Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー の検索結果:

サッカーのミニゲーム(SSG:small sided game)とは(4対4の場合、相対的VO2maxの平均値は82%、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、試合よりも各選手の高強度運動の回数は多く、ボールの支配時間も長くなる)

…を意図して開発されたサッカーに特異的なトレーニングプロトコルになります。 このようなSSGは通常、複数回のインターバル形式で行われ、選手の数もピッチ位の大きさも様々に異なり、ルールも変更されます。 SSGでは、選手に相当大きな有酸素性、無酸素性の負荷がかかることが報告されています。 4対4の試合の場合、相対的VO2maxの平均値は82%で、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、実際の試合(11対11)よりも、各選手の高強度運動の回数は多くなり、またボールの支配時間も長…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…ーバルトレーニング サッカーは高強度運動を繰り返し行う間欠的なスポーツとして特徴づけられます。 そのため、トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要があります。 高強度インターバルトレーニング(HIIT:High-intensity interval training)は、同じ力学的運動と持続時間を使って連続的に行うトレーニングに比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告されています。 …

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

サッカー選手のストレングス&コンディショニング サッカーは高強度で間欠的なコンタクトチームスポーツとしての特徴をもち、その競技パフォーマンスの成功には、多数の鍛え抜かれた身体的、生理学的能力が必要になります。 必要とされる技術的また戦術的なスキルの他にも、サッカー選手は、高いレベルの有酸素性、無酸素性コンディショニングを維持し、スピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com…

若年サッカー選手における高い受傷率を引き起こすメカニズム(神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されている)

…m まとめ 若年男子サッカー選手の受傷リスクは、特に成長と発達が加速する臨界期において上昇する可能性がある。 「スキル」という用語の定義をより明確にし、競技の技術的な熟練度と、動作能力の高さを区別する必要があり、また、妥当性が実証されている方法を用いて、若年選手の動作能力を評価する必要がある。 疲労や既往歴といった交絡因子が受傷リスクを高めることを認識し、このことは、適切なスクリーニングプロトコルにより神経筋コントロールの変化を発見し、トレーニング量を管理するモニタリング法を…

低酸素と筋肥大(低酸素状態は乳酸除去率を低下させ乳酸の増加はタンパク同化ホルモンとサイトカインの上昇をもたらす)

…究を重ねた持久力鍛錬デバイス〕短時間で減量 ランニング サッカー バスケ クロスフィット TRAININGMASK (Black, M)メディア: その他 トレーニングは酸素不足との戦いである――2020東京オリンピック・パラリンピックへむけた最新のトレーニング理論作者:宮下充正発売日: 2016/12/25メディア: ムック 高地トレーニングと競技パフォーマンス (KSスポーツ医科学書)作者:Wilber,Randall L.発売日: 2008/10/02メディア: 単行本

既往歴に潜む傷害発生の危険因子(ハムストリングス、鼠径部、および膝関節を受傷した選手が、翌シーズンに同じ傷害を負う確率は2~3倍に上る)

…の既往歴を有する男性サッカー選手は、同じ部位に再受傷するリスクが高くなりました(オッズ比前者が4.6、後者が5.3)。 Ekstrand&Troppが、男性サッカー選手639名を1シーズンにわたって追跡した調査では、足関節捻挫の既往歴を有する選手の受傷リスクが2.3倍に上りました。 また若年男子サッカー選手においても、この危険因子を裏付けるデータが報告されており、既往歴を有する男女選手(年齢範囲U12~U18)が再受傷するリスクは2倍に上りました。 さらに、既往歴が2回以上の…

子供が疲労に対して示す反応(ハムストリングスの筋活動のタイミングと速度が変化すると、脛骨の安定性が低下、それにより脛骨の前方移動が増大するため、ACLが受ける機械適応力が増大する)

…されています。 欧州サッカー連盟(UEFA)に提出された報告書では、思春期前、思春期、思春期後の女子において、短時間の模擬的サッカーを用いた疲労プロトコルを実施後、下肢スティフネス、電気力学的遅延、および機能的な大腿四頭筋とハムストリングスの筋力比に違いは見られないとのデータを示しています。 これらの変化は年齢と成熟度により異なり、思春期前と思春期の女子は、前者が電気力学的遅延、後者が機能的な大腿四頭筋とハムストリングスの筋力比において最大の変化率を示したが、これらは動的な関…

漸進のモデルピリオダイゼーション(トレーニング反応に影響を及ぼすものは負荷だけではなく、量的負荷のほうが及ぼす影響はむしろ大きい可能性がある)

… NSCA.com 「戦術脳」を鍛える最先端トレーニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編 (footballista)作者:山口遼発売日: 2020/04/30メディア: 単行本(ソフトカバー) 競技力向上のトレーニング戦略作者:テューダー ボンパ発売日: 2006/07/01メディア: 単行本 アスリートは歳を取るほど強くなる: パフォーマンスのピークに関する最新科学作者:ベルコビッチ,ジェフ発売日: 2019/10/15メディア: 単行本

なぜ疲労が高まると傷害発生率があがるのか?(若年選手が疲労状態に陥ると床反力に耐える能力が低下、筋活動が低下することで、骨に加わる負荷が増大することを示唆している)

…報告されています。 サッカーにおいては、疲労が高まると傷害発生率が上昇することが、プロ成人男性選手、およびエリート若年男子選手の両方で報告されており、前者は試合前半、後者は試合後半の終わりが近づくほど傷害の発生頻度が高まります。 この時間枠において、神経筋の機能とコントロールが低下している可能性が考えられ、それを裏付ける近年の研究データは、短時間のサッカー関連の疲労プロトコルを実施後、女子選手では、電気力学的遅延が増加し、また男子選手ではフィードフォワードに基づく反射活動が低…

若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作とは(神経筋コントロールが変化した際の走動作、ひねり動作、回転動作、過度の伸張動作、着地動作があげられる)

若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作 若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作は、走動作、ひねり動作、回転動作、過度の伸張動作、および着地動作になります。 そのような動作を実行する際の神経筋コントロールが変化することが受傷機序と考えられています。 神経筋コントロールとは、関節で生じる動作と力に備えて、あるいはそれらに反応して動的制御を働かせ、機能的な関節安定性を提供すること、と定義されています。 神経筋コントロールが低下すると、受動的な靭帯構造に過度のストレスが加わり、そ…

ロコモ予防

自粛期間中、自宅で過ごすことも増えていると思います。 自宅でも、外でも出来る体幹トレーニングを少しづつ紹介していきたいと思います。 是非やってみて下さい。 体幹トレーニング ラインスクワット www.nakajimabonesetter.com 体幹トレーニング KOBAトレ コバトレ 高機能性トレーニングマット KOBAファンクショナルマット <br />木場克己 プロデュース 野球 サッカー 世界一受けたい授業 メディア: その他 中島恵

若年サッカー選手における動作スキルのレベルと傷害の関連(神経路を刺激することは、運動プログラミング、予備的な筋活動、反射的な神経筋応答の向上をもたらし、動的な関節の安定性と運動スキルが向上する)

…スケットボール選手とサッカー選手を対象にした7年分の調査において、選手のスキルレベルと前十字靭帯(ACL)損傷の発生リスクの間に関連性がなかったことを明らかにしています。 また、女子選手の場合、スキルレベルが高いことは、下肢と背部の傷害の危険因子であることが報告されています。 対照的に男子サッカー選手のスキルレベルと傷害の関連性については、下肢の傷害の発生率が低スキルで2倍に上り、得に膝関節と足関節の傷害が多いと報告されています。 www.nakajimabonesetter…

若年サッカー選手の傷害危険因子と生理学的システムの成長と発達(骨と筋腱複合体の成長速度のずれは、弛緩時に関連組織が受ける力を増大させ、骨端線の牽引損傷を引き起こす要因の一つとなる)

…発生に影響を及ぼし、サッカー選手で特に多発するのは11~14歳、さらに男子の場合には13歳以下と14歳以下の年齢層に最も多くみられます。 この骨と筋腱複合体の成長速度のずれは、弛緩時に関連組織が受ける力を増大させ(先行研究では組織への前負荷と呼ばれる)、また骨端線の牽引損傷を引き起こす要因の一つと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 筋の長さのずれとは 筋の長さにもずれがあることが報告されています。 筋横断面積の成長にも、同じくずれがあるこ…

若年サッカー選手における傷害危険因子(9歳~15歳の期間に直線的に受傷率が上昇する事、特に最大成長速度(PHV)が出現する13歳前後で躊躇な上昇を示す)

若年サッカー選手の傷害危険因子 近年の研究により女子サッカー選手の傷害を引き起こす様々な危険因子と傷害予防の重要性が明らかになっています。 若年男子サッカー選手において報告されている傷害は、主に下肢の傷害であり、非接触型傷害の発生がより高く、特に多いのは足関節と膝関節の捻挫になります。 具体的には、内側側副靱帯(MCL)と前距腓靭帯の傷害が最も報告件数が多くなっています。 www.nakajimabonesetter.com 成長と成熟 若年アスリートにおいて、競技関連の傷害…

筋肥大のメカニズム(骨格筋が過負荷の刺激にさらされると収縮タンパク質(アクチンとミオシン)のサイズと量、サルコメア(筋節)の数が同時に増加する)

…リフティング、野球、サッカーなど主要な目標になります。 被験者が非鍛錬者の場合、レジスタンストレーニングの初期段階では、筋力向上の大部分が神経系の適応に起因するために、筋肥大は事実上起こりません。 しかし、トレーニングを始めて2ヶ月も経つと、筋肥大が最も有力な要因となり、下肢より先に上肢の筋が肥大化します。 遺伝的背景、年齢、性別、その他の要因がトレーニングプロトコルに対する筋肥大反応をもたらし、除脂肪体重の増加量と増加率の双方に影響を及ぼします。 さらに、トレーニング経験を…

バイオバンディングにける アスリートの選抜における相対的な年齢バイアス(より年長な選手、より成熟した選手に対する選択バイアスが存在することが認識されている)

…トランドの多くのプロサッカークラブは、選抜試験を実施しています。 同様に、PSVアイントホーフェンのサッカーアカデミーとの共同研究によると、スカウト時に比較的年長の選手が選抜されやすいバイアスは、年齢順のシャツを着用することで軽減することが示されました。 アスリートの選抜における相対的な年齢バイアスに対処するために、これらの方策をはじめ様々な対策が試みられています。 しかし、報告でも指摘されるように、それらの方法は成熟度の違いは説明しないため、これらの方策の総合的な効果は限定…

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

…o IRテスト プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果 プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果は、プロサッカー選手の競技レベルの違いを反映させることが報告されています。 国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされていますが、同じようにYo-Yo IR2テストの結果も、国際レベルの選手のほうが優れています。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yo IR2テストの結果と競技レベ…

トレーニングのためのバイオバンディング(統合的な発達を重視すること、科学的エビデンスと実践現場や包括的スポーツパフォーマンスチームの専門職に基づいて行うべきである)

… 英国の多くのプロサッカークラブはすでに、コンディショニングを目的とし、生物学的能力の評価を用いて選手をグループ分けしています。 またそのような取り組みは、若年アスリートのために一人ひとりに合わせた発達上適切なトレーニングプログラムを作成するためにも利用できます。 www.nakajimabonesetter.com 「準備状態(Readiness)」 各アスリートを技術的、心理的、また成熟的特性に基づいてランク付けすることは(例えば、胴レベル=技術的能力が不十分で、思春期前…

バイオバンディングにおける成熟の個人差と発達上適切なトレーニングプログラムの提供(思春期の成長スパートは、青少年がオーバーユース傷害と成長に関連のある傷害を一層負いやすくなる期間である)

…ています。 少年サッカー選手の間でみられるオスグッド・シュラッター病やシーバー病などの骨端関節外傷のお客数の増加は、思春期の成長スパート中かその直前でそれぞれ最大となり、その発生曲線は身長の成長速度曲線に非常に似ています。 シーバー病の発症率の初期の増加は、足の成長スパートが大概、上腿部や下腿部の成長よりも6ヶ月早く起こるという事実を反映しています。 この理由付けと一致して、オランダサッカーアカデミーの選手のオーバーユース傷害は、予測されるPHV年齢とその直前で増加することが…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…、バスケットボール、サッカーなど)には、数多くの選手を特定のエリアに留めておくための明確な境界線が存在します。 そのような競技における減速は、他の選手の動作(マークする、マークを外す、衝突を回避する)に対する反応として発生したり、競技エリアに留まるために発生します。 このような条件下では、様々な距離や時間にわたって、異なる速度からの減速が要求されます。 対照的に、個人競技(テニス、スカッシュ、バドミントンなど)では、主として敵が行うショットの選択に応じて、きわめて短い距離での…

EMSトレーニングが競技パフォーマンスに及ぼす効果(最大筋力、無酸素性発揮パワー:垂直跳びとスプリント能力の有意な向上が認められた)

EMS

…10 Billot サッカー Q 5(3) I-LE;100 ↑筋力、シュート ※↑=増加、BB=上腕二頭筋、C=短縮性、CM=カーフマシン、G=殿筋、E=伸張性、I=等尺性、LD=広背筋、LE=レッグエクステンション、MT=運動閾値、OC=オープンチェーン、PC=プリーチャーカール、Q=大腿四頭筋、S=スクワット、SC=スタンディングカーフ、TS=下腿三頭筋 www.nakajimabonesetter.com EMSとプライオメトリックトレーニングなどの技術的トレーニング…

身体における成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

…ppaertsらは、サッカー選手を対象にして、ほとんどの体力・運動能力が身長と同じようにPHV年齢において最大発達を示すことを報告しています。 ただし、無酸素性能力や下肢筋パワーについてはPHV年齢以降の1~2年にわたって大きく発達することも示しています。 ここで注意が必要なのは、発育スパートを迎えるタイミングが選手によって異なり、PHV年齢には最大5歳程度の個人差があることです。 そのため、同じU-13チームにも発育スパートを早く迎えPHVを過ぎた早熟な選手と、これからPH…

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

バイオバンディング S&Cの環境 バイオバンディングは当初、試合で対戦する選手同士のつり合いを取ることを目的として提案されていますが、それはS&Cの環境でも同様の潜在的妥当性があります。 現場指導者に対してはこれまで長い間、若年アスリートのためのトレーニングプログラムを作成する際、成長と成熟の個人差に適合させることを推奨されてきました。 例えば、小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成される一方、思春期後の青少年は、筋線…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…、中学生年代におけるサッカー選手の指導においては、Yo-Yo IR2テスト以外にも、選手の有酸素性能力を身体の成熟段階の影響を受けることなく評価可能なテストが必要と考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bangsbo J F,M,Iaia,and P,Krustrup,The Yo-Yo intermittent recovery test a useful tool for evaluation of physical perfor…

才能評価のためのバイオバンディングの事例(英国サッカーではElite Player Performance Planとして、全プレミアリーグとカテゴリー1の選手要請機関は、年に3回、標準化された一連の体力テストを実施している)

…ディングの事例 英国サッカーではEPPP(Elite Player Performance Plan=エリート選手養成プラン)として、全プレミアリーグとカテゴリー1の選手要請機関は、年に3回、標準化された一連の体力テストを実施しています。 それぞれのクラブからのデータは、プレミアリーグの選手管理アプリケーションに入力され、リーグ全体に及び、また年齢や成熟度別の比較を作成するために用いられます。 同様の基準で、英国のローンテニス連盟(LTA)も、またバースラグビーフットボールク…

バイオバンディングに関する相対的年齢効果(競争選抜の年の最初の四半期(1~3月)に生まれた選手は、競技適正テストの総合指数の絶対平均値が最も高くなった)

…ラムに登録した青少年サッカー選手で、競争選抜の年の最初の四半期(1~3月)に生まれた選手は、競技適正テストの総合指数の絶対平均値が最も高くなりました。 しかし、そのスコアは、発達曲線を基準にして比較すると、当該年齢の中間値より低くなり、すなわち、最年長の選手は、同年齢のグループ内では最も優秀なパフォーマンスを示すが、発達曲線に関連づけて評価すると最も弱くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 同年の遅い月(10月~12月)に生まれた選手 反対に、同…

成人期になるまでのバイオバンディング(思春期に観察される体格や機能の成熟に関連する個人差は、成人期になると縮小することが多く、逆転することさえある)

…ェスターユナイテッドサッカーチームの元監督で「Leading」の著者。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Ski…

健康の生理学的指標にサーキットトレーニングがもたらす効果(週3日50~60%1RM強度で10週間行う事でHDL値上昇、グルコース処理能力も改善する)

健康の生理学的指標 健康の指標とのサーキットトレーニング サーキットトレーニングを週3日、50~60%1RM強度で10週間行うと、身体組成の変化によって健康が増進するだけではなく、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)の値が有意に上昇する可能性があります。 3セット、10ステーションのサーキット1回を、30:30秒の運動-休息比、および上記と同様の運動強度で行った後にも、急性HDL-C値(エクササイズの1時間後の値)に同様の上昇が認められました。 www.nakaj…

プレミアリーグにおけるバイオバンディング(選手を暦年齢ではなく生物学的成熟度に基づき、長期的なアスリートの育成に成長と成熟を応用している)

…ています。 英国サッカーの「エリートプレイヤーパフォーマンスプラン(EPPP:Elite Player Perfomancf Plan)」の一部として、同リーグは、最近、バイオバンディングによるサッカートーナメントの実施を試みました。 このトーナメントでは、選手を暦年齢ではなくむしろ生物学的成熟度に基づいてグループ分けしました。 バイオバンディングによるトーナメントに出場した選手の経験と受け止め方は、一連のフォーカスグループ調査で把握され、早熟な選手も晩熟な選手も自らの経験を…

バイオバンディングにおける晩熟な選手(競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手から外される可能性が20倍も高くなると報告されている)

…著しく高く、あるプロサッカークラブの育成選手のサンプルにおいて、競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手から外される可能性が20倍も高くなると報告されています。 生年月日も成熟のタイミングも、どちらもアスリート自身がコントロールできない特性があるという事実を考えると、この観察結果は特に憂慮されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E La…