Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

サッカー の検索結果:

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…ニスのフォアハンド、サッカーの方向転換など)を模擬しようとする筋力エクササイズを立案することはより困難になります。 抵抗に対抗する競技特異的なスポーツスキルを再現することには、特有の難しさがありますが、この要素は傷害を予防しパフォーマンスを向上するための正しい神経筋コントロールの獲得に向けたもうひとつの重要な段階になります。 www.nakajimabonesetter.com 回復と筋力トレーニング 強度と量を増加させることは、筋力トレーニングにとって必須の側面になりますが…

半月板損傷

…ンプや方向転換を行うサッカーやバスケットボールなどで好発します。 靭帯損傷に合併して生じることもあります。 加齢変性 加齢により変性した半月板の損傷です。 立ち上がる動作などの小さな外力で生じうる。 円板状半月板 正常では三日月状である半月板が先天的に円板状を呈するもので、日本人などのアジア人は欧米人に比べて外側半月板が円板状半月板である率が高いです。 www.nakajimabonesetter.com 病態 半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間に存在する繊維軟骨であり、膝にか…

INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点(方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加する)

… オーストラリアのサッカーを例にとると、ACL断裂は、サイドステップ(37%)、着地(32%)、着地と踏み出し(16%)、停止/減速(10%)、およびクロスオーバーカッティング(5%)などのCOD中に起こることが観察されています。 このような情報から、INTプログラムにおいて、方向転換につながるサイドステップやクロスオーバーカッティング、さらに減速などの、多種多様なCODを伴うアジリティトレーニングを計画する必要性が強調されます。 アジリティトレーニングは、技術的な能力を促進…

アジリティの定義(アジリティとは本質的に多くの因子が関与するものであり、主としてテクニック、身体、および知覚の3つの要素でなりたっている)

…D)動作は、一般的にサッカー、アイスホッケー、バスケットボール、およびネットボールのような多くのチーム競技で行われます。 CODは物体(ボールバック、境界線など)や選手(チームメイトなど)の動きに対する反応として、または対戦相手を避けようとする場合に起こります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11493 アジリティの定義 アジリティの定義は様々であり、例えば、刺激に対する反応として速度変化または方向転換を伴う素早い全身動作、…

ワールドフットボールアカデミー【サッカーのピリオダイゼーション】スペシャリストコース修了。

…ールアカデミー主催のサッカーのピリオダイゼーションを受講して参りました。 サッカーのピリオダイゼーションとは、オランダのレイモンド・フェルハイエン氏(1998年、オランダ代表監督のフランク・ライカールトは、2000年のヨーロッパ選手権に向けてフェルハイエンをアシスタントの一人に指名(オランダは準決勝進出)、また2002年にはフース・ヒディンクによって、2002年のFIFAワールドカップに向けた韓国代表のアシスタントに指名されています(韓国はベスト4進出)。)が提唱している理論…

CMJは定義上、「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う。

…ボールのリバウンドやサッカーのゴール上部でのボールのブロックなど、特定の運動でよくみられる特異的な運動になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-9262 CMJのメカニズム CMJがなぜSJよりはるかに大きな垂直方向の変位をもたらすことができるのか、そのメカニズムには多くの仮説があります。 筋間コーディネーションの増加説から、蓄積された弾性エネルギーのRFD増大への再利用説まで様々です。 力発揮に寄与すると思われる、CMJ…

本日はSC相模原の 新井瑞希(元SVホルン)選手の応援にギオンスタジアムへ。

…1対1の仕掛けを久しぶりに観ることが出来、本当に嬉しかったですね! SC相模原 30 新井瑞希選手の応援よろしくお願い致します‼︎ プロフィール あらい・みずき 1997年4月14日、埼玉県伊奈町出身。 170センチ・64キロ。 伊奈小針サッカースポーツ少年団―柏レイソルジュニアユース―浦和ユース―ホルン(オーストリア)―相模原。昨季オーストリア2部13試合・1得点。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…いことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピードが36mで発生したデータを裏付けています。 さらに、Coleman&Duplerは、野球の1シーズン中の本塁から一塁への全力疾走(1シーズンにつき約1,300回)の半数が最大スプリントスピードの90%以上で行われていることを示し、27mで近最大スピードを達成する能力の存在を明示しました。 ところがこのエ…

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

…フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。 これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、したがって、最大スピードに達するために必要な距離には到達していないことになります。 しかし、一般に見過ごされ…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

…年にWelshらは、サッカーとバスケットボール選手を対象として、CHOの摂取が間欠的運動構造をもつシャトルランのパフォーマンスに対して及ぼす影響を調査しました。 また、特に疲労開始時にCHOが精神適正に及ぼす影響を調査するために、認知機能に関する複数のテストを実施しました。 テストは強度に大きく差をつけて、運動時間と休息時間が明確に区別されるようにし、被験者の半数は定期的な休息時間にCHOを補給し、他の半数は偽薬ドリンクを摂取しました。 調査の結果、CHO補給群は疲労に至るま…

継続的な持久力トレーニング(持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用する)

…されています。 サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002)) 貯蔵IMTGの貢献度 Hurleyらの報告によると、鍛錬者の場合、120分の中強度の持久力トレーニング中における貯蔵IMTGのエネルギー貢献度は、体脂肪全体の利用料の約80%を占めます。 ここで重要な点は、IMTGの貯蔵は、健康および/または外見に影響を与えないということで…

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

…の時点でも条件間で脂肪の酸化に差は認められません。 サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002)) 引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アンテリアおよびポステリアセラーぺ(ランニングから投球動作、バーベルを持ち上げる動作(例:デッドリフト)まで、あらゆる動作を実行する際に身体が用いる力発揮パターンを容易に追跡する手段となる)

…椅子から立ち上がる、サッカーボールを頭上に投げ上げる、垂直飛びを行う、飛び込み競技のエビ型を決める、またバーベルをデッドリフトするなど、垂直方向の動作では、APSの両方の対角線パターンが同期的に協調するため、左右の体幹および両脚が力を発揮して回旋動作は発生せず、McGillが「スーパースティフネス」と呼ぶコアの状態を作り出します。 なお、アンテリアセラーぺのすべての筋群が収縮すると、サッカーボールを投げたり、飛び込み競技でエビ型を決めたりする動作が可能になります。 反対に、ポ…

身体能力テストを行う際のガイドライン(例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…考えられます。 サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる) 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10m地点(加速力)、30m地点(最大速度は10mと30mの間のタイム)でタイムを計測するべきです。 簡便化のために、スピード持久力…

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

… この動作パターンはサッカーを模倣したものになりますが、提案者の意図に反して、スピードおよび加速力テストとしては妥当ではありません。 なぜならば、複数の方向転換が行われるため、アジリティテストに相当するからであり、アジリティとスピードは関係してはいるものの、弱い決定係数しか持ちません。 Mirkovらは、5mの間隔で引かれた2本の平行線の間を10レップ走るスピードテストについて述べ、1レップごとに1本の線を1フィート(30㎝)越えなければならず、このテストの級内相関係数は0.…

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

サッカーに対してより特異的なアジリティテストとは サッカーに対してより特異性の高いアジリティテストが開発されており、簡単で、よく利用されるものにジグザグテストがあります。 このテストでは、1区画5m×4区画を100°の方向転換を行わせながらジグザグに走らせます。 Mirkovらは、ボールを保持せずに走るのに要する時間と、ボールをドリブルしながら走るのに要する時間の両方を測定することを提案し、そして、ボール無しの場合と有りの場合とのタイムを比較して、その比をスキル指数が高い程、…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p

…まれています。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) 方向転換と有酸素性機構の関係性 Youngらは、方向転換の回数が増えるにつれて相関関係が低下し、一般的な分散が増加することを見出しました。 しかし、Bangsboのテストには1回の、しかも…

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

…が得られます。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) F1とスピード持久力 FIは、最初の2回に計測されたスプリントの最高タイムと、最後の2回に計測されたスプリントの最低タイムとの差によって決定します。 FIの低さは、スピード持久力の高さを示…

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性がある)

…Bangsboらは、サッカー選手が試合中にスプリントする距離は、1.5mからフィールド長に相当する約100mまで多様であるが、スプリント1回あたりの平均走行距離は約17mであることを見出しました。 この結果は、スプリントの96%が30m以下であり、平均持続時間は6秒以下で90秒ごとに発生し、半数近くのスプリントがm以下であるとする調査結果と一致しています。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ラ…

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

サッカー選手の激しい身体活動 サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。 したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。 選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてスプリントをしては直ちに守…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…可能なテストであり、サッカーの競技特性、ならびにスポーツにおける選手の身体能力の詳細な分析を可能にすることが、研究者たちによって保証されています。 ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプは、選手に応じて選択するとよく、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパ…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

…てはいません。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) YYIEL2とYYIRL1テスト YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関しており(r=0.75、p=0.00002)、さらにYYIEL2の結果は、VO2max…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

…etter.com サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になります。 Le Callらは、国際レベル、プロレベル、アマレベルのいずれに達しているかに応じてグループ分けされた161名の男性選手(14~16歳)を分析し、10mのスプリントの平均タイムは1.96±0.10秒~1.82±0.10秒であり、20mスプリント(ローリングスタート)の平均タイムは2.57±…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…とになります。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) ヨーヨー間欠性テストの信頼性と妥当性 どのヨーヨー間欠性テストも、定期的に短い休息を挟みつつ、間欠性ランニングを連続的に行う能力を評価するものになります。 したがって、YYIE/Rテストは…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

…見出しました。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) ヨーヨー間欠性テスト サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表されました。 ヨーヨー間欠性テストは、前述…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…m 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの多くは、指定時間に最大距離を走ること、または指定距離を最速で走ることを被験者に要求します。 このようなテストは、最初から最大努力を要求するものであり、信頼性の高いテスト結果を得るために…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

…考えられます。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) テストの妥当性と信頼性 Dupontらの引用によると、Leger&Boucherは、このテストが、トレーニング経験有および無の若年および中年男女のVO2maxを予測するにあたって妥当性が高…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

…暗を分けます。 サッカーにおいてアジリティは非常に重要であり、様々な動作を素早く生み出す能力が、サッカーのパフォーマンスに影響を及ぼすことが知られています。 Little&Williamsの調査によると、この能力は加速と最高スピードにも関連しているものの、それらは決定的な係数としては弱く、したがってアジリティに関しては、アジリティは独立したテストを行なうべきとされています。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

サッカー選手に影響を及ぼす能力 サッカーの試合に激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力(無酸素性持久力)もまた、サッカーのパフォーマンスに影響を及ぼすことが示されています。 最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていました。 そして、そのような激しい身体活動から素早く回復して、それを反復することができる選手は、特に接戦状況において優れたパフォーマンスを示すと考えられています。 トレーニング研究…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

…ともできます。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示すことを明らかにした研究報告は数多くあります。 Castagnaらによると、記述的、横断的、およびトレーニング研究によって、選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にあることが繰り返し証明されています。 また、リーグ内での最終ランキングなどの…