Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー の検索結果:

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

…ています。 特にサッカー、バスケットボール等において重要性が指摘されていますが、いずれも間欠的かつ多方向への移動を伴う性質をもった競技であり、様々な刺激に反応して素早い方向転換を行うことが必要とされます。 またアジリティは、様々な競技パフォーマンスを左右する体力要素である重要な要素でもかかわらず、若年アスリートにおけるアジリティの長期育成モデルは知られておらず小児分野において最も研究が遅れている体力要素であることが指摘されています。 www.nakajimabonesette…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

パワー発揮とスピード スピードとは スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。 ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。 www.nakajimabonesetter.com

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

…スに及ぼす悪影響は、サッカー、バスケットボール、ランニング、サイクリングなどのパフォーマンスが低下したことをはっきりと証明しています。 さらに、水分補給の改善は食道温や心拍数、主観的運動強度の低下に関連付けられています。 これらの要素はいずれも、上昇するとパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。 脱水と認知能力低下 軽度脱水、または脱水が及ぼす影響の中で、アスリートが懸念すべき問題として、認知能力低下の可能性があります。 スポーツの精神的側面は、神経筋の統合と併せて軽視…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

スポーツにおける疲労 スポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵 チームスポーツやラケットスポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵は、高強度の運動を反復する能力を発達させることですが、それは疲労のマイナス効果を減じるために、神経筋系と心肺系の効率を高めることによって初めて達成できます。 この能力は、パフォーマンスの向上だけではなく、傷害予防にも重要な役割を果たします。 神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされています。 最近、高強度インターバルトレーニング…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書作者: 中野吉之伴出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2016/07/04メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る DVD JFA 日本サッカー協会 コンディショニング プログラム 育成年代アーティスト: DVD JFA 日本サッカー協会コンディショニングプログラム育成年代出版社/メーカー: unknownメディア: DVD Audioこの商品を含むブログを見る 鹿島アントラーズ ・ 選手育成 & 強…

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

…2倍以上を挙上できるサッカー選手は、挙上重量が2倍未満の選手よりも走速度が有意に速く、また高くジャンプできることを明らかにしました。 Keinerらの最近の研究によると、トレーニング介入を正確かつ体系的に導入すれば、16歳から19歳までの青少年アスリートが体重の2倍のバックスクワットを遂行できることは難しいことではないとしています。 さらに、筋力/パワーの増強を目的としたコンプレックストレーニングでを用いるならば、体重の2倍のスクワットが可能なアスリートは、最も効果があること…

多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

… バスケットボール コーディネーション・トレーニングブック 《ハンディ版》作者: 鈴木良和出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2018/11/28メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る サッカーのコーディネーショントレーニング作者: ペーターシュライナー,Peter Schreiner,白石豊,泉原嘉郎出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/10/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログを見る

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

…スケットボール選手とサッカー選手に対してプレシーズンに動的筋力の測定を行ったところ、その後ACLを損傷した選手は、男子と比べてハムストリングスの筋力は低下していましたが、大腿四頭筋の筋力は低下していませんでした。 つまり、大腿四頭筋の筋力は男子選手の状態と変わらず、一方、ハムストリングスの筋力は低下していたために、ハムストリングスよりも大腿四頭筋の筋力が高くなっていました。 この不均衡が、ハムストリングスに対する大腿四頭筋の優位を招いてACLに負荷を与え、それがACL損傷の一…

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

サッカー選手の身体活動 サッカー選手の激しい身体活動 サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。 したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。 選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてス…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…m 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの多くは、指定時間に最大距離を走ること、または指定距離を最速で走ることを被験者に要求します。 このようなテストは、最初から最大努力を要求するものであり、信頼性の高いテスト結果を得るために…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

…ともできます。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示すことを明らかにした研究報告は数多くあります。 Castagnaらによると、記述的、横断的、およびトレーニング研究によって、選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にあることが繰り返し証明されています。 また、リーグ内での最終ランキングなどの…

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

…1901.2009 サッカーのコーディネーショントレーニング作者: ペーターシュライナー,Peter Schreiner,白石豊,泉原嘉郎出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/10/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログを見る SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者: 日本SAQ協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 201…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…可能なテストであり、サッカーの競技特性、ならびにスポーツにおける選手の身体能力の詳細な分析を可能にすることが、研究者たちによって保証されています。 ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプは、選手に応じて選択するとよく、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 www.nakajimabonesetter.com YYIEテストとYYIRテスト 若年選手やアマチュア選手には、YYIEテストのレベル1を経験させてから…

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、サッカーにおける加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性がある)

…Bangsboらは、サッカー選手が試合中にスプリントする距離は、1.5mからフィールド長に相当する約100mまで多様であるが、スプリント1回あたりの平均走行距離は約17mであることを見出しました。 この結果は、スプリントの96%が30m以下であり、平均持続時間は6秒以下で90秒ごとに発生し、半数近くのスプリントがm以下であるとする調査結果と一致しています。 www.nakajimabonesetter.com 最大スピードの分析 最大速度によるスプリントは、選手がすでに動作に…

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

…ボディ・イン・バランス作者: Gray Cook,石塚利光,菊地真也,鈴木岳,友岡和彦,山下貴士出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2011/08/20メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 10代のための新しいトレーニング ヒグトレ 背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる作者: 樋口敦出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2019/06/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

… この動作パターンはサッカーを模倣したものになりますが、提案者の意図に反して、スピードおよび加速力テストとしては妥当ではありません。 なぜならば、複数の方向転換が行われるため、アジリティテストに相当するからであり、アジリティとスピードは関係してはいるものの、弱い決定係数しか持ちません。 Mirkovらは、5mの間隔で引かれた2本の平行線の間を10レップ走るスピードテストについて述べ、1レップごとに1本の線を1フィート(30㎝)越えなければならず、このテストの級内相関係数は0.…

競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができる)

…cs.2008pp507-522 スポーツのための体幹トレーニング練習メニュー240 (池田書店のスポーツ練習メニューシリーズ)作者: 有賀誠司,石井直方出版社/メーカー: 池田書店発売日: 2014/05/12メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 10代のための新しいトレーニング ヒグトレ 背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる作者: 樋口敦出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2019/06/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

スピード持久力 スピード持久力の測定 スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定されることが多くなります。 被験者はどのレップも全力で走ることを要求されます。 研究者が提案するテスト距離には20mから40mの幅があり、レップ数にも6回から15回の幅があります。 Balsomらは回復時間を30秒以上にすると、スプリントパフォーマンスの全構成要素、特に加速の測定を目的とするこのテストの妥当性が、低下することを見出しました。 このテストによ…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

サッカーにおけるアジリティとは アジリティとは アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されています。 素早い動作は、選手の動作の中でわずかな割合(約11%)を占めるに過ぎませんが、平均すると、1人の選手が1試合において約50回の方向転換を行っています。 素早い動作は試合の重要局面で発生することが多く、得失点の明暗を分けます。 サッカーにおいてアジリティは非常に重要であり、様…

青少年アスリートの傷害リスクを低減する統合的神経筋トレーニング(スポーツ活動中の神経筋コントロールは、感覚運動系が適切に機能することに依存している)

…lt Catalonia Spain46-47 実践 スポーツPNFコンディショニング―機能的神経筋能力の養成法作者: 覚張秀樹,矢野雅知出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 1998/07/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 10代のための新しいトレーニング ヒグトレ 背中を柔らかく鍛えるとサッカーはうまくなる作者: 樋口敦出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2019/06/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

アジリティテスト サッカーに対してより特異的なアジリティテストとは サッカーに対してより特異性の高いアジリティテストが開発されており、簡単で、よく利用されるものにジグザグテストがあります。 このテストでは、1区画5m×4区画を100°の方向転換を行わせながらジグザグに走らせます。 Mirkovらは、ボールを保持せずに走るのに要する時間と、ボールをドリブルしながら走るのに要する時間の両方を測定することを提案し、そして、ボール無しの場合と有りの場合とのタイムを比較して、その比をス…

継続的な持久力トレーニング(持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用する)

継続的な持久力トレーニングの意義 IMTGの貯蔵の役割 継続的な持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用します。 持久力エクササイズ中における血液中以外の脂肪酸の利用は、鍛錬者は非鍛錬者の約2倍であると推定されています。 www.nakajimabonesetter.com

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

…フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。 これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、したがって、最大スピードに達するために必要な距離には到達していないことになります。 しかし、一般に見過ごされ…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

サッカー選手の有酸素性能力 ヨーヨー間欠性テストとVO2peak Castagnaらは、YYIE(ヨーヨー間欠性持久力テスト)L1中のVO2を調査して、VO2peakにおいて多段階的なトレッドミルテストと有意差がないことを見出しました。 また、最近のレビューでは、特にYYIR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)L1テスト中のVO2を分析した研究が欠如していることが指摘されています。 Castagnaらは同時期に、YYIEL2、YYIRL1、トレッドミルテストの比較を行なっていますが…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

… 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10m地点(加速力)、30m地点(最大速度は10mと30mの間のタイム)でタイムを計測するべきです。 簡便化のために、スピード持久力は、RSTの同じコースの最後の20mを利用して測定し、その際、有酸素性機構の関与を最小限にするため、回復時間約20秒、レップ数6とします。 アジリティ能力は、Balsomのサッカー特異的コースを利用して測定し…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

脚のリカバリーとスプリント 脚のリカバリーとスピード 遊脚期の脚のリカバリーがスピードにとって重要になります。 ストライドサイクルは2つの局面に分けられます(遊脚期と支持期)。 支持期とは足が地面に接地しているときであり、遊脚期とはつま先が地面を離れたときから対側の脚による次の支持期の開始までを指します。 支持期中に大きな水平パワーを生み出し、遊脚期中に脚を素早くリカバリーすることが重要になります。 したがって、どちらの局面も直線スプリントの最大スピードにとっては重要になりま…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…います。 特に、サッカーやバスケットボールなどの競技の場合、プレシーズン期に特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com 乳酸耐性トレーニング(LAT)無酸素耐性トレーニング(ATT) LATは、アスリートを乳酸の酸性効果に適応させるものであり、継続時間1分未満で複数レップを行う必要があります。 つまり、最大下強度に…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…けます。 また、サッカーの試合を模倣した運動を、長時間にわたって激しく間欠的に行うことを要求するため、競技への類似性と特異性が保証されます。 YYIR中に達成されるHRpeakと、多段階ラボテスト中に達成されるHRpeakには有意差がないこと(98~100%近似)ことが調査によって見いだされています。 Dupontらによると、彼らが実施したYYIRL1中のHRpeakと同じくUMTT宙に得られたHRmaxとの間に有意差は存在せず、両者の数値は有意な相関関係を示しました(r=0…