Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー の検索結果:

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

生体エネルギー論 無酸素性エネルギー供給機構 最大パフォーマンスを維持するには、エネルギーを利用する身体能力を向上させることがきわめて重要になります。 エネルギー利用効率を平行して増加させなければ、最大パフォーマンスによる高エネルギー要求を持続的に満たすことは不可能であり、したがってパフォーマンスを低下させることになります。 アデノシン三リン酸(ATP)は身体の一時的エネルギー源であり、無酸素的および有酸素的代謝によって産生、補給されます。 無酸素的エネルギー供給機構には、ホ…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

… バレーボール、サッカー、および女子バスケットボールチームでは、「ビープ」テスト(20mシャトルラン)を好んで実施しており、また、サッカーチームは男女とも、今なお1マイル走や「クーパー」テストを行っています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength C…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…リカンフットボール、サッカー、ラグビー、バスケットボール、水泳など、大きな体格や筋力そしてパワーが望ましい特性とされるスポーツに魅力を感じ、また実際に選手として選抜される可能性が高くなります。 www.nakajimabonesetter.com 女子の成熟のタイミング 女子の成熟のタイミングが身体的および、心理的に及ぼす影響は、男子で観察されるほど直接的ではなく、少年らと同様、仲間より早く成熟する少女は、より背が高く、より体重が重く、そして急激な思春期の成長スパートを経験し…

Yo-Yo Intermittent Enduranceテストとは(Yo-Yo IEテストは、Yo-Yo IRテストと同様に間欠的に20m区間の往復ランニングを行なう)

…etter.com サッカー選手の”間欠的持久力(Intermittent Endurance)” Bangsboらは、Yo-Yo IEテストは、比較的、有酸素性エネルギー供給系へ負荷するテストであり、その結果はサッカーの試合における総移動距離と相関し、サッカー選手の”間欠的持久力(Intermittent Endurance)”をみるテストだと説明しています。 一方、Yo-Yo IRテストが強調する点は、高い競技レベルにおいて、より重要とされる”高強度ランニング”を繰り返す…

ハムストリング損傷と神経筋トレーニングの重要性(固有受容器および腰椎-骨盤の神経筋制御強化が障害を予防・減少させる)

…れていると主張され、サッカー選手に対しても適用されました。 そして、シングルレッグバランス、テイクオフエクササイズ、ランディングエクササイズなど、サッカー用の神経筋制御を向上させるとみなされている様々なエクササイズで構成されたプログラムが調査されました。 その結果、女子サッカー選手において非接触型のハムストリング損傷の減少が認められ、この固有受容性バランストレーニングプログラムは効果的であることが見出されました。 3年間の前向きプログラムではの終了後、非接触型のハムストリング…

サッカーにおける心拍計の活用(シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心拍数は異なるので、運動直後の回復力(乳酸クリアランス)に注目する)

サッカーにおける心拍計の活用 心拍計の活用 サッカーは試合の中で運動強度が激しく上下するため、高強度の運動を少ない回復時間で何度も繰り返す間欠的な持久力が要求されます。 乳酸クリアランスなどを向上させる体力作りがサッカーの競技場面で必要な能力の向上へと繋がります。 www.nakajimabonesetter.com コンディションにより最大心拍数が異なる 例えば、3ヶ月間、定期的にテストを行ない、心拍数の記録を取ります。 シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心…

ハムストリング損傷のリスク因子(ハムストリング挫傷はランニング中に発生し、一般に走行サイクルの遊脚末期に発生する)

…。 また、プロのサッカーチームを対象とした2年間の分析によると、全傷害の12%がハムストリング挫傷でした。 ハムストリング損傷の再発率 ハムストリング挫傷は回復にかなり時間を要することが多く、再損傷する可能性が長期間におよびます。 文献において報告されている再発率は、調査対象、利用された介入、およびフォローアップ期間に応じて異なります。 オーストラリアンフットボール選手を対象として858件のハムストリング挫傷を分析した結果、競技復帰後1週間の再発率は12.6%、競技復帰後2週…

前十字靭帯損傷(ACL)と神経筋トレーニング(着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節屈曲モーメント、外反モーメントを減少、膝関節の最大外反角を減少させる)

…にバスケットボール、サッカー)において、着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節の屈曲モーメントと外反モーメントを減少させ、さらに膝関節の最大外反角を減少させることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋系トレーニングとパフォーマンス また、神経筋トレーニングは、パフォーマンスを向上させることも示されています。 ある研究では、バスケットボール、サッカー、バレーボールの選手を対象として、プライオメトリックトレーニング、コアの強化とバランス…

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

前十字靭帯(ACL)損傷

…、バスケットボール、サッカー、スキーなどのスポーツ中に発生することが多く、ジャンプから着地、方向転換、急停止時に発生しやすいです。 コンタクトスポーツによる接触損傷や交通事故などでもACL損傷は発生します。 受傷時は、プツっという断裂音、膝の疼痛で競技を続行できないことがほとんどで、その後、膝の腫脹、可動域制限(完全伸展不能)が出現します。 関節穿刺で、関節血症がみられます。 半月板損傷やMCL損傷のほか、脛骨外側顆の裂離骨折や脛骨顆間隆起の骨折をともなうこともあります。 長…

Tabata Protocolとは(運動後に続く酸素摂取量の高値は分泌が急増するカテコールアミン等の血中濃度が長く運動前の値に戻らないことによる心拍数の高値や、筋のナトリウム、カリウム、ATPase等が高値を取ることに関係する)

Tabata Protocol 無酸素性エネルギー代謝量 従来、無酸素性エネルギー代謝量は、酸素負債(Oxygen Deficit)により定量評価されてきました。 酸素負債とは、運動後に長く続く安静時よりも高い酸素摂取量になります。 一方、酸素借とは、最大下の同一運動強度で運動を行っている場合に、運動初期に観察される定常状態(運動開始数分後に観察される酸素摂取量が定量となる現象で、その酸素摂取量が当該運動の酸素摂取量を示しており、これが当該運動強度の酸素需要量となる)よりも低…

前十字靭帯(ACL)損傷と女性選手(解剖学的因子:顆間切痕幅と膝関節の弛緩、ACL伸張強度や月経状態などの成長因子、性ホルモン因子とバイオメカニクス的因子:動作パターン、筋力不均衡、筋活動パターン)

…に発生しており、特にサッカー、バスケットボール、フットボールなど、ピボットやカッティング(切り返し)動作が頻繁に行われるスポーツに多くみられます。 そしてACL損傷の大多数は他の選手との激しい接触が原因ではなく、減速、加速、踏み込み+カッティング動作、突然の方向転換、ジャンプの着地中などの膝関節に過剰な負荷がかかる動作において発生しています。 www.nakajimabonesetter.com 女性アスリートと膝関節 一般に女子アスリートには、膝関節の外反が起こり着地中の膝…

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

…の大きさは、高校女子サッカー選手において、カッティング中の股関節の外転もしくは内反モーションの大きさを予測することが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 着地時の股関節の角度 女子バスケットボール選手とサッカー選手はまた、着地中の股関節の内転角も大きく、これが膝関節の外反モーションを招いているとも考えられています。 しかし、股関節の内転モーメント単独では、ACL損傷の危険因子にはならないとみられています。 さらに、男子と比べて女子アスリートは…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

心臓血管疾患とインターバルトレーニング 高強度インターバルトレーニング インターバルトレーニング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレ…

ランディングとカッティングの女子アスリートパターンと前十字靭帯損傷(着地中のアライメント不全は、膝関節過伸展、脛骨内旋が起こり、膝関節最大屈曲角が10.5°減少する)

…スケットボール選手、サッカー選手、バレーボール選手を対象とした研究では認められており、シーズン中にACLを損傷した女子アスリートは、そうでないアスリートよりも、着地中の膝関節の最大屈曲角が10.5°小さいとされ、接地初期には膝関節の屈曲角に差異はみられませんでした。 ※接地初期とは足が十分に押し付けられて床反力が発生する瞬間を指し、床反力とは地面が身体に対して行使する力であり、自重の大きさに等しくなります。 ジャンプの着地では、地面に対して足を押し付けることによって運動量を消…

前十字靭帯(ACL)障害予防のためのトレーニングプログラム(不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的とする)

…ます。 高校女子サッカー選手を対象として、身体姿勢を意識することと高リスク動作を避けることに重点を置いて、プライオメトリックトレーニング、競技特異的心臓血管系コンディショニング、コードドリル、ストレングストレーニング、柔軟性トレーニング、加速ドリルを実施した研究の結果、このようなプログラムを実施しなかった選手と比較すると、ACLの損傷は少ない(プログラムに参加した選手のACL受傷が1件に対し、参加しなかった選手は8件)なりました。 www.nakajimabonesetter…

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

スピード&アジリティ 青少年におけるスピード&アジリティトレーニング スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。 スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。 www.nakajimabonesetter.com

前十字靭帯(ACL)損傷と大腿四頭筋とハムストリング(膝関節の屈曲角が0°(完全伸展)~45°で大腿四頭筋が強く収縮する際、ハムストリングの収縮(共収縮)がその強さに見合わない場合、前向きの力が発生しACLの負担が増える)

…スケットボール選手とサッカー選手に対してプレシーズンに動的筋力測定を行い、その後ACLを損傷した選手は、男子と比べてハムストリングの筋力が低下していましたが、大腿四頭筋の筋力は低下していませんでした。 つまり、大腿四頭筋の筋力は男子選手と変わらず、一方、ハムストリングの筋力は低下していたため、ハムストリングよりも大腿四頭筋の筋力が高い状態になっていました。 この不均衡が、ハムストリングに対する大腿四頭筋の優位を招いてACLに負荷を与え、それがACL損傷の一因になったと考えられ…

膝のアライメントとACL閾値の評価(前十字靭帯損傷閾値はニュートラルなアライメントにおいて最も高く、自重の5.1倍になり、アライメントが外反または内反になると、ACL損傷閾値はそれぞれ自重の2.2倍と2.1倍に低下した)

…スケットボールおよびサッカー選手は男子と比べて、特に着地中とカッティング中に膝関節の外反モーションを大きく示す傾向があります。 したがって女子バスケットボールおよびサッカー選手は、これによってもたらされるACL損傷リスクが高いと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum st…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

… アジリティ 野球 サッカー フットサル テニス バスケットボール 練習 エクササイズ フィットネス 速度 スピード 敏捷性 瞬発力 アップ 陸上 連結可能 小学生 収納袋付き (イエロー, 5M)出版社/メーカー: Kodiメディア: その他この商品を含むブログを見る SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者: 日本SAQ協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

…ています。 特にサッカー、バスケットボール等において重要性が指摘されていますが、いずれも間欠的かつ多方向への移動を伴う性質をもった競技であり、様々な刺激に反応して素早い方向転換を行うことが必要とされます。 またアジリティは、様々な競技パフォーマンスを左右する体力要素である重要な要素でもかかわらず、若年アスリートにおけるアジリティの長期育成モデルは知られておらず小児分野において最も研究が遅れている体力要素であることが指摘されています。 www.nakajimabonesette…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

パワー発揮とスピード スピードとは スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。 ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。 www.nakajimabonesetter.com

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

…スに及ぼす悪影響は、サッカー、バスケットボール、ランニング、サイクリングなどのパフォーマンスが低下したことをはっきりと証明しています。 さらに、水分補給の改善は食道温や心拍数、主観的運動強度の低下に関連付けられています。 これらの要素はいずれも、上昇するとパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。 脱水と認知能力低下 軽度脱水、または脱水が及ぼす影響の中で、アスリートが懸念すべき問題として、認知能力低下の可能性があります。 スポーツの精神的側面は、神経筋の統合と併せて軽視…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

スポーツにおける疲労 スポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵 チームスポーツやラケットスポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵は、高強度の運動を反復する能力を発達させることですが、それは疲労のマイナス効果を減じるために、神経筋系と心肺系の効率を高めることによって初めて達成できます。 この能力は、パフォーマンスの向上だけではなく、傷害予防にも重要な役割を果たします。 神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされています。 最近、高強度インターバルトレーニング…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書作者: 中野吉之伴出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2016/07/04メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る DVD JFA 日本サッカー協会 コンディショニング プログラム 育成年代アーティスト: DVD JFA 日本サッカー協会コンディショニングプログラム育成年代出版社/メーカー: unknownメディア: DVD Audioこの商品を含むブログを見る 鹿島アントラーズ ・ 選手育成 & 強…

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

…2倍以上を挙上できるサッカー選手は、挙上重量が2倍未満の選手よりも走速度が有意に速く、また高くジャンプできることを明らかにしました。 Keinerらの最近の研究によると、トレーニング介入を正確かつ体系的に導入すれば、16歳から19歳までの青少年アスリートが体重の2倍のバックスクワットを遂行できることは難しいことではないとしています。 さらに、筋力/パワーの増強を目的としたコンプレックストレーニングでを用いるならば、体重の2倍のスクワットが可能なアスリートは、最も効果があること…

多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

… バスケットボール コーディネーション・トレーニングブック 《ハンディ版》作者: 鈴木良和出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2018/11/28メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る サッカーのコーディネーショントレーニング作者: ペーターシュライナー,Peter Schreiner,白石豊,泉原嘉郎出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/10/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログを見る

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

…スケットボール選手とサッカー選手に対してプレシーズンに動的筋力の測定を行ったところ、その後ACLを損傷した選手は、男子と比べてハムストリングスの筋力は低下していましたが、大腿四頭筋の筋力は低下していませんでした。 つまり、大腿四頭筋の筋力は男子選手の状態と変わらず、一方、ハムストリングスの筋力は低下していたために、ハムストリングスよりも大腿四頭筋の筋力が高くなっていました。 この不均衡が、ハムストリングスに対する大腿四頭筋の優位を招いてACLに負荷を与え、それがACL損傷の一…

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

サッカー選手の身体活動 サッカー選手の激しい身体活動 サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。 したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。 選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてス…