほうが広く利用されています。 それは、後述するように、Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関があるということが選手と指導者も納得できるからになります。 さらに、Yo-Yo IRテストにはLevel1(Yo-Yo IR 1テスト)とLevel2(Yo-Yo IR2テスト)のテストがあり、Level2のほうが、漸増するランニング速度より速く、有…

最大酸素摂取量とYo-Yo-test(多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行っている)

…、先行研究では、プロサッカー選手を対象にした場合、Yo-Yo IR2テストの結果と最大酸素摂取量には有意な相関相関があるものの、その相関係数は0.47~0.58の中程度であることが報告されています。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yo IR2テストと最大酸素摂取量 Yo-Yo IR2テストの結果から最大酸素摂取量を推測する式や換算表が紹介されていますが、Bangabo自身も両者の相関は決して高くなく、最大酸素摂取量はサッカー選手の持久力を限定的に…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

筋疲労 筋疲労とは 筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。 したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。 疲労はスポーツ課題を実行中の神経筋コントロールの変化と下肢の動的な関節安定性の低下に関連します。 さらに、疲労はコーディネーションの低下、固有感覚の変化、膝や股関節の屈曲の減少など、下肢のバイオメカニクスの変化、膝の動的外反、地面反力の増加、関節が安定するまでの時間の増加などとも関連があります。 www…

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響(3%の体重減少によって、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度の上昇、およびレップ数の低下がみられた)

…、バスケットボールとサッカーのスキルパフォーマンスが低下したとする研究もあり、また、筋力とパワーが脱水の悪影響を受けたとする研究もあります。 www.nakajimabonesetter.com パフォーマンスに影響を与える因子 Hayes&Morseは、垂直跳びと120°/秒の等速性レッグエクステンションには脱水の影響はみられませんが、等尺性および30°/秒レッグエクステンションは脱水によってパフォーマンスが低下したことを明らかにしています。 Jonesらは、約3%の体重減…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

…手に対してそのときのサッカーの持久力をみるためだけならば、Yo-Yo IR2テストだけでも、選手の試合での間欠的運動能力を憶測することは可能になります。 しかし、時点での有酸素性能力をきちんと把握し、個々のレベルにあった有酸素性トレーニングが必要になり、そのために、Yo-Yo IR2テストに加えて別のテストが必要となります。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性能力のみを評価することを目的としての3,200m走テスト 研究者らは、可能な限り有酸素性能…

個人の発汗率と水分補給に影響を及ぼす因子(熱馴化レベル、発汗率の個人差、体力、運動時間、運動強度、運動のタイプ、環境条件、および着用する用具など)

…じようなポジションのサッカー選手が2人いたとしても、その発汗率は異なり、したがって水分需要も異なる可能性があります。 同様にフットボールのヘルメットや肩パッド、またはサッカーやフィールドホッケーのゴールキーパーが追加で着用する防具など、身に付ける衣服や用具の量によっては、体温が上昇し、発汗によって失われる水分量が増加する可能性が高くなります。 個人の水分需要量決定にあたっては、運動の継続時間と強度も考慮に入れる必要があり、そのごく簡単な方法は、練習やその他イベントの前後にアス…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

…活動と回復する能力 サッカー選手に影響を及ぼす能力 サッカーの試合に激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力(無酸素性持久力)もまた、サッカーのパフォーマンスに影響を及ぼすことが示されています。 最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていました。 そして、そのような激しい身体活動から素早く回復して、それを反復することができる選手は、特に接戦状況において優れたパフォーマンスを示すと考えられています…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

…団体競技 団体競技(サッカー、ラグビー、バスケットボールなど)には、数多くの選手を特定のエリアに留めておくための明確な境界線が存在し、そのような競技における減速は、他の選手の動作(マークする、マークを外す、衝突を回避する)に対する反応として発生したり、競技エリアに留まるために発生し、このような条件下では、様々な距離や時間にわたって、異なる速度からの減速が要求されます。 www.nakajimabonesetter.com 個人競技 対照的に個人競技(テニス、バドミントン、スカ…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

サッカー選手の身体活動 UMTT(最大有酸素速度) 試合中の選手の身体活動は一定であり、この点においてはUMTT(最大有酸素速度)のような連続的ランニングテストは適切ですが、動作の方向とペースは厳しいランニング、ジョギング、ウォーキング、そして完全な休息にわたって頻繁に変化します。 Ramsbottomらは、20mの漸進的シャトルラン(20mの距離に置かれた2つのマーカーの間を走るスピードを漸進させる)と、呼気を採取してVO2maxを直接測定する実験室でのトレッドミルテストを…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

サッカーにおける反復スプリント 反復スプリントにおけるパフォーマンス Meckelらによると、短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p<0.05)が存在しますが、長時間のRST(6×40m、回復時間30秒)においては存在しませんでした(r=-0.322、p<0.09)。 これは、レップ数の増加に伴って有酸素性機構の関与が増大したことを示しています。 Ba…

サッカー選手の間欠的運動能力の発達とその評価(近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Yo Intermittent Recovery(Yo-Yo IR)テストが世界的に広く利用されるようになってきている)

…coveryテスト サッカー選手の間欠的運動能力を評価する上では、休息を挟みながら高強度運動を繰り返すタイプの、サッカーに特有なテストが必要になります。 これまでに、このような目的で様々なテストが開発され利用されており、日本ではブルガリアンシャトルラン、VMAなどがあります。 しかし、近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Yo Intermittent Recovery(Yo-Yo IR)テストが世界的に広く利用されるようになってきています…

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

…スケットボール選手とサッカー選手が特にカッティングを行う際の障害リスクはほぼ同じと考えられています。 そして、外反アライメントもACL損傷リスクである可能性があります。 特に膝関節の外反モーメント角度は、若年女子バスケットボールとサッカー選手においてACL受傷の重要な予測因子になります。 例えば、シーズン中にACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きくなりました。 また、ACL受傷直前の足…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

…年にWelshらは、サッカーとバスケットボール選手を対象として、CHOの摂取が間欠的運動構造をもつシャトルランのパフォーマンスに対して及ぼす影響を調査しました。 また、特に疲労開始時にCHOが精神適正に及ぼす影響を調査するために、認知機能に関する複数のテストを実施しました。 テストは強度に大きく差をつけて、運動時間と休息時間が明確に区別されるようにし、被験者の半数は定期的な休息時間にCHOを補給し、他の半数は偽薬ドリンクを摂取しました。 調査の結果、CHO補給群は疲労に至るま…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

…。 被験者は競技サッカーに参加する可能性が高い層であり、したがって適切なテストであると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players 最大酸素摂取量の科学作者: 山地啓司出版社/メーカー: 杏林書院発売…

最大酸素摂取量と年齢変化(最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示した)

…取量と年齢変化 プロサッカー選手と最大酸素摂取量 Jリーグクラブに所属する選手では、最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示しました。 この最大酸素摂取量の年齢変化は、上述したYo-Yo IR2テストの結果が暦年齢とともに上昇し続け、暦年齢の強い影響下にあることと大きく異る結果になりました。 さらには、年齢カテゴリーごとにYo-Yo IRの結果と最大酸素摂取量との相関関係を調べたところ、U-13では両者に関係性はほぼなく…

サッカーにおける間欠的運動能力(サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われるが、 勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になる)

サッカーの試合におけるエネルギー需要 間欠的運動能力 サッカー選手は、1試合(90分間)を通して9~12km程度の距離を移動しますが、試合時間の70%以上はウォーキングやジョギング、あるいは静止に費やされ、それらを休息としながらスプリントやジャンプなどの高強度運動が繰り返されます。 したがって、サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われます。 しかし、サッカーで勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高…

殿筋の活性化低下(殿筋の活性低下はACL断裂と同時に発生する膝蓋大腿疼痛症候群のリスク因子であるとされている)

…けやすくなります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 「姿勢」と「走り方」を学んで上達する サッカージュニア向け体幹トレーニング作者: 杉本龍勇出版社/メーカー: ソル・メディア発売日: 2014/04/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る

パフォーマンスの知識(フィードバックを与えた試験において、膝関節伸筋群がそれぞれ7.2%および6.4%、膝関節屈筋群が8.7%および9.0%、フィードバックなしの試験に比べて高い数値を示した)

…ter.com 引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes32 Number2 pages73-80 Isokinetic muscle testing using the Biodex System 4 日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55 (単行本)作者: 高岡英夫,松井浩出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川マガジンズ発売日: 2015/10/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

下肢における筋挫傷および慢性障害予防(障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善、さらに適切なアライメントには、骨盤周囲の体幹筋群の安定性が重要になる)

…上で片足立位のまま、サッカーのキック動作、バスケットボールのドリブル動作やチェストパスなど、不安定な状況における競技特性動作の実施により、バランス能力向上に加えて傷害予防効果が期待できます。 重症度の高い足関節捻挫の発生と既往歴との間には有意な相関関係がある(バランスが悪い(姿勢動揺大きい)選手は、バランスが良い(姿勢動揺小さい)選手に比べて足関節捻挫の受傷率が約7倍高い) www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Benjaminse A.& Otte…

ジュニア競技選手の傷害予防プログラム(FIFA-11プログラムは体幹の安定化、ハムストリングのエキセントリックトレーニング、バランスエクササイズによる固有感覚受容器の向上、下肢筋群の動的安定化とプライオメトリックによる神経筋コントロールの要素を含んでいる)

…A-11プログラム サッカー界では、2005年にFIFA-Medical Assessment and Research Centre(F-MARC)が開発したプログラムフFIFA-11プログラムが傷害予防として紹介されています。 このFIFA-11プログラムは体幹の安定化、ハムストリングのエキセントリックトレーニング、バランスエクササイズによる固有感覚受容器の向上、下肢筋群の動的安定化とプライオメトリックによる神経筋コントロールの要素を含んでいます。 さらに、FIFA-11…

青少年に推奨される統合的神経筋トレーニング(成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれる)

…nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 サッカーのコーディネーショントレーニング作者: ペーターシュライナー,Peter Schreiner,白石豊,泉原嘉郎出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/10/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログを見る

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…、中学生年代におけるサッカー選手の指導においては、Yo-Yo IR2テスト以外にも、選手の有酸素性能力を身体の成熟段階の影響を受けることなく評価可能なテストが必要と考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bangsbo J F,M,Iaia,and P,Krustrup,The Yo-Yo intermittent recovery test a useful tool for evaluation of physical perfor…

下肢間の筋力の非対称性とスポーツ傷害(股関節の外転、外旋および股関節の伸展と組み合わせた膝周囲の筋の筋力不足は、膝蓋大腿疼痛症候群、ACL損傷、および腸脛靭帯症候群のリスク因子になる)

…ます。 同様に、サッカー選手において、少なくとも片方の下肢の短縮性のハムストリングス/大腿四頭筋の筋力比が0.47~0.45以下の場合、また伸張性のハムストリングス/大腿四頭筋の左右混合筋力比(等速性装置で計測)が0.80~0.89より低い場合は、ハムストリングス傷害リスクが高まります。 しかし、重要なこととして、筋力のアンバランスに加え、絶対筋力と相対筋力の両方を考慮すべきです。 アスリートの筋力自体が不十分であれば、ハムストリングス/大腿四頭筋比率がたとえ適切であったとし…

コーディネーション能力(思春期前期は適切なコーディネーション能力をしっかりと身に付ける最適な期間であり、一方、より遅い段階(成人期)は、このスキルを最大限に向上させるには、比較的困難な時期になる)

…r JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009 サッカーのコーディネーショントレーニング作者: ペーターシュライナー,Peter Schreiner,白石豊,泉原嘉郎出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/10/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログを見る

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…ニスのフォアハンド、サッカーの方向転換など)を模擬しようとする筋力エクササイズを立案することはより困難になります。 抵抗に対抗する競技特異的なスポーツスキルを再現することには、特有の難しさがありますが、この要素は傷害を予防しパフォーマンスを向上するための正しい神経筋コントロールの獲得に向けたもうひとつの重要な段階になります。 www.nakajimabonesetter.com 回復と筋力トレーニング 強度と量を増加させることは、筋力トレーニングにとって必須の側面になりますが…